COLUMN

YMB 作品ガイド 2014~2020

3rdアルバム『トンネルの向こう』をリリースしたYMB。宅録、アコースティック・ユニット、バンドと紆余曲折を経ながら、関西を中心に活動を続けてきた彼らの足跡を、これまでにリリースしてきた音源作品から振り返ります。

MUSIC 2021.06.08 Written By アンテナ編集部

3rdアルバム『トンネルの向こう』のレビューはこちら

YMB – トンネルの向こう

『遊覧船』(2016年)

1. 遊覧船
2. やりきれない
3. 揺れる電車
4. seaside

yoshinao miyamoto(Gt / Vo)・いとっち(Ba / Vo)に加え、サポートにアフターアワーズの上野エルキュール鉄平(Dr)とタミハル(Gt)という布陣で結成されたYMB=yoshinao miyamoto bandとしての初音源。“遊覧船”でのアコースティック・ギターのアルペジオ中心の落ち着いたアンサンブルからアウトロでドライブがかかりセカンド・ライン風味になる場面や、くるり“ハイウェイ”を思わせるYMB流トラベル・ソング“揺れる電車”では途中トーンを絞って曇らせる。宮本の思い描く音像を再現するような作り方とあってか、思い切りのいいアイデアが随所に散りばめられている。また宮本の宅録ソロ音源の表題曲だった“seaside”もトロピカルなボサノヴァ調がファンキーなギターロック・サウンドにリアレンジされており、タミハルのカラッとしたギターカッティングも聴きどころだ。

 

録音技術や演奏にはまだ拙い部分もあり、現在のYMBサウンドの肝でもあるいとっちのメロディアスなベースラインも少し控えめ。(当時kojipullのライブサポートやCANDYとしても活動しており、今よりストレートなプレイスタイルだった記憶がある)。しかし洗練された宮本のソングライティングの素養と幅広さはたった4曲でも恐ろしいくらいに感じられる。(峯 大貴)

『CITY』(2019年)

1.city
2.flashback
3.できない約束
4.遊園地
5.思い出の庭
6.きのうのこと
7.人生は

 

発売日:2019年1月9日

1stミニアルバム『CITY』は音楽家・宮本佳直の人間性が色濃く反映された作品だ。華やかなポップ・ソングを作りながら、「~らしい」という何かに影響された跡をあまり感じさせない。なぜなら宮本は音楽を作り続けることが日常の一部と化しており、常にいろんなバンドを聴き、その楽曲のエッセンスをミクスチャーして取り込み曲作りへ反映させているからである。ここにはバンドの楽曲もあれば、“遊園地”のような宮本の宅録作品もあり、サポートメンバーの顔ぶれも統一されてはいない。

 

そういう意味では本作はYMBというバンドの作品というよりも、宮本の頭の中を具現化した楽曲集という立ち位置に近い。詞には自らの悩みや葛藤がうかがえ、“city”や“人生は”には「悩みの中から抜け出したい」という宮本の思いが反映されている。本作以降、ポジティブな楽曲が増えるが、『CITY』に関して言えば華やかながらも、宮本のナイーブな心の内を聴かせてくれる。(マーガレット安井)

『ラララ』(2020年)

1.君が一番
2.夏の螺旋
3.crossfade
4.とけない魔法
5.若いふたり
6.ネバーランド
7.ラララ

 

発売日:2020年3月29日

前年の2019年にヤマグチヒロキ(Dr)、今井涼平(Gt)が加入、また宮本といとっちが結婚というグッドニュースを経た作品であり、いつになく幸福な空気が満たしている2ndミニアルバム。

 

宮本の音楽の世界を具現化するプロジェクトから、バンドとしての一体感を求めることに舵を切り、サウンドは4人のアンサンブルで魅せるシンプルなものとなった。柔らかくもジャジーな今井のギターフレーズは楽曲の根幹を担い、“夏の螺旋” “crossfade” “若いふたり”では宮本とツインでフレーズを絡ませるアプローチも楽しめる。また“ラララ”のリズムには明確にELO(Electric Light Orchestra)の“Mr.Blue Sky”を感じさせるなどリファレンスが以前よりも明確になったことも、具体の参照点をあげながら意思疎通を図っていった新たな可能性の模索を感じさせる。

 

一方で宮本らしさはソングライティングにより注力して表れていく。特に詞には独白的でポジティブな心情が表出するようになった。表題曲“ラララ”では〈音に任せた埋め合わせの為の言葉を省いて 言い切れ本当のことだけ〉と自身をエンパワーするように曲作りのスタンスをそっと宣言している。

 

2020年3月25日のリリース後まもなく1回目の緊急事態宣言が発令。リリース・ツアーも中止となったという意味では不遇な運命を辿った作品ではあるが、新たな環境を整えて完成した本作にしかない勢いを感じる秀作だ。(峯 大貴)

ゲストボーカル作品

潮風にのせて feat.ちーかま(from Easycome)

