INTERVIEW

モノとの対話から生まれる、残像と形跡 ーー 終わらないモノとの対話『ABITA』はどんな風につくられるのか?

PERFORMING 2022.12.16 Written By 岡安 いつ美

パフォーマー・奥野美和とアーティスト・藤代洋平を中心に結成されたnakice(ナキス)。2022年から拠点を東京から京都に移し、身体・人工物・自然物を用いたパフォーマンスを日本各地で行っている。

 

今回話を聞いた奥野は、3歳からモダンバレエを始め、大学在学中にコンテンポラリーダンスに出会い、ダンサーとしてのキャリアを長年積んできた。2015年から東京藝術大学大学院美術研究科先端藝術専攻に入学し、ダンス作品に限らず“身体”を素材にした研究を行う。彼女は若い頃からアートを嗜好し、多くの作品から得てきた多層的なインスピレーションを元に創作活動を行っている。ダンサーとして身体表現を学んできたからこそ、彼女は作品の中で身体を用いた表現をするが、『ABITA』のことは一概に「ダンス公演」と呼ぶことはできない。『ABITA』は物と、身体と、音が呼応する空間作品なのだ。

nakice

2014年より奥野美和と藤代洋平が主宰するダンスカンパニーN///Kでの活動を経て、2022年より京都に拠点を移し、パフォーマンスアートと美術の文脈の間に成立する作品を目指し新たに設立した団体。身体・人工物・自然物などをメディアとして扱い、身体表現と美術表現を横断する展開を目指す。

https://www.nakice.com

奥野美和

3歳よりモダンバレエを始める。2009年よりソロ活動を開始。

骨と肉に着目し“自由になる為に解体された身体”コンセプトに国内外にて活動し、自ら映像や美術を手掛け総合的な空間創りを目指す。

横浜ダンスコレクションEX2013にて若手振付家のための在日フランス大使館賞、MASDANZA賞、MASDANZA18(スペイン)にて審査員賞を受賞。

2015年、東京藝術大学大学院先端芸術表現専攻に入学し、身体表現/パフォーマンスアート/インスタレーションの間に成立するbody installationの文脈を探る。

ダンス作品の創作、演劇作品への参加、ピラティスの資格取得などの経験を経て、近年は〈ダンス〉の分野から〈カラダ〉の本質に着目し、身体から派生するあらゆるモノゴトへの可能性を掘り下げ中。

今回2022年12月16日から京都芸術センターで行われる公演に先駆けて、スタジオSANDWICH(2022年8月、京都市伏見区)にて事前制作、公演1ヶ月前からは京都芸術センター制作室での創作を行い、公演当日を迎える予定だ。話を聞くために伺った制作室では本番に向けたリハーサルが日々行われているのだろうと考えながら向かった。制作室の扉を開けると、おもむろに床に置かれたコーヒーの缶、割れた発泡スチロール、ずらりと並ぶ背の高い扇風機、部屋の中央には紙が貼られた足場が鎮座している。一見すると雑然とした作業場にしか見えない。

 

奥野

「私たちからすると、動いたらそのまま反応も出てきちゃうし、リハーサルと本番の境界線があまりないんです。事前制作で作っている物も作品だなと思ったり」

制作過程すらも作品である。その段階を追いかけながら見ることもとてもユニークで、「事前に得ていた情報から発展している制作現場」を見ることに、私自身とてもワクワクしていた。奥野のTwitterを通じて事前制作の様子は常に更新される。その場にある物を用いてクリエイションをするのが『ABITA』のコンセプトにあって、制作室には京都芸術センターの中から集められたものでごった返していた。敷地内で拾ったシュロの木なんかも、どんな風に作品に反映されるのだろうか。

 

冒頭で私は「『ABITA』は物と、身体と、音が呼応する空間作品なのだ」と書いた。ただなんとなく集めているわけではない“物”たち。それを彼女はどのように捉えているのだろうか?『ABITA』とは一体何を表しているのだろうか?クリエイションの成り立ちから率直に聞いてみた。

奥野

「2020年から『ABITA』を始めました。自分たちの住んでいたマンションの家具……家具のことを親しみのある“人“たちって言っちゃうんですけど。自分の生活空間にある心地よいモノたちと一緒に舞台に行ったら、自然な自分の反応が出て、自分としていられるんじゃないか?と思ったのが『ABITA』の創作を思い立ったきっかけでした」

