NEWS

ポスト・トリップホップバンドTAMIWが3rdアルバム『Fight for Innocence』をリリース

MUSIC 2023.02.24 Written By 小倉 陽子

2021年のフジロックフェスティバル『ROOKIE A GO-GO』出演で注目を高めた、関西発ポスト・トリップホップバンドTAMIW(タミュー)が、2023年2月22日(水)に3rd Album『Fight for Innocence』をリリース。また、アルバム収録曲の中からego apartment(エゴアパートメント)のZenとコラボした“Genius Made by Publishers”のMVが公開された。このMVは、昨年11月からの3カ月連続配信シングルやアルバムジャケットを担当したコラージュアーティスト∮TaKu‘,n∮(タクエヌ)が制作したものだ。

5月24日(水)には初の全国流通版となる本作のLPの発売が決定。1st LPとなった前作『future exercise』は一部店舗、ライブ会場限定で発売されているが売り切れが近いというから、最新作のLPのリリースも見逃せないだろう。

 

tami(Vo)、田口智章(Syn)だけでなく、LITE、yonawo、odolなど親交のあるアーティストからのコメントも公開。また、3月10日(金)には〈Spotify O-nest〉にてバンド初のワンマンが開催されるから、ぜひTAMIWの生音に酔いしれて欲しい。

■TAMIW セルフライナーノーツ

子供だった頃、Innocenceという言葉にあまりピンと
来ていませんでした。大人になるにつれ様々な皮を被り、ずる賢さを
一つ得るほどにInnocenceの尊さ、大切さを実感しています。
戦いという言葉は決して大袈裟な場面だけで使うものではなく、
自分にとって大切なもの、人、ポリシー、”純真”を守るため
日々私たちは戦っているのだと思います。

 

tami

 

天才は出版社で作られる“

天才は出版社が作っていて、世の中がその虚像を日々消費している。
このメッセージは一見尖っているけど、実は違う意味を持っている。

僕は天才というものに憧れている
自分がそれじゃないことも知ってて
上手く生きていく為、他人に解ってもらう為に捨てたものも沢山あった

僕は今回この曲を作っていく中で
Geniusという言葉が持っている才能というもう一つの意味、
それが指しているのは、
自分がこれまで捨ててきたもの
他人から見て価値がないけど、自分には大切だったもの
のことだったんだって気付いた。

これを才能と呼ぶのか個性と呼ぶのか人それぞれだと思うけど
会社で上手くやってくために
他人に好かれたくて
自分の心を守るために
捨てざるを得なかったそれ
ホントはみんな自分のGeniusを持ってたんじゃないか?

才能を守る勇気がなくて捨てちゃったのは自分自身なんじゃないか?
もうやめよう。闘おう。

 

田口智章

■TAMIWと親交のあるアーティストからのメッセージ

 

ego apartment Zen

TAMIWさんリリースおめでとうございます!

はじめて対バンした時から優しくしていただいてたのですが、ライブをはじめて見た時衝撃でした!もっと上を目指したいと思わせてくれる先輩です!

なので、今回のアルバムの10曲目の”Genius Made by Publishers”に参加の声がかかった時、緊張と楽しみが胸いっぱいでした!

一見ファンク感じる陽な曲ですが、歌詞を見ると現代の生産性に対する訴えがあったり、聴けば聴くほど新しいものが聴こえてくる曲です

アルバム全曲正直でふかく、考えさせてくれるので是非聴いてください!

改めてTAMIWさんアルバム『Fight for Innocence』リリースおめでとうございます!!

—————————————————————————————

DinoJr.

