EVENT

YONLAPA JAPAN TOUR 2024

MUSIC 2024.03.28 Written By ivy

タイ、チェンマイを拠点に活動するインディーポップバンドYONLAPAの来日ツアー公演が決定した。既に出演がアナウンスされている福岡の野外フェス『CIRCLE』に加え、5月15日東京〈青山月見ル君想フ〉を皮切りに単独ツアーも行われる。東京、名古屋、広島の3箇所を周る、全3公演。

 

2019年11月にリリースされた曲“Let Me Go”がYoutubeで200万回再生され、一躍タイのインディーミュージックシーンにおける注目株として脚光を浴びたYONPALA。その後も精力的、且つグローバルな活動を展開してきた。2022年の来日ツアーではnever young beach、DYGLと共演し、2023年9月8日にはSTUTSとの共作シングル曲“Two Kites”をリリースするなど、日本の音楽シーンやアーティストたちとの交流も行ってきた。

甘美なメロディ、聴き手をずるずるとほろ酔い状態に引きずり込む中毒性の高いグルーヴ、サイケデリックで気怠いムードを増幅させるNoi Naa(Vo)のコケティッシュな歌声。クオリティとオリジナリティを併せ持った楽曲群は、シーンを牽引するバンドとしてふさわしい。

2023年8月にリリースされた最新アルバム『Lingering Gloaming』は、The Cardigansを思わせるキュートなリフが弾ける“I’m Just Like That”や、メランコリックなシューゲイズポップ“Sail Away, Away”など粒揃いな仕上がりで、ライブへの期待値を高めてくれるものだった。

 

早くも再び日本のリスナーの元で生のパフォーマンスを見せてくれることになったYONPALA。楽曲のよさは折り紙付きなだけに、貴重な単独公演でその世界へどっぷりと浸る時間を心待ちにしたい。

YONLAPA JAPAN TOUR 2024

東京公演

日時

2024年5月15日(水)
open 18:30 / start 19:30

会場

東京 青山月見ル君想フ

出演

YONLAPA

料金

SOLD OUT

チケット

240515.peatix.com/

名古屋公演

日時

2024年5月16日(木)
open + start 19:00

会場

24PILLARS

出演

YONLAPA / SUMMER EYE

料金

前売り ¥5,500 / 当日 ¥6,000(+1ドリンク代別途)

チケット

240516.peatix.com/

広島公演

日時

2024年5月20日(木)
open 18:30 / start 19:00

会場

広島 CLUB QUATTRO

出演

YONLAPA / The Moratorium Atomic Nucleus

料金

前売り ¥5,500 / 当日 ¥6,000(+1ドリンク代別途)

チケット

club-quattro.com/

 

CIRCLE '24

日時

2024年5月19日(日)

open 9:30 / start 11:00

※『CIRCLE 24’』は5月18日との2DAYS開催。YONLAPAの出演は2日目の19日のみ。

 

会場

福岡 海の中道海浜公園 野外劇場

出演

青葉市子 / EGO-WRAPPIN’ / グッドラックヘイワ / 在日ファンク / ZAZEN BOYS / cero / CHO CO PA CO CHO CO QUIN QUIN / ペトロールズ / YONLAPA

※上記19日のラインナップのみ

チケット

https://eplus.jp/sf/detail/0189410001

ARIFUJI WEEKENDERS 2024

日時

2024年5月18日(土)

open 9:00 / start 10:00

会場

有馬富士公園

出演

RIP SLYME / 水曜日のカンパネラ / 神聖かまってちゃん / 梅田サイファー / OKAMOTO’S / YOUR SONG IS GOOD / chelmico / 荒谷翔大 / GRAPEVINE / マハラージャン / YONLAPA 他

チケット

arifuji.com/tickets

YONLAPA

タイ第二の都市チェンマイ出身の4人組インディポップバンド。当初はNoi Naa(Vo)がシンガーソングライターとしてソロで活動を始め、その後メンバーが加わりバンドとなる。2019年11月にリリースされた曲“Let Me Go”がYoutubeで200万回再生されるなど注目を浴びる。コロナ禍におけるタイのインディーシーンでも頭角を表し、シーンの若手最注目バンドとしてその名は海外にも知れ渡ることとなった。2022年夏の日本ツアーではnever young beachやDYGLと共演を果たした。2023年、待望の1stアルバム「LINGERING GLOAMING」をリリースした。

 

Instagram:instagram.com/yonlapa

X(旧Twitter):twitter.com/yonlapaband

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
2024年台湾音楽シーンを揺らす、ローカルフェスとその原動力―『浮現祭 Emerge Fest』主催…
REVIEW
Forbear『8songs』―歪な自己内省の衝突音が、荒々しくもメランコリックに響き渡る
REVIEW
Sugar House『Sugar House』―寒空の下、まっすぐに前を向く音が鳴る
REPORT
パブが育むイーストロンドンのナイトカルチャー、ビール片手にインディーロックで酔う週末を
REVIEW
HOME『HOME EP』―低温多湿な沖縄産・世界基準のポップミュージック
REVIEW
Maya Bridget『That Girl / White Lies』―無数の音楽体験が持つきらめ…
REPORT
アジアからの未知なる音楽にリスナーは何を求めているのか-BiKN shibuya 2023 クロスレ…
INTERVIEW
高円寺のカフェSUB STOREで触れる、インドネシアの音楽と暮らし
REPORT
研ぎ澄まされた美意識が寄り添うものとは―『Lillies and Remains Japan Tou…
REPORT
刺激中毒なインディーミュージックギークヘ捧ぐ、狂気の一夜『pandagolff 4th album …
REVIEW
J.COLUMBUS & MASS-HOLE『On The Groove, In The …
REPORT
「聴いたことがない曲」に熱狂する、新たな音楽を目撃する場所―『BIRTH vol.9』ライブレポート
INTERVIEW
ちょっと不便な待ち合わせ場所〈Goofy Coffee Club〉から動き出した、東東京のユースカル…
REPORT
突然、平穏な日々に現れた非日常体験としての「オルタナ」 -『Fine, Great 1st EP “…
REPORT
「外向きの自己内省」それは、音楽を通して己を肯定するセラピー-『“Tough Love Therap…
REVIEW
郷愁の歌声が中毒性抜群な、インドネシア産ポストパンク – Bedchamber『Capa…
INTERVIEW
【Playgrounds Vol.2】「買い付けをしない古着屋」〈シャオ・そなちね〉が足を止めた人に…
REVIEW
Lillies And Remains『Superior』- 孤高のバンドが9年の歳月を経て到達した…
REVIEW
SAGOSAID『Tough Love Therapy』- ヒリヒリとじんわりと痛むのは、きっとその…
REVIEW
pandagolff『IT’S NOT FOOD!!』- 言葉も、音も、声も、すべてを噛…
REPORT
国境、ジャンルを超えた、音楽のピュアな熱量が交錯する祝宴 -『Sobs Japan Tour 202…
INTERVIEW
【Playgrounds Vol.1】3代続く老舗スポーツ用品店〈FUJIKURA SPORTS〉が…

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年4月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

COLUMN
【2024年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…