EVENT

Pearl & The Oysters live in Tokyo

MUSIC 2023.05.27 Written By ivy

パリ出身、現在はLAを拠点に活動する男女2人組サイケデリックポップユニットPearl & The Oystersが初となる来日公演(全2公演)を開催する。7月5日(水)に東京〈青山月見ル君想フ〉で単独公演、7月8日(土)は〈神戸ポートピアホテル〉で所属レーベル主催のパーティー『By The Pool』に出演。メインゲストを務める。

 

所属レーベルである《Stone Throw》はLAのインディーミュージックシーンの重鎮、Penut Butter Wolfが1996年に創立した老舗。これまでにMadlibやJ.Dilla、Knxwledgeといったオルタナティブヒップホップの大物たちに加え、サイケデリックで浮遊感溢れるインディーポップバンドMild High Clubやチルウェイヴの代表格Washed Outの作品もリリースしてきた。

 

そんな重鎮のお墨付きともいえる彼らのサウンドは、カリフォルニアの澄み渡る空と海を想起させる、突き抜けるような瑞々しさ、爽快なポップネスが最大の魅力だ。それでいて、一筋縄にはいかないグルーヴとインターネットミュージックやJ-POPからの影響を感じさせる煌びやかなメロディが強烈な多幸感を増幅させる。そんな音が詰まった作品には、様々な年代、地域、ジャンルのポップカルチャーを貪欲に吸収しつつ、2人の感性というフィルターを通してドロドロに溶かしたうえで再構築された世界が渦巻いている。それはまるで、既存の音楽シーンとリンクしつつ決して重ならない、パラレルワールドへ迷い込んだようだ。最新MV“Fireflies”からも見てとれる、音源や映像でも存分に楽しめる彼らの世界観をぜひ、ライブにて堪能したい。

現在、彼らは4月20日にリリースした最新アルバム『Coast 2 Coast』に伴うワールドツアーの真っ最中。2023年3月にはアメリカ、テキサス州オースティンで開催された大規模フェス『South By Southwest(SXSW)』に出演を果たした。来日の直前には台湾公演が行われる。会場となる〈The Wall〉は台湾内外から人気アーティストが出演しており、活況を呈する現地の音楽やカルチャーの発信源ともいえる。更に日本公演の後には故郷パリを含むフランス公演、主要都市6個所を回るUKツアーも控えており、日本公演でも脂の乗り切ったパフォーマンスが期待できそうだ。

 

記念すべき日本のファンへのお披露目となる本公演は2日程のみということもあり、早めのチケット確保をお勧めしたい。

Pearl & The Oysters live in Tokyo

日時

2023年7月5日(水)

open 19:00 / start 19:30

会場

青山月見ル君想フ

出演

Pearl & The Oysters

料金

前売り ¥4,500 / 当日 ¥5,000(+1ドリンク代別途)

チケット

チケット販売URL (5/10 18:00〜販売開始)
https://230705.peatix.com

By The Pool 2023

日時

2023年7月8日(土)

open 12:00 / close 23:00

会場

神戸ポートピアホテル(屋外プールエリア+屋内ライブルーム)

出演

Pearl & The Oysters[Live]

KM
Kzyboost [Live]
Äura [Live]
dhrma [Beats Live]
Yukari BB (Jazzy Sport Kyoto)
Satoci Enomotion
ANCHIN
RYOTA (Full House)
Mightwhales
Mayumikiller (Loser)
Shun145 (Jazzy Sport Kyoto)
Natsuki
SULLEN
SOGYO

料金

前売り ¥4,000 / 25歳以下 ¥3,500 / 小学生以下 ¥1,000

チケット

https://troopcafe.jp/music-program/bythepool2023/

Pearl & The Oysters

 

フランス出身LA在住インディー・ポップ男女デュオ。過去作は2017年『Pearl & The Oysters』、2018年『Canned Music』、2021年『Flowerland』。
2023年から新たにLAの老舗レーベル《Stone Throw》へ所属し、4月21日(金)にアルバム『Coast 2 Coast』をリリースした。

 

Instagram:https://www.instagram.com/pearlandtheoystersband/

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
2024年台湾音楽シーンを揺らす、ローカルフェスとその原動力―『浮現祭 Emerge Fest』主催…
REVIEW
Forbear『8songs』―歪な自己内省の衝突音が、荒々しくもメランコリックに響き渡る
REVIEW
Sugar House『Sugar House』―寒空の下、まっすぐに前を向く音が鳴る
REPORT
パブが育むイーストロンドンのナイトカルチャー、ビール片手にインディーロックで酔う週末を
REVIEW
HOME『HOME EP』―低温多湿な沖縄産・世界基準のポップミュージック
REVIEW
Maya Bridget『That Girl / White Lies』―無数の音楽体験が持つきらめ…
REPORT
アジアからの未知なる音楽にリスナーは何を求めているのか-BiKN shibuya 2023 クロスレ…
INTERVIEW
高円寺のカフェSUB STOREで触れる、インドネシアの音楽と暮らし
REPORT
研ぎ澄まされた美意識が寄り添うものとは―『Lillies and Remains Japan Tou…
REPORT
刺激中毒なインディーミュージックギークヘ捧ぐ、狂気の一夜『pandagolff 4th album …
REVIEW
J.COLUMBUS & MASS-HOLE『On The Groove, In The …
REPORT
「聴いたことがない曲」に熱狂する、新たな音楽を目撃する場所―『BIRTH vol.9』ライブレポート
INTERVIEW
ちょっと不便な待ち合わせ場所〈Goofy Coffee Club〉から動き出した、東東京のユースカル…
REPORT
突然、平穏な日々に現れた非日常体験としての「オルタナ」 -『Fine, Great 1st EP “…
REPORT
「外向きの自己内省」それは、音楽を通して己を肯定するセラピー-『“Tough Love Therap…
REVIEW
郷愁の歌声が中毒性抜群な、インドネシア産ポストパンク – Bedchamber『Capa…
INTERVIEW
【Playgrounds Vol.2】「買い付けをしない古着屋」〈シャオ・そなちね〉が足を止めた人に…
REVIEW
Lillies And Remains『Superior』- 孤高のバンドが9年の歳月を経て到達した…
REVIEW
SAGOSAID『Tough Love Therapy』- ヒリヒリとじんわりと痛むのは、きっとその…
REVIEW
pandagolff『IT’S NOT FOOD!!』- 言葉も、音も、声も、すべてを噛…
REPORT
国境、ジャンルを超えた、音楽のピュアな熱量が交錯する祝宴 -『Sobs Japan Tour 202…
INTERVIEW
【Playgrounds Vol.1】3代続く老舗スポーツ用品店〈FUJIKURA SPORTS〉が…

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年4月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

COLUMN
【2024年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…