先ず、脳を焼き尽くすかのようなヒリヒリとした低音。これから始まる、刺激的な音世界への旅を初っ端から示唆。規則性を保って無機質に波打つシンセサウンドに、生の躍動をはらんだビートやギターが絡んでいくサウンドは間違いなく世界基準。

tamiさんによる全編を通して張り巡らされた呪術的なコーラスは、揺らめく極彩色のテクスチャ。
神への祈りにも似た美しい高音には、強さと、優しさゆえの脆さが同居するよう……。

形式やしがらみに囚われた現代社会を軽々と飛び越え、遥か世界の頂(いただき)から、その強さと自由さでもって、どうか我々を導いてくれ…と思わされずにはいられない名盤です。
推し曲は”Kick Off”です。

—————————————————————————————

illiomote YOCO

現実的でストレートな言葉が沢山散りばめられているのが超クールなアルバムだなと思いました!!
推し曲My Innocence
内なるダークさの中にも優しさや強さを感じて声の重なりも心地よくて揺れながら聞き入っちゃいました!

—————————————————————————————

illiomote MAIYA

野外のでっかいステージで爆音で聴きたいです!!!!
踊れるのに幻想的で歌詞がブッ刺さってくるのに自分の中にストンと入ってくる感じどうやってるんですか、、、
TAMIWのかっこよさがめっちゃ凝縮されててまじ最高です。
推し曲はFor the Idealです!

—————————————————————————————

NIKO NIKO TAN TAN OCHAN

初めて共演した時から心を奪われた、リスペクトする音楽仲間の新作をいち早く聴けるのが先ずとても嬉しい。
こんな11曲を作るのにどれ位の思考と時間がかかるのだろう?
そんなことを考えているうちに、36分間の雄大でエキセントリックな音楽体験が終わった。
俺にとってTAMIWは希望で、同じ音楽時代を生きて、共に作っていけるのが嬉しい。
リリースおめでとうございます。

推し曲
4、7(最高です)、10

—————————————————————————————

odol Shaikh Sofian

本当に、本当に素晴らしいアルバム。
愛、憤慨、葛藤が一つの連なりであり、日々僕たちを苦しませるその奔流は、実は奥底に在る感性の源泉を、自分自身の純然な部分を守っている。
本作に収録されている曲たちから、そんな不器用な人間の営みへの賛美が感じ取れる。
多くの人に届いてほしい傑作。

僕の推し曲はWholesome Moments in Love
苦悩する隣人を抱擁するような優しい歌。
それは、自己から自我への親愛のようでもある。
この曲に辿り着いた時、僕は『Fight for Innocence』というタイトルが意味することを真に理解できたように思えた。
いつか自分自身を見失ってしまったら、その時はこの曲を再生しようと思う。

—————————————————————————————

yonawo 田中慧

まず、一聴して感嘆の溜息が抑えられませんでした。
聴き手を深い深い心の奥底に導くようにして紡がれる楽曲群はどれもパワフルかつポジティブなメッセージに満ち溢れていて、
それでいて痛々しい程にリアルで……。
サウンド面でも、よりトライバルで肉体的なリズムの要素と、ブリストル・サウンドの誕生以降から現在に至るまでの直系のエレクトリックなサウンド(近年のヒップホップや他ジャンルの要素も随所に見受けられますが)、そしてその中で歌唱するtamiさんの楽曲毎に別人なのではないかとまで感じさせるボーカリストとして素晴らしい表現力の融合をこれ程までに強固なものにして仕上げてくるとは……!
初めてTAMIWを聴いた時にも思いましたがこんなにも自らの心が鷲掴みにされる音楽に出逢うことなどそうそうないでしょう。
これからこの先も1人のファンとしてTAMIWにしか表現できない、TAMIWだからこそ鳴らすことのできる音楽を楽しみに自分も闘い続けます。

推し曲はKick Offです!

—————————————————————————————

paranoid void Meguri

圧倒的なサウンドデザインと複雑に入り組んだアンサンブル、にもかかわらずそれらを意識させないほどのポップさと親しみやすさのバランスが素晴らしいアルバムだと思いました。
え、めっちゃ売れるんじゃないですかこれ?