2020年、『ABITA』の初演は祖師ヶ谷大蔵の〈cafe MURIWUI〉で行われた。奥野の家にあった物を会場に移動し、会場にある物の中にそれらを混ぜ合わせた。コロナ禍では家で過ごす時間が長くなり物と話すきっかけが生まれたことからもそんな着想を得たのではないかと、私は考察する。

奥野

「ピタってきたのは、2022年4月に行った『ABITA@JINNAN HOUSE』でした。〈細胞が入れ変わるように その場所にあるモノが 完成もなく変化し続ける〉というキーワードをもとに、8時間×3日間のパフォーマンスをしたんですが、これが面白いし良いんじゃないかとすごくしっくりきた回でした。でもJINNAN HOUSEでの回に納得した、とかではないんですよね。

 

「私たちを作っている身体の材料は、星のかけらからできています」という文章で始まる『ナチュラルハイ』という本があって、10億年とかの単位で考えると、ここの(空間の)一部だったモノが私の身体の一部になっているし、握手しただけでも皮膚が飛び散っている、それを他人が吸っている、それが身体の一部になるという交換をしているんだと思うんです。細胞単位で終わりのない循環が行われているというか。「今」はあらゆるプロセスの中の一点でしかない。それが思考のお手本だなと思っています。あらゆる物には終わりがないんですよ。反応が続く。それを日常にあるモノたちで再現しようとしているのが『ABITA』かなって思っているんです」

『ABITA』はイタリア語で「生活」という意味を持つ。終わりのない反応の連続、続いていくことを「生活」という言葉に込めたのかと想像して奥野に聞いてみると、「家具を運んで最初の『ABITA』をやった時に住んでいたマンションの名前が「アビタ」だっただけです」と返事があった。

奥野

「住んでいた家の物を持ち出すクリエイションだったので、名前はポンっと軽く決めました。でも調べたらめちゃくちゃ興味深い意味を持った言葉で。「呼吸」「息をしている」「生息物が住んでいる建物」だったりとか。生息する場所の集合体、建築の業界では「建築物」「生息する場所」=「マンション」なんですよね。リハをしていると家ができていくような雰囲気もあり、毎回ちょっとした小屋みたいなものができるんですよ。

そこには自分の形跡や、明らかにここに誰か住んでたみたいな残像・気配みたいなものを感じ取れるんですよね。誰もいなくても感じ取れる目に見えないモノ。『ABITA』という言葉には自分の表現したかったクリエイションとの接点があって、「いいぞいいぞ」となったんです」

これまで『ABITA』は渋谷のカフェやギャラリー、静岡にある店舗の入っていないコンクリート剥き出しのビルのフロア、千葉の湖畔の美術館などでワークショップやインスタレーション制作が行われてきた。今回京都芸術センターで行われるのは“公演”という形式で、『ABITA』にとっては初めての試みとなる。

奥野

「どんな形でも成立すると思っていて、楽しいチャレンジができるんだぞって、どんな形式にもなるんだぞって言いたいんですよね。

 

今年東京から京都に拠点を移して、私は0から1を作る、文脈を作ることということがより自由になった感覚があります。ダンスをダンスだけで見せることはなくて、もっと多層的な見せ方で良いと。今回は360度どこからでも見てもらえる形式にしました。それが『ABITA』のパフォーマンスには合っているんですよね。見ている人が受け取った反応もきっと作品にフィードバックされるはず。同じ事象が起こることがない公演です。これからこれが完成も無いし終わりもないんだけど、どういう風に変容していって、みんなの言語が増やせるのかを楽しみにしています」

その場にある物を「彼ら」と無邪気に呼ぶ奥野。はじめこそ「?」が頭に浮かんだが、リハーサル風景を見ることで、その疑問はすっきりと解消された。きっと、公演を見ることで腑に落ちる方も多いはずだ。彼女は長年鍛錬を続けたダンスという身体表現を駆使し、物と接触することで終わりのない「対話」をする。喋る物との出会いが、物事や物質を再解釈し、新しい見方を与えてくれるはずだ。制作途中の断片を見ただけでも、私はそう感じることができた。

nakice『ABITA@京都芸術センター』

日時

2022年12月16日(金)19:00開演
2022年12月17日(土)19:00開演
2022年12月18日(日)17:00開演

 

