REPORT

映画『明日にかける橋 1989年の想い出』舞台挨拶レポート

MOVIE PR 2018.09.08 Written By アンテナ編集部

なんてことなかった今年の夏も、いつの日か戻りたくなる“あの夏”になるはずだ――。

 

先日8月11日、大阪はテアトル梅田にて『明日にかける橋 1989年の思い出』が公開され、それに伴い舞台挨拶が行われた。本記事では映画の概要と舞台挨拶の様子の一部を紹介する。

 

太田隆文監督作品。鈴木杏、板尾創路、田中美里などが出演する本作のキャッチコピーは日本版『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。鈴木杏演じるみゆきらが、2018年現在から1989年というバブル絶頂の時代へとへタイムスリップするという設定。

 

本作は静岡県の袋井市、磐田市、森町などの地元市民グループにより企画・制作が手がられた作品。市民の方々を大きく巻き込んでの映画制作となったそう。たしかに低予算を実感するようなシーンも時折見られるが、逆に言えば低予算であっても作品がしっかりしていれば腕力で押し切ることとだってできるという勇気を得ることも出来た。

 

その一方で鈴木杏や板尾創路、田中美里など豪華な俳優陣がスクリーンを飾るという大胆さには少々驚かされるが、その仕上がりは極めて骨太だ。「子供からお年寄りまで楽しめる」なんて冠はもはや手垢にまみれてしまっているが、筆者はあえてこの定型句を使いたい。大切なことを漏らさずすべて親切に教えてくれるフレンドリーな映画であったことは違いないだろう。

 

テアトル梅田にて行われた舞台挨拶では監督の太田隆文氏と山田先生役を演じた嵯峨崇司氏が登壇。“日本版のDoc”を演じることができるのは日本で藤田朋子さんだけだという結論に至りオファーに踏み切ったという裏話も。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を知らないはずの子供も藤田さんのコミカルな演技を見て笑っていたというエピソードは、映画の普遍的な可能性を感じさせた。太田監督は「学生時代に映画をたくさん見てきた大阪で自分の作品が上映されるのは光栄だ。かつての自分のような映画少年たちに、今度は自分が自らの作品で夢を与えたい」と意気込みを語る。

 

残念ながら関西での上映は終わってしまったが、別の地域での上映やディスク化など鑑賞の機会を見つけて欲しい。夏を舞台にした、タイムスリップ映画――まさしく夏の映画だ。劇場が許すのであればスイカを持参して鑑賞したいところだ。

映画『明日にかける橋 1989年の想い出』

 