私の推し曲は、選び難いですが、4曲目と8曲目です。
いやでも11曲目もいいよな〜アルバムのラストに多幸感がひたひたと押し寄せる美しい曲です。

—————————————————————————————

Special Favorite Music 久米雄介

チョイス曲:Dawn Down

TAMIWの皆さん、アルバムのリリース本当におめでとうございます。
前にスタジオに遊びに行った時、シンセサイザーの話とか出来て、とても楽しかったな。
このアルバムにはアイデアとストーリーそして何より、生きた心の振動と愛が詰まっていました。

流れ続ける街や人、社会にコールされた身体が起こしたレスポンスの純粋振動がそのままサウンドとして、そしてメッセージとして突き抜けてくる感じ。めちゃくちゃにかっこいいです。

St.Vincentのピンヒールとファズ、Yeah Yeah Yeahsのスタッズレザージャケットとシンセベース、Atari Teenage Riotの、、、キリないのでこの辺でやめときますが、そういった僕自身がネイティブに痺れるツボを想起させる瞬間もたくさんで、最高でした。

TAMIWのライブも大好き。また遊びに行きます!

—————————————————————————————

LITE JunIzawa

「今のTAMIWがヤバい。
多種多様なジャンルが混在する中でどこを切り取っても「TAMIW」だとわかる取捨選択と切り口。
中毒性のあるのは、音源だけでなく、それをライブで鳴らした時もヤバい。
大事な事だから二回言う。
今のTAMIWはヤバい。」

—————————————————————————————

Acidclank

オリエンタルなビート感・ダウナーなサウンド・アルバム全体の世界観、どの曲も最高でぶっ飛びました。
こういうニッチな音楽をするバンドが日本に、しかも故郷の大阪にいることが嬉しく思います。

推し曲:My Innocence

Fight for Innocence

 

アーティスト:TAMIW
仕様:Digital、CD
発売:2023年2月22日(水)
価格/品番:
CD:¥2,800+税/ 5SQ-0015
レーベル:5square records/Bigfish Sounds
販売元: PCI MUSIC

 

収録曲

01.intro
02.Fight for XX
03.Dawn Down
04.My Innocence
05.For the Ideal
06.inter rude
07.Eyes on Me
08.Kick Off
09.Dear Ghost
10.Genius Made by Publishers
11.Wholesome Moments in Love

日時

2023月3月10日(金)

open 19:00 / start 19:30

会場

Spotify O-nest

〒150-0044
東京都渋谷区円山町2-3 O-WESTビル 6F

料金

前売り ¥3,500(+1ドリンク代別途)

当日  ¥4,000(+1ドリンク代別途)

チケット予約

eplus.jp/tamiw/

TAMIW

 

2018年、Vo.tamiを中心に結成されたポスト・トリップホップバンド。バンドフォーマットながらサンプリングやアナログシンセを駆使したサウンドは、ベースミュージック、ヒップホップを経由したエレクトロニックなトラックを基調としており、絶妙なバランス感覚でオルタナティブミュージックを作り上げている。
2018年 1stアルバム『flower vases』リリース。
2019年 20公演のアメリカツアーを敢行。
2020年 2ndアルバム『future exercise』リリース。この作品以降はバンドが運営する大阪堺寺院内のスタジオ「日本のブリストル=Hidden Place」にて制作されている。
2021年 シングル”Lights”、”PurePsychoGirl”をリリース。FUJI ROCK FESTIVAL ROOKIE A GO-GO出演。
2022年 2月にEP『Floating Girls』を一部店舗限定&デジタルリリース。9月にはライブ映像を加えたDVD付の全国流通盤として再リリース。11月から3ヶ月連続で”Eyes on Me””Kick Off”“My Innocence”を配信リリース。
2023年2月22日に3rdアルバム『Fight for Innocence』をリリース。

 

Twitter:https://twitter.com/tamiw_official
Instagram:https://www.instagram.com/tamiw_band/
YouTube Channel:https://www.youtube.com/c/TAMIWOFFICIAL

