EVENT

HOME PARTY’24 -HOME EP RELEASE PARTY-

MUSIC 2024.01.23 Written By ivy

沖縄を拠点とする3人組バンド、HOMEの初EP、『HOME EP』が2023年12月13日に発売された。それに伴って本作のリリースパーティーが開催される。3月16日(土)に東京・渋谷の〈CIRCUS TOKYO〉、翌3月17日(日)は大阪・心斎橋にある〈CIRCUS OSAKA〉で全2公演行われる。

 

昨年はシングル3曲を立て続けにリリースし、瞬く間にシーンの注目を集めているHOME。2023年11月24日(金)には〈渋谷O-nest〉で行なわれた月例無料ライブ『exPoP!!!』への出演や、2024年も年明け早々1月21日(日)に沖縄のフェス『Music Lane Festival』に出演決定しており、精力的に活動を続けている。直近で最も存在感を増したバンドの1つといっていいだろう。

 

機械的でローテンションなシンセポップに、歌謡曲を思わせる有機的なメロディライン、叙情的でアンニュイなヴォーカルが絡み合う。そのあまりに独創的且つ人口に膾炙する音楽性は、代表曲“Lucy”からもうかがえる。

また、前述の『exPoP!!!』では超満員のフロアが踊り狂う様がまだ接点の少ないリスナーたちにも強烈なインパクトを残していた。肉体的でエネルギッシュ、爆発を生むライブの迫力は洗練された音源のイメージをいい意味で覆してくれる。生粋のライブバンドとしての側面が明らかになる一夜だった。

 

海外のインディーポップやブラックミュージック、往年のメインストリームを貪欲に咀嚼しつつ、普遍的なポップネスが随所に散りばめられたフックのある楽曲は、こうした生のパフォーマンスを通してこそ一層楽しめる。会場に渦巻く一体感、フロアを支配する独特の温度感が中毒者を更に増やすことは間違いないだろう。

HOME PARTY’24 -HOME EP RELEASE PARTY- TOKYO

日時

2024年3月16日(土)

OPEN 18:00 / START 19:00

会場

CIRCUS TOKYO

料金

前売¥3,000 (+1ドリンク代別途)

チケット

イープラス

HOME PARTY’24 -HOME EP RELEASE PARTY- OSAKA

日時

2024年3月17日(日)

OPEN 18:00 / START 19:00

会場

CIRCUS OSAKA

料金

前売¥3,000 (+1ドリンク代別途)

チケット

イープラス

HOME EP

 

アーティスト:HOME

仕様:デジタル

発売:2023年12月13日

 

収録曲

1. Lucy
2. 常時
3. 愛のうた

4. Maybe I should die with you

5. lululu

 

配信はこちら

HOME

 

2020年結成、沖縄在住のsei.(Vo)、o-png(PC) 、shun(Gt)による3人組。現行のインディーミュージックやブラックミュージックともリンクしたサウンドでありながらどこか歌謡曲を思わせる普遍的なポップさが特徴。DYGLや鋭児との共演も話題となった。

 

Instagram:@home_band_

X(旧Twitter):@HOME_BAND_

WRITER

RECENT POST

REVIEW
HOME『HOME EP』―低温多湿な沖縄産・世界基準のポップミュージック
REVIEW
Maya Bridget『That Girl / White Lies』―無数の音楽体験が持つきらめ…
REPORT
アジアからの未知なる音楽にリスナーは何を求めているのか-BiKN shibuya 2023 クロスレ…
INTERVIEW
高円寺のカフェSUB STOREで触れる、インドネシアの音楽と暮らし
REPORT
研ぎ澄まされた美意識が寄り添うものとは―『Lillies and Remains Japan Tou…
REPORT
刺激中毒なインディーミュージックギークヘ捧ぐ、狂気の一夜『pandagolff 4th album …
REVIEW
J.COLUMBUS & MASS-HOLE『On The Groove, In The …
REPORT
「聴いたことがない曲」に熱狂する、新たな音楽を目撃する場所―『BIRTH vol.9』ライブレポート
INTERVIEW
ちょっと不便な待ち合わせ場所〈Goofy Coffee Club〉から動き出した、東東京のユースカル…
REPORT
突然、平穏な日々に現れた非日常体験としての「オルタナ」 -『Fine, Great 1st EP “…
REPORT
「外向きの自己内省」それは、音楽を通して己を肯定するセラピー-『“Tough Love Therap…
REVIEW
郷愁の歌声が中毒性抜群な、インドネシア産ポストパンク – Bedchamber『Capa…
INTERVIEW
【Playgrounds Vol.2】「買い付けをしない古着屋」〈シャオ・そなちね〉が足を止めた人に…
REVIEW
Lillies And Remains『Superior』- 孤高のバンドが9年の歳月を経て到達した…
REVIEW
SAGOSAID『Tough Love Therapy』- ヒリヒリとじんわりと痛むのは、きっとその…
REVIEW
pandagolff『IT’S NOT FOOD!!』- 言葉も、音も、声も、すべてを噛…
REPORT
国境、ジャンルを超えた、音楽のピュアな熱量が交錯する祝宴 -『Sobs Japan Tour 202…
INTERVIEW
【Playgrounds Vol.1】3代続く老舗スポーツ用品店〈FUJIKURA SPORTS〉が…

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味

「元気で、よかった」シンガーソングライター・黒沼英之が音楽活動を再開すると知って、初めに思ったことだ…

COLUMN
【2024年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

INTERVIEW
Ribet townsは12人組プロジェクトチーム!? 現代社会を楽しく生き抜く処世術を歌う、新作に至った意識の変化

つくづくRibet townsはタフなバンドだと思う。2016年に京都で活動開始した当初から、12人…

REVIEW
大槻美奈『LAND』-愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』

愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』 …