NEWS

文学フリマ京都、申し込み締切迫る!9月24日迄!

2019.09.12 Written By 川合 裕之

来年2020年1月に「文学フリマ京都」の第四回開催が決定しています。

 

今回お伝えするのは、その「出店」の申し込みが今月24日に控えているということ。つまり出る側としてこのイベントに参加するチャンスがあるのです。

 

文学フリマは、自分たちが文学だと思うものなら何でも出店することのできる同人誌即売会です。会場には私たちアンテナがいま大注目しているフリーペーパーやZINEが並びます。現場では「無配」(無料配布の略)や「同人誌」と呼ばれることも多いですが、これは文化が違うだけ。やっていることは同じで、いたってシンプルです。それは「自分が好きだと信じることを書いて、紙に載せて届ける」ということ。

 

ほうら、ワクワクしてきた。行ってみたいと思いませんか? 欲を言うなら、自分の作品を携えて。文学フリマは誰でも申し込むことができます。手元に本はおろか、原稿すら用意できていなくても申し込み可能です。

 

出展料は4,600円から。今からでも間に合います。ブースに立って「作者さん」として本を並べてみませんか?

初心者こそ踏み出すべし!

なんとなく興味はあるけれど。

 

そんな風にうつむいて迷っているアナタなたの背中を押すためにもう少しだけ言葉を尽くさせてください。

 

もしまだ何の本も原稿も無かったとして、それでも10月から始めれば、製作期間に約3か月の猶予があります。締切があれば重い腰もきっと動くはず。えいやと申し込みをしてみましょう。清水から飛び降りて自分の本が出来るなら儲けもんではありませんか。

 

出店費用は、希望するブースの広さに応じて上下しますが、最も安いブースは4,600円。その日だけ自分だけの小さな本屋さんになるお代としては高くないはずです。

 

アンテナの主催する「言志の学校」や「音楽ライター講座」に参加しそびれたけれど、やっぱりなにかやってみたい!という方は必見です。何かしたいな。スマホ片手にベッドで寝転びながら、そんな風にぼんやり思っているそこのアナタ。怒涛の、しかし充実感のある3か月間はいかがでしょうか。出店申し込み締切は23日。この締切に滑り込めるのなら、制作の締切だって乗り越えられるはず。きっと大丈夫。飛び込んでみましょう。

第四回 文学フリマ京都

日時

2020年1月19日(日) 11:00〜16:00

入場料

無料

会場

京都市勧業館 みやこめっせ 1F 第二展示場C・D

 

https://www.miyakomesse.jp/

出展申し込み締切

2019年9月24日(火)23:59

出展料

4,600円~

申し込み方法

下記URLより

公式HP

https://bunfree.net/event/kyoto04/

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【脇役で見る映画】親の心もこの心も僕たちだけが知ってる『イップマン 完結』
COLUMN
【脇役で見る映画】ニール、かしゆか、天沢聖司『TENET』
COLUMN
【脇役で見る映画】 頼むから決めてくれ!『ショーシャンクの空に』
COLUMN
【脇役で見る映画】 役割をひとに頼らず生きていく『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』
COLUMN
【脇役で見る映画】「エピローグ」:ローディーは部活をやめる
COLUMN
【脇役で見る映画】『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 せめて浮気でおってよね
REPORT
意味が溶解する水槽 SPEKTRA主催 『INTER+』 レポート
COLUMN
【脇役で見る映画】『トイ・ストーリー3』 バズよりもウッディよりも何よりも、アンディ母の育児の終わり
REPORT
集めて、分解して、理解する。デザイナーの後藤多美さんに聞くデザインの第一歩 言志の学校第2期レポート…
COLUMN
【脇役で見る映画】『アイアンマン』シリーズ スタークに寄り添うポッツ、ふしめのひ! 今日はにげきれ…
REPORT
「見つけてもらうために!」大垣書店の大垣 守可さんに聞く、流通視点の本の魅力 言志の学校第2期レポー…
REPORT
紙とインキも表現のうち!修美社の山下昌毅さんに聞く印刷の奥深さと面白さ 言志の学校第2期レポート② …
REPORT
超絶技巧は必要ない!物件ファンの森岡友樹さんに聞く心を打つ文章を書くための思考のステップ 言志の学校…
COLUMN
【脇役で見る映画】『愛がなんだ』 テルコより大切なのは仲原くん。赤いメガネのボスによろしく
SPOT
第七藝術劇場 / シアターセブン
SPOT
修美社
COLUMN
【脇役で見る映画】『イット・フォローズ』 あの娘にはお願いだからセックスを他の誰かとしてほしくない
REPORT
言志の学校 第1期 まとめ
COLUMN
アンテナ的!ベストムービー 2018
COLUMN
【まとめ】編集部員が選ぶ2018年ベスト記事
REPORT
『言志の学校』第四回レポート ~発表! こんな本作りました!~
REPORT
『言志の学校』第三回レポート -デザインとは? 印刷って何? –
REPORT
『言志の学校』第二回レポート – 書くって?編集するって?文鳥社の2人に聞く –
COLUMN
もうダッシュできないオトナへ。映画『高崎グラフィティ。』が切り取った大人と子供のグラデーション。
REPORT
こんなフリペのアイディア出揃いました!TAKE OUT!! vol.2 レポート
INTERVIEW
『きみの鳥はうたえる』三宅唱監督インタビュー 映画の仕事は「見つめること」
REPORT
『ガザの美容室』特別トーク付上映。ガザ地区の今って?
COLUMN
『軽い男じゃないのよ』がレコメンド!『ズートピア』『ファインディング・ドリー』の後はコレ!「差別と戦…
COLUMN
千早の進路間違ってない?!組織運営ってそういうことか? 映画『ちはやふる 結び』を考察 面白かったけ…
COLUMN
アンテナ川合が選ぶ!4月に観ときたい映画!
REPORT
関西の映画シーンの今後は?「地域から次世代映画を考える」レポート
REPORT
「モテるフリーペーパー」大盛況で終宴。結局どうだった? All About TAKE OUT!!
COLUMN
誰だってマチルダは好きだ、僕だってレオンになりたい(『レオン』再上映へ寄せて)
COLUMN
アンテナ的! ベストムービー2017 (byマグナム本田・川合裕之)
REPORT
【川合裕之の見たボロフェスタ2017 /Day2 】 〜ステージの上も下も中も外も、全部ぜんぶお祭り…
REPORT
第五回 文学フリマ 大阪に行ってきました
INTERVIEW
「この作品のあるべき姿」映画『望郷』大東駿介・菊地健夫監督へインタビュー
REPORT
映画『獣道– Love & Other Cults』京都みなみ会館 舞台挨拶
INTERVIEW
学生映画って何?! 京都国際学生映画祭×関西学生映画祭 関係者に聞く!

LATEST POSTS

REPORT
京都音楽博覧会2021 at 立命館大学 オンラインライブレポート

緑の芝生が広がる梅小路公園をステージに、2007年からはじまったくるり主催の京都音楽博覧会(以下、音…

COLUMN
【2021年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【2021年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
折坂悠太 – 心理

月の初めにお届けする、編集部によるクロスレビュー。今月の作品は折坂悠太3枚目のアルバム『心理』です。…

REVIEW
ズカイ – たくさん願い溢れて

大阪の5人組バンド・ズカイについて、筆者は前作ミニアルバム『毎日が長すぎて』のレビューで「ニヒルなピ…