リリース:2020年11月25日

Nick & Renee feat.盆丸一生

リリース:2021年1月13日

YMBは歌い手の力を引きだたせるアレンジを得意とする。ベルマインツの盆丸一生を迎えた“Nick & Renee”(2021年)では盆丸のキザで、伊達男的な側面をよく理解し、あえて隙間の多い音作りで彼の歌声を堪能できるような曲作りを行っている。またEasycomeのちーかまとコラボした“潮風にのせて”(2020年)では、ルーツロック的なサウンドに乗せてEasycomeにはない男性コーラスとちーかまとの見事なハーモニーを実現。彼女の新しい魅力を引き出している。

 

なぜアーティストの良さを引きだたせるアレンジができるのか。私が思いだしたのは数年前に観た、さとうもかの対バン。アンコールに、さとうもかは“最低な日曜日”を宮本の編曲でYMBとコラボレーションして歌っていた。バンドサウンドとして生まれ変わった同曲はさとうもかの可愛らしく、イノセントな歌声を壊さずに、しかしYMBが持つ華やかなポップスも見事に体現していた。

 

そしてこのライブで感じたのは宮本はバンドマンでありながらも、コンポーザー的な立ち位置も担っているということだ。そのうえでYMBの楽曲を聴くと、例えば今井涼平(Gt)のギターソロやヤマグチヒロキ(Dr)のトリッキーな変拍子など、メンバーそれぞれの個性を発揮させるアレンジを徹底しており、自分以外の相手をどう見せるかというコンポーザー的な視点も持ち合わせていたことに気がつく。そしてその視点があるからこそ、フィーチャリングアーティストの良さを活かせる曲が作れるのではないだろうか。(マーガレット安井)

 

yoshinao miyamotoソロ作品

『seaside』

1.seaside

2.nightwalker

3.morning call

4.なんていそがしい

リリース:2014年11月1日

 

“SHOCK!!!”

公開:2021年2月5日

Ano(t)raksから2014年にリリースされた miyamoto のソロ音源『seaside』はYMB結成前に発表された原点というべき作品である。宅録で制作され、ビート・トラックなどは打ち込みも多いが、表題曲である“seaside”はそのコード進行や、淡くトロピカルな曲調にYMBの1stアルバム『CITY』の“flashback”の片鱗を感じさせる。また楽曲で多用している和音や、音の入れるタイミング、心地の良いコーラスワークなどは現状のYMBと地続きになっているものばかりだ。

 

『seaside』から7年後、カセットシングル『little escape / think』(2021年)にはyoshinao久々のソロ曲“SHOCK!!!”が収録されている 。3rdアルバム『トンネルを抜けて』で、ラップの手法を取り入れているが、“SHOCK!!!”におけるブレイクビートの入れ方、韻の踏み方、言葉の詰め方もまさにラップ的だ。

 

『seaside』と“SHOCK!!!”ではかなり音楽性が違う。インタビューでいとっちが宮本について「作るための引き出しを毎日増やそうと曲を聴いている感じ」と語っていたが、それは自分自身に満足せず「何ができるのか」を常に試行錯誤しているといってもいい。ラップの導入も試行錯誤の果てに生まれた新しい引き出しの1つだろうし、そのことでYMBの音楽は変化し、豊かなサウンドが生まれる。積み重なりの果てに宮本の音楽は生まれる。『seaside』を聴いた後で“SHOCK!!!”を聴くとそんなことを思わずにはいられない。(マーガレット安井)