※会場は開演の30分前
※上演時間は約90分を予定

※12月16日(金)にアフタートーク実施予定。ゲスト矢津 吉隆

会場

京都芸術センター 講堂

クレジット

出演:シマダタダシ 藤代洋平 奥野美和
照明:渡辺佳奈
舞台監督:小林勇陽
記録:岡田琉生
協力:ULTRA_Sandwich #18

料金

一般前売2500円 / 当日3000円
学生前売1500円 / 当日2000円

※学生料金は要学生証呈示
※未就学児は無料

予約

ライブポケット(https://t.livepocket.jp/e/abita_by_nakice
もしくは京都芸術センターWEB予約(https://www.kac.or.jp/reserve/?id=32609

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
〈CLUB METRO〉32年の足跡を音と光のインスタレーションでーー企画展『SPECTER』インタ…
INTERVIEW
対等な協力者たちが歴史をつむぐ。 ーー京都国際ダンスワークショップフェスティバルと京都芸術センターが…
COLUMN
【2022年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年1月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
お歳暮企画 | MOVIE OF THE YEAR 2021
COLUMN
【2021年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2021年12月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
ボロフェスタ2021 – レポートまとめ
COLUMN
【2021年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2021年11月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2021年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2021年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2021年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2021年9月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2021年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2021年8月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2021年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2021年7月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2021年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2021年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2021年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2021年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2021年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2021年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2021年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2021年3月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2021年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2021年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2021年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2021年1月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
「登場人物は自分の分身。このセリフを言いたい自分」 自己と向き合うための表現が、映画づくり。 同志社…
COLUMN
【2020年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年12月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年11月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年9月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年8月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年7月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年3月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
SPOT
【閉店】ダイニングバー DEN-EN
COLUMN
【2020年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2020年1月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
お歳暮企画 | MOVIE OF THE YEAR 2019
REPORT
ボロフェスタ2019 フォトレポートDay3 – 2019.10.27
COLUMN
【2019年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年12月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
ボロフェスタ2019 フォトレポートDay2 – 2019.10.26
REPORT
ボロフェスタ2019 フォトレポートDay1 – 2019.10.25
REPORT
ボロフェスタ2019 – レポートまとめ
COLUMN
【2019年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年11月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年09月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
若き奇才たちがつくりあげる“ポップ・ミュージック”の最新形ーーHitotonari『Rinkaku』…
REPORT
【SXSW2019 – まとめ】原点回帰へと向かうSXSW
REPORT
第2回 うたのゆくえ レポートまとめ・フォトレポート
INTERVIEW
今この瞬間、このメンバーだからできるパフォーマンスを。劇団ソノノチ最新公演『つながせのひび』への想い…
ART
INTERVIEW
音楽について書くことを純粋に楽しむ。関西音楽メディア・ki-ftのこれまでとこれから。
COLUMN
アジアのフェスってどんな感じ?実際に行ってみた人に聞いてみた〜中国Concrete and Gras…
REPORT
【和島咲藍の見たボロフェスタ2018 Day2】アイアムアイ / ベランパレード / Polaris…
INTERVIEW
VOGA第15回本公演『直観と情熱』記念 VOGA代表・近藤和見インタビュー
ART
REPORT