監督:太田隆文

出演:鈴木杏
   板尾創路
   田中美里
   越後はる香

   藤田朋子 ほか

映画公式サイトはこちら

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
美味しい中華といいグルーヴ。踊る!ディスコ室町のギタリスト・クマ山セイタ、家業を継ぐ
REVIEW
折坂悠太 – 心理
REVIEW
STUTS & 松たか子 with 3exes – Presence
REVIEW
中村佳穂 – アイミル
COLUMN
YMB 作品ガイド 2014~2020
REVIEW
YMB – トンネルの向こう
REVIEW
さとうもかとDENIMS – Loop with DENIMS
REVIEW
Homecomings – Herge
REVIEW
Easycome – Easycome
REVIEW
pont – ぽ
REVIEW
Curtis Mayfield – Something to Believe in
REVIEW
Bill LaBounty – Bill LaBounty
REVIEW
Norman Connors – Take It to the Limit
REVIEW
Leroy Hutson – Closer to the Source
REVIEW
Zac Apollo – Loveset
REVIEW
シュガー・ベイブ – SONGS
REVIEW
Ginger Root – Mahjong Room
REVIEW
大貫妙子 – MIGNONNE
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:下飼 凌太】THE TOMBOYS:多様な音楽を飲み込んだ四人組…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:小川 あかね】Alice Longyu gao:セーラームーンか…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:キドウシンペイ】Emma Jean Thackray:UKジャズ…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:高田 和行】Shygirl:UKでも最もホットなスポットとされて…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:今岡 陽菜】Pom Poko:ノルウェー出身、北欧のジャズ名門校…
COLUMN
【まとめ】編集部員が選ぶ2019年ベスト記事
REVIEW
jizue – Book shelf
REVIEW
Any Luck To You – ベランダ
REVIEW
中村佳穂 – リピー塔がたつ
REVIEW
DENIMS − DENIMS
REVIEW
Creepy Nuts – たりないふたり
REVIEW
Soft Laws – Easy Yoke
REVIEW
ナードマグネット – 透明になったあなたへ
REPORT
『言志の学校』第一回レポート – 作ったからには読んで欲しい!読み手に届くフリーペーパー…
REVIEW
King of Gold / Amia Calva
COLUMN
「働きながら音楽活動をする」トークイベント② -小川保幸(DEEPSLAUTER)-
REPORT
「働きながら音楽活動をする」トークイベント① -上杉隆史(Endzweck)-
INTERVIEW
音楽レーベル 「セイカレコード」の活動を追う vol.1 対談レポート -京都のいち芸術大学がレーベ…
INTERVIEW
「MVは誰のもの?」インストバンドsowの企画、”1song,2videos”…
REPORT
コンクリートバー 15周年祭 @KYOTO MUSE 2016.11.11
REPORT
【稲本百合香の見たボロフェスタ2016 / Day2】生ハムと焼うどん / 愛はズボーン / man…
REPORT
【則松弘二の見たボロフェスタ2016 / Day2】ミノウラヒロキマジックショー / POLYSIC…
REPORT
【稲本百合香の見たボロフェスタ2016 / Day1】never young beach / 空きっ…
REPORT
【則松弘二の見たボロフェスタ2016 / Day1】And Summer Club / 岡崎体育 …
REPORT
【則松弘二の見たボロフェスタ2016 / 前夜祭】はちみつぱい / cero / Homecomin…
REPORT
color chord × ベランダ × Amia Calva『時計じかけのオレたち』ツアー @Ur…
REPORT
これからミュージックFESTA 2016 @ Live House nano 16.06.26
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / 1st stage】OGRE YOU ASSHOLE / フラ…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / 1st stage】キュウソネコカミ / 清竜人25 / I …
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / 2nd stage】Amia Calva / NATURE D…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / 2nd stage】BiSH / メシアと人人 / 夜の本気ダ…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / Beelow stage】ボギー / 中村佳穂 / ONIGA…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / Underground stage】eastern youth…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / Underground stage】NOT WONK / FL…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / Underground stage】THE FULL TEEN…
REPORT
【ボロフェスタ2015 / 夜露死苦】@ Club Metro
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / 1st stage】パスピエ / フレデリック / 在日ファン…
REPORT
【ボロフェスタ2015Day1 / 1st stage】Homecomings / Brian th…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / 2nd stage】ミライスカート / 黒猫チェルシー / ト…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / 2nd stage】neco眠る / Baa Baa Blac…
REPORT
【ボロフェスタ2015 / Beelow stage】DOTAMA / ミノウラヒロキマジックショー…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / Underground stage】Pygtant!! / S…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / Underground stage】ヤングパーソンクラブ / …
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / Underground stage】Seuss / Noise…
REPORT
【ボロフェスタ2015 / 前夜祭】Nabowa / ゆるめるモ! / 渋さ知らズオーケストラ
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY2】後編
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY2】前編
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY1】花泥棒 / my letter / never young…
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY1】渚のベートーベンズ / ナードマグネット / Seuss …
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY1 】Baa Baa Blacksheeps / ONIGAW…
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY1 】カトキット / Spacetime And Stream…
REPORT
ボロフェスタ2014 day2-10m stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 day2-9m stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 day2-Underground Stage,Bee-low stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 夜露死苦 @ CLUB METRO
REPORT
ボロフェスタ2014 day1-10m stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 day.1-9m stage,Center stage編- @KBSホール 2…
REPORT
ボロフェスタ2014 day1-Underground Stage,Bee-low Stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 大前夜祭-9m stage編- ライブレポート
REPORT
ボロフェスタ2014 大前夜祭-Underground Stage,Bee-low stage編- …
REPORT
ボロフェスタ2014 大前夜祭-10m stage編- ライブレポート
REPORT
マドナシ(キツネの嫁入り)@ 京都GROWLY
REPORT
Amia Calva @ 京都GROWLY ライブレポート
REPORT
wave of mutilation(波)@ 京都GROWLY ライブレポート

LATEST POSTS

INTERVIEW
京都の〈外〉から来て5年、確信とエラーで進む空間現代の現在地

東京にいた頃から交流があった劇団・地点との共作はもちろんのこと、活動の拠点を移してからは〈外〉の廊下…

INTERVIEW
カタチを変えて巡り合う、CuBerryと音楽のルーツたち

「大人になったらバンドをすると思っていた」と話すのは、CuBerryのKanacoとYuiko。姉妹…

INTERVIEW
あの頃、部室で – 夜音車・頓宮敦がDo It Togetherにつくりあげた果実と、その界隈

たった一人のサラリーマンが海外バンドのツアーを手掛け、大学の部室でイベントをしてしまうこと。そしてツ…

INTERVIEW
美味しい中華といいグルーヴ。踊る!ディスコ室町のギタリスト・クマ山セイタ、家業を継ぐ

京都を中心に活躍する6人組ファンクバンド、踊る!ディスコ室町。そのギタリスト・クマ山セイタ氏が、実家…

INTERVIEW
25万人集まる海外フェスも、30人規模の地元のハコもやることは同じ 手探りで進み続ける、おとぼけビ~バ~の現在地

まるで漫画の『BECK』のような話だ。2016年に、ロンドンの独立系レーベルDamnably(ダンナ…