WRITER

RECENT POST

REVIEW
折坂悠太 – 心理
REVIEW
STUTS & 松たか子 with 3exes – Presence
REVIEW
中村佳穂 – アイミル
REVIEW
YMB – トンネルの向こう
REVIEW
さとうもかとDENIMS – Loop with DENIMS
REVIEW
Homecomings – Herge
REVIEW
Easycome – Easycome
REVIEW
pont – ぽ
REVIEW
Curtis Mayfield – Something to Believe in
REVIEW
Bill LaBounty – Bill LaBounty
REVIEW
Norman Connors – Take It to the Limit
REVIEW
Leroy Hutson – Closer to the Source
REVIEW
Zac Apollo – Loveset
REVIEW
シュガー・ベイブ – SONGS
REVIEW
Ginger Root – Mahjong Room
REVIEW
大貫妙子 – MIGNONNE
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:下飼 凌太】THE TOMBOYS:多様な音楽を飲み込んだ四人組…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:小川 あかね】Alice Longyu gao:セーラームーンか…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:キドウシンペイ】Emma Jean Thackray:UKジャズ…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:高田 和行】Shygirl:UKでも最もホットなスポットとされて…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:今岡 陽菜】Pom Poko:ノルウェー出身、北欧のジャズ名門校…
COLUMN
【まとめ】編集部員が選ぶ2019年ベスト記事
REVIEW
jizue – Book shelf
REVIEW
Any Luck To You – ベランダ
REVIEW
中村佳穂 – リピー塔がたつ
REVIEW
DENIMS − DENIMS
REVIEW
Creepy Nuts – たりないふたり
REVIEW
Soft Laws – Easy Yoke
REVIEW
ナードマグネット – 透明になったあなたへ
REPORT
『言志の学校』第一回レポート – 作ったからには読んで欲しい!読み手に届くフリーペーパー…
REPORT
映画『明日にかける橋 1989年の想い出』舞台挨拶レポート
REVIEW
King of Gold / Amia Calva
COLUMN
「働きながら音楽活動をする」トークイベント② -小川保幸(DEEPSLAUTER)-
REPORT
「働きながら音楽活動をする」トークイベント① -上杉隆史(Endzweck)-
INTERVIEW
音楽レーベル 「セイカレコード」の活動を追う vol.1 対談レポート -京都のいち芸術大学がレーベ…
INTERVIEW
「MVは誰のもの?」インストバンドsowの企画、”1song,2videos”…
REPORT
コンクリートバー 15周年祭 @KYOTO MUSE 2016.11.11
REPORT
【稲本百合香の見たボロフェスタ2016 / Day2】生ハムと焼うどん / 愛はズボーン / man…
REPORT
【則松弘二の見たボロフェスタ2016 / Day2】ミノウラヒロキマジックショー / POLYSIC…
REPORT
【稲本百合香の見たボロフェスタ2016 / Day1】never young beach / 空きっ…
REPORT
【則松弘二の見たボロフェスタ2016 / Day1】And Summer Club / 岡崎体育 …
REPORT
【則松弘二の見たボロフェスタ2016 / 前夜祭】はちみつぱい / cero / Homecomin…
REPORT
color chord × ベランダ × Amia Calva『時計じかけのオレたち』ツアー @Ur…
REPORT
これからミュージックFESTA 2016 @ Live House nano 16.06.26
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / 1st stage】OGRE YOU ASSHOLE / フラ…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / 1st stage】キュウソネコカミ / 清竜人25 / I …
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / 2nd stage】Amia Calva / NATURE D…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / 2nd stage】BiSH / メシアと人人 / 夜の本気ダ…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / Beelow stage】ボギー / 中村佳穂 / ONIGA…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / Underground stage】eastern youth…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / Underground stage】NOT WONK / FL…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / Underground stage】THE FULL TEEN…
REPORT
【ボロフェスタ2015 / 夜露死苦】@ Club Metro
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / 1st stage】パスピエ / フレデリック / 在日ファン…
REPORT
【ボロフェスタ2015Day1 / 1st stage】Homecomings / Brian th…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / 2nd stage】ミライスカート / 黒猫チェルシー / ト…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / 2nd stage】neco眠る / Baa Baa Blac…
REPORT
【ボロフェスタ2015 / Beelow stage】DOTAMA / ミノウラヒロキマジックショー…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / Underground stage】Pygtant!! / S…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / Underground stage】ヤングパーソンクラブ / …
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / Underground stage】Seuss / Noise…
REPORT
【ボロフェスタ2015 / 前夜祭】Nabowa / ゆるめるモ! / 渋さ知らズオーケストラ
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY2】後編
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY2】前編
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY1】花泥棒 / my letter / never young…
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY1】渚のベートーベンズ / ナードマグネット / Seuss …
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY1 】Baa Baa Blacksheeps / ONIGAW…
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY1 】カトキット / Spacetime And Stream…
REPORT
ボロフェスタ2014 day2-10m stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 day2-9m stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 day2-Underground Stage,Bee-low stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 夜露死苦 @ CLUB METRO
REPORT
ボロフェスタ2014 day1-10m stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 day.1-9m stage,Center stage編- @KBSホール 2…
REPORT
ボロフェスタ2014 day1-Underground Stage,Bee-low Stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 大前夜祭-9m stage編- ライブレポート
REPORT
ボロフェスタ2014 大前夜祭-Underground Stage,Bee-low stage編- …
REPORT
ボロフェスタ2014 大前夜祭-10m stage編- ライブレポート
REPORT
マドナシ(キツネの嫁入り)@ 京都GROWLY
REPORT
Amia Calva @ 京都GROWLY ライブレポート
REPORT
wave of mutilation(波)@ 京都GROWLY ライブレポート

LATEST POSTS

COLUMN
【2021年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
Indies New Encounters Playlist 2021.11

2021年11月「新たな一歩を誘い出す、煌めくギターサウンド」今何が足りないって、耳をつんざくギター…

REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2021 Day6 – 2021.11.7

ボロフェスタ2021最終日。例年であれば〈CLUB METRO〉での夜の部「vol.夜露死苦」帰りに…

REPORT
乾和代が見たボロフェスタ2021 Day5– 2021.11.6

20周年を迎えた、京都のフェスティバル『ボロフェスタ』。新型コロナの影響もあり、2年ぶりとなった今年…

REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2021Day4 – 2021.11.5

「音楽を止めるな!」これは私がANTENNAでボロフェスタのライブレポートを書き始めた2018年に、…