【フォトレポート】Klan Aileen at 京都GATTACA 2018.06.30
REPORT
アウトプットへの一歩を踏み出そう!京都写真部第一回フォトウォークレポート
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.6
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.4
REPORT
【SXSW2018】フォトグラファーが見たSXSW 2018.03.15 – 03.17
REPORT
【SXSW2018】フォトグラファーが見たSXSW 2018.03.09 – 03.14
REVIEW
Make Believe – Weezer
REPORT
【SXSW2018】新しいPeelander-Zを見た
INTERVIEW
下ネタを、人間ドラマで見せる!?旗揚げ約20年のニットキャップシアターが送る最新コント公演『That…
ART
INTERVIEW
【shrine.jp20周年記念特別インタビュー】今もなお新たな挑戦を続ける糸魚健一の20年に迫る
REPORT
【岡安いつ美が見たボロフェスタ2017 / Day1】台風クラブ / 愛はズボーン / ひとりバレー…
INTERVIEW
竹上久美子の「これまで」と「これから」
REPORT
“当たり前”を違う角度から見るとどうなるのか? – OKAZAKI LOOPS 2017…
REPORT
Color of Yellow:イベントレポート
INTERVIEW
「バンドを辞める人を1人でも減らしたい」–そんな想いから生まれた“【座談会】働きながら音…
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -岡安いつ美 ③写真編-
INTERVIEW
【私たちがアンテナをやる理由】編集長・堤編
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.15
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.14
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.13
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.12
REPORT
【SXSW2017】vol.2 – SXSW2017 The 2017 Grulke P…
REPORT
【SXSW2017】vol.1 – SXSWとは?
REPORT
Owen Pallett JAPAN TOUR 2017@CLUB METRO 2017.04.26
INTERVIEW
THEロック大臣ズ解散。Vo.たなかけんすけ単独インタビュー
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.18
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.17
REPORT
【SXSW2017】Daily – 2017.03.16
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -岡安いつ美 ②SXSW-
REPORT
Indie Label Showcase vol.1レポート – レーベルを立ち上げる …
REPORT
“今”のトクマルシューゴを体感せよ。ートクマルシューゴ LIVE TOUR2016-2017 @ 磔…
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -岡安いつ美 ①Peelander yellow-
REPORT
LOSTAGE presents 生活2016【Day2】@ スペースU古河 2016.10.23
REPORT
LOSTAGE presents 生活2016【Day1】 @ スペースU古河 2016.10.22
INTERVIEW
ボロフェスタ15周年記念特集・『ボロフェスタってなんなんだ?』 – 杉浦真佐子編 –
INTERVIEW
ボロフェスタ15周年記念特集・『ボロフェスタってなんなんだ?』 – ときめき☆ジャンボジ…
INTERVIEW
ボロフェスタ15周年記念特集・『ボロフェスタってなんなんだ?』 – クリトリック・リス編…
COLUMN
【映画のすゝめ】第5回:ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う!
REPORT
青葉市子&SKIP SKIP BEN BEN east asia tour in 小豆島・島フェス …
INTERVIEW
『ウサギバニーボーイさん』リリース記念特別インタビュー
INTERVIEW
第6回スキマアワー開催記念 キツネの嫁入り・マドナシインタビュー
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.5
COLUMN
映画のすゝめ 第4回
REPORT
Rainbow’s End 2016 @円山公園音楽堂 2016.05.22
REPORT
Magical Colors Nightで見た、地方インディシーンの可能性
COLUMN
【映画のすゝめ】第3回
REPORT
FOREST @ 京都GROWLY 2016.02.25
COLUMN
【映画のすゝめ】第2回
SPOT
JET SET
SPOT
100000tアローントコ
COLUMN
【映画のすゝめ】第1回
INTERVIEW
the coopeez 3rdアルバム『rucksack』発売記念、全曲解説インタビュー 後編
INTERVIEW
the coopeez 3rdアルバム『rucksack』発売記念、全曲解説インタビュー 前編
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.3
INTERVIEW
なぜ今台湾なのか?月見ル君想フ台北店オープンについて迫る
INTERVIEW
「人が動くアプリ」OTONOTO ーーわたしたちと音楽の新たな関わりかたを提示してくれたOTONOT…
REPORT
The Octopus Project Japan Tour -Kyoto- ライブレポート
REPORT
広島オルタナティブツアー御一行様ご来店~え?埼玉からも!?~ @ 京都GROWLY 2014.10.…
REPORT
ザ・シックスブリッツワンマン『BACK TO TAVERN』@ KYOTO MUSE ライブレポート
INTERVIEW
Peelander-Zの新メンバー・伊藤顕央とは一体何者なのか?
REPORT
sukida dramas @ 京都GROWLY ライブレポート
REPORT
LIVE KILAUEA 2014 -day.3-@CLUB METRO ライブレポート
REPORT
LIVE KILAUEA 2014 -day.2-@京都GROWLY 2014.08.09
REPORT
LIVE KILAUEA 2014 -day.1-@京都GROWLY ライブレポート
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.2
FREE_PAPER
フリーペーパーアンテナ vol.1

LATEST POSTS

INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2022-世田谷ほっつき歩き編

シンガーソングライター石指拓朗の一年の活動を総括するインタビュー『年鑑 石指拓朗』。2018年に開始…

REVIEW
鈴木青『始まりはいつもこんなポップス』 – 灰ではなく、炭になる燃え方を

等身大の歌詞と力強い歌で聴いた人の背中を押す、東京を拠点に活動するシンガーソングライターの鈴木青。2…

COLUMN
【2023年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【2023年1月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

COLUMN
ANTENNA Writer’s Voice #6

ANTENNAライター陣の近頃おもしろかったもの・ことを週替わりでざっくばらんに紹介する、『ANTE…