WRITER

RECENT POST

COLUMN
編集部員が選ぶ2022年ベスト記事
REVIEW
Curve『till the end(10th Anniversary Edition)』 R…
INTERVIEW
流れる日々の中で生まれる、渚のベートーベンズの音楽
COLUMN
Indies New Encounters Playlist 2022.01
COLUMN
編集部員が選ぶ2021年ベスト記事
COLUMN
Indies New Encounters Playlist 2021.11
COLUMN
たなからルーツ Shelf_02 - ナルコレプシン 坂田直樹 –
REVIEW
CIFIKA – HANA
INTERVIEW
みんなの劇場が無い‼ 私たちが自分の言葉で語るための場所づくりを〈THEATRE E9 KYOTO〉…
ART
COLUMN
たなからルーツ Shelf_01 - TheStoneThatBurns アベヒロキ –…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:小倉 陽子】CIFIKA,TENGGER:K-POPを拡張してい…
INTERVIEW
確かさの揺らぐ現代における、孤独と共存の媒介者-烏丸ストロークロック『まほろばの景2020』インタビ…
ART
REPORT
小倉陽子が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
小倉陽子が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
ZOOZ始動インタビュー -2002年の音楽が繋ぐ、これまでのバンド活動と現在。-
INTERVIEW
諦めにも似た音楽への深い愛 – NYAI『HAO』リリースインタビュー –
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2018 / Day3】MONO NO AWARE / 清竜人 / 在日…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2018 Day2】ハンブレッダーズ / Dos Monos / tri…
REVIEW
NYAI – OUT PITCH
REVIEW
HO17 – HOLIDAYS OF SEVENTEEN
INTERVIEW
1+1+1+1に成ったthe coopeezの無限大~京都ワンマンライブ直前インタビュー
INTERVIEW
Post Modern Team 3rdアルバム『COME ON OVER NOW』リリースインタビ…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2017 / Day3】東狂アルゴリズム / OGRE YOU ASSH…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2017 / Day2】接近!UFOズ / シンガロンパレード / H …
REPORT
今を生々しく鳴らす3組の、美しい物語の途中~『in-phase KYOTO』 @ 京都GROWLY …
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -小倉陽子 ③続ける人たち-
INTERVIEW
my letter×スーパーノアリリース対談「バンドって、辞めるほどのことじゃない」- 京都で活動を…
REPORT
ジャンルという言葉を簡単に越境するWhy?という体験 WHY? Japan Tour @UrBANG…
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑】P2:謎クリエイター 吉村さおり(SCRAP)
SPOT
こころ
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -小倉陽子 ②舞台に立つ-
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -小倉陽子 ①家ガール-
REPORT
企画屋UTAGEが冬の京都にぶち込む「遅れてきた夏フェス」ことパニックバカンスとは?イベントメンバー…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2016 / Day2】Limited Express (has gon…
REPORT
【小倉陽子の見たボロフェスタ2016 / Day1】台風クラブ / あっこゴリラ / CHAI / …
REPORT
『ウサギバニーボーイさん』祝賀会 @ 京都GROWLY ライブレポート
INTERVIEW
ボロフェスタ15周年記念特集・『ボロフェスタってなんなんだ?』 – ニーハオ!編 …

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年6月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

REVIEW
GOFISH『GOFISH』 – 独白と連動し、鮮明に躍動する風景

名古屋を拠点に活動するテライショウタのプロジェクト、GOFISHによる通算7枚目のアルバムにしてセル…

INTERVIEW
こぼれ落ちてゆくものに眼差しを向けるーリクオがこの世界で想像力を維持していくための『リアル』

コロナ禍以降に生まれ、ライブで磨き上げられた楽曲に込められた、音楽への愛、社会への違和感、一人の人間…

COLUMN
「すでにそこにある」不気味さ—立花光による空間展示『壁抜け』【見て跳ぶための芸術 Vol.1】

記事企画「見て跳ぶための芸術」は、京都で活動する批評家・森脇透青が、おもに関西を中心として、視覚的な…

INTERVIEW
南堀江Knaveに人が集まる理由 – 真面目と誠実さが生んだライブハウスの在り方

今年で22年目になる〈南堀江knave〉(以下、〈Knave〉)。過去にはハンブレッダーズ、ヤバイT…