REVIEW
Easycome
Easycome
MUSIC 2020.05.25 Written By アンテナ編集部

本レビュー記事はHOLIDAY! RECORDSと共催した「レビュー公募企画」の第二弾として掲載します。

 

企画協力:HOLIDAY! RECORDS DISTRO

耳を幸せにしてくれる音楽も素晴らしいけれど、聴き手の心にかまってくれる音楽はもっと愛おしい。大阪を拠点に活動するバンドEasycomeは、そのリリックやサウンドから様々な感情を伺うことができるバンドだ。

 

昨夏Easycomeと出会い、その活動を楽しみに暮らし始めた私のもとにさっそく届いたのは、彼らのバンド名をタイトルとしたフルアルバム『Easycome』だった。

 

アルバムの最初を飾る”旅気候”は、彼らの音楽を紐解くキーワードのひとつ「懐かしさ」がよく表された一曲だ。そのイントロから響き渡るどこか懐かしいのびやかなギターの音と、リズミカルなメロディーは、渋谷系や歌謡曲など日本の80-90年代のポップスからの影響を隠すことがない。歌心は、幼い頃、中島みゆきからドリカム世代の母とよくカラオケに行っていた私にとっては、懐かしさと新鮮さを持って受け止められる。

以前より評価の高いVo.ちーかまの歌唱力の高さは本アルバムでも健在で、 “ルフラン”ではレコーディングならではのちーかまの声を重ねたハッピーなコーラスは音源だからこその表現力の妙を味わえる。

 

力強さと豊かな表現力で繊細な言葉たちを包み込む彼女の曲は、バラード曲で特にその魅力が光る。アルバム終盤、9曲目の “something”は何度聴いても耳と心を放っておかない名曲だ。

しかしこのアルバムの全ての楽曲は、Gt.落合によって作詞・作曲されている。私自身、このバンドを聴き始めた頃はリリックを書いているのはVo.ちーかまであると勝手に思い込んでいたのでとても驚いた。しかし、同時にそれがEasycomeの音楽にこんなにも親しみを抱くことができる理由のようにも思えた。聴き手の私は、作詞者である落合の言葉から伝わる感情に自分のそれを重ねたり、その美しい表現に気持ちを昇華したりすることで、よりEasycomeの曲を大切に思うようになった。それと全く同じことをメンバー全員が丁寧に施して完成したのがEasycomeの曲ではないだろうか。それぞれのパートがその役割を果たしながら、楽曲に込められた感情に自らの思いと音を乗せることで彼らの音楽は生まれた。四人分の解釈が重層的に折り重なって生まれた楽曲は、聴き手をも受け入れる余裕がある。だからこそこのアルバムを聴き終える頃には、彼らの音楽をひとごとには思えない自分がいた。

 

最終トラック『春になったら』でこのアルバムを締めくくる最後の言葉は、軽快なメロディーに乗せられた「麗かに〜!」というひとこと。その言葉に「春になったら遊ぼうぜ!友よ!」と呼びかけられているように感じてしまうのだから、私はもう完全にEasycomeに心奪われ、厚かましくも彼らの音楽を自分ごとのように思ってしまっているのだろう。

人生の中で出会ってきた多くの人たちと異なった関係性があるように、愛する音楽たちと私の間にもそれぞれ違った関係性がある。多くの音楽に彩られながら生きることを選んだ私にとって、いつでも懐かしさと優しさを届けてくれるこのアルバムはなんとも心強い存在だ。明日目を覚ますと、自分の全く知らない何かが爆発的に流行しているかもしれない。そんな風に目まぐるしいスピードで変化を続ける今を生き抜こうとするとき、どこか戸惑いを覚えてしまうことがある。私自身、自分に納得がいくまで変わり続けたいと願っているし、新しい音楽との出会いもいつだって歓迎したい。けれど何か大切なことを忘れてしまっていないか時々不安になるのだ。

Easycome『Easycome』

 

 

収録曲

 

1. 旅気候

2. Caravan

3. Night Skip

4. 想い出にさよなら

5. 雨を待つ

6. パラシュート

7. 夢中にならないで

8. ルフラン

9. something

10. 春になったら

 

定価:2,420円(税込)

フォーマット:CD

HOLIDAY!RECORDS購入リンク:HOLIDAY! RECORDS(SOLD OUT)

寄稿者:彩(saya)

 

 

うたうたい、いまはひとり、19歳、さやとよんでね

ひとりでうたいたいわけじゃない

 

Twitter:https://twitter.com/outano_sa

Sound Cloud:https://soundcloud.com/qmgnnwe71cpg

WRITER

RECENT POST

REVIEW
折坂悠太 – 心理
REVIEW
STUTS & 松たか子 with 3exes – Presence
REVIEW
中村佳穂 – アイミル
COLUMN
YMB 作品ガイド 2014~2020
REVIEW
YMB – トンネルの向こう
REVIEW
さとうもかとDENIMS – Loop with DENIMS
REVIEW
Homecomings – Herge
REVIEW
pont – ぽ
REVIEW
Curtis Mayfield – Something to Believe in
REVIEW
Bill LaBounty – Bill LaBounty
REVIEW
Norman Connors – Take It to the Limit
REVIEW
Leroy Hutson – Closer to the Source
REVIEW
Zac Apollo – Loveset
REVIEW
シュガー・ベイブ – SONGS
REVIEW
Ginger Root – Mahjong Room
REVIEW
大貫妙子 – MIGNONNE
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:下飼 凌太】THE TOMBOYS:多様な音楽を飲み込んだ四人組…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:小川 あかね】Alice Longyu gao:セーラームーンか…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:キドウシンペイ】Emma Jean Thackray:UKジャズ…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:高田 和行】Shygirl:UKでも最もホットなスポットとされて…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:今岡 陽菜】Pom Poko:ノルウェー出身、北欧のジャズ名門校…
COLUMN
【まとめ】編集部員が選ぶ2019年ベスト記事
REVIEW
jizue – Book shelf
REVIEW
Any Luck To You – ベランダ
REVIEW
中村佳穂 – リピー塔がたつ
REVIEW
DENIMS − DENIMS
REVIEW
Creepy Nuts – たりないふたり
REVIEW
Soft Laws – Easy Yoke
REVIEW
ナードマグネット – 透明になったあなたへ
REPORT
『言志の学校』第一回レポート – 作ったからには読んで欲しい!読み手に届くフリーペーパー…
REPORT
映画『明日にかける橋 1989年の想い出』舞台挨拶レポート
REVIEW
King of Gold / Amia Calva
COLUMN
「働きながら音楽活動をする」トークイベント② -小川保幸(DEEPSLAUTER)-
REPORT
「働きながら音楽活動をする」トークイベント① -上杉隆史(Endzweck)-
INTERVIEW
音楽レーベル 「セイカレコード」の活動を追う vol.1 対談レポート -京都のいち芸術大学がレーベ…
INTERVIEW
「MVは誰のもの?」インストバンドsowの企画、”1song,2videos”…
REPORT
コンクリートバー 15周年祭 @KYOTO MUSE 2016.11.11
REPORT
【稲本百合香の見たボロフェスタ2016 / Day2】生ハムと焼うどん / 愛はズボーン / man…
REPORT
【則松弘二の見たボロフェスタ2016 / Day2】ミノウラヒロキマジックショー / POLYSIC…
REPORT
【稲本百合香の見たボロフェスタ2016 / Day1】never young beach / 空きっ…
REPORT
【則松弘二の見たボロフェスタ2016 / Day1】And Summer Club / 岡崎体育 …
REPORT
【則松弘二の見たボロフェスタ2016 / 前夜祭】はちみつぱい / cero / Homecomin…
REPORT
color chord × ベランダ × Amia Calva『時計じかけのオレたち』ツアー @Ur…
REPORT
これからミュージックFESTA 2016 @ Live House nano 16.06.26
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / 1st stage】OGRE YOU ASSHOLE / フラ…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / 1st stage】キュウソネコカミ / 清竜人25 / I …
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / 2nd stage】Amia Calva / NATURE D…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / 2nd stage】BiSH / メシアと人人 / 夜の本気ダ…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / Beelow stage】ボギー / 中村佳穂 / ONIGA…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / Underground stage】eastern youth…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / Underground stage】NOT WONK / FL…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / Underground stage】THE FULL TEEN…
REPORT
【ボロフェスタ2015 / 夜露死苦】@ Club Metro
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / 1st stage】パスピエ / フレデリック / 在日ファン…
REPORT
【ボロフェスタ2015Day1 / 1st stage】Homecomings / Brian th…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / 2nd stage】ミライスカート / 黒猫チェルシー / ト…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / 2nd stage】neco眠る / Baa Baa Blac…
REPORT
【ボロフェスタ2015 / Beelow stage】DOTAMA / ミノウラヒロキマジックショー…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / Underground stage】Pygtant!! / S…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / Underground stage】ヤングパーソンクラブ / …
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / Underground stage】Seuss / Noise…
REPORT
【ボロフェスタ2015 / 前夜祭】Nabowa / ゆるめるモ! / 渋さ知らズオーケストラ
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY2】後編
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY2】前編
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY1】花泥棒 / my letter / never young…
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY1】渚のベートーベンズ / ナードマグネット / Seuss …
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY1 】Baa Baa Blacksheeps / ONIGAW…
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY1 】カトキット / Spacetime And Stream…
REPORT
ボロフェスタ2014 day2-10m stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 day2-9m stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 day2-Underground Stage,Bee-low stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 夜露死苦 @ CLUB METRO
REPORT
ボロフェスタ2014 day1-10m stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 day.1-9m stage,Center stage編- @KBSホール 2…
REPORT
ボロフェスタ2014 day1-Underground Stage,Bee-low Stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 大前夜祭-9m stage編- ライブレポート
REPORT
ボロフェスタ2014 大前夜祭-Underground Stage,Bee-low stage編- …
REPORT
ボロフェスタ2014 大前夜祭-10m stage編- ライブレポート
REPORT
マドナシ(キツネの嫁入り)@ 京都GROWLY
REPORT
Amia Calva @ 京都GROWLY ライブレポート
REPORT
wave of mutilation(波)@ 京都GROWLY ライブレポート

LATEST POSTS

REPORT
京都音楽博覧会2021 at 立命館大学 オンラインライブレポート

緑の芝生が広がる梅小路公園をステージに、2007年からはじまったくるり主催の京都音楽博覧会(以下、音…

COLUMN
【2021年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【2021年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
折坂悠太 – 心理

月の初めにお届けする、編集部によるクロスレビュー。今月の作品は折坂悠太3枚目のアルバム『心理』です。…

REVIEW
ズカイ – たくさん願い溢れて

大阪の5人組バンド・ズカイについて、筆者は前作ミニアルバム『毎日が長すぎて』のレビューで「ニヒルなピ…