REPORT

【ボロフェスタ2015 Day1 / Underground stage】Pygtant!! / SATORI / トリプルファイヤー

MUSIC 2015.10.24 Written By アンテナ編集部

■Pygtant!!

ときめき☆ジャンボジャンボより派生したバンド”空飛ぶキャッチー”Pygtant!!。少し緊張した面持ちではあるが、深呼吸してふっと前を向いた彼らの一曲目は「とんでけロケット!!」。繊細でまっすぐに響く、背筋がピンとしたような女性の声と、力強いけれど柔らかい男性の声のツインボーカルの絡み合いがより彼らのセンチメンタルな部分の演出に磨きをかける。若々しさというより、大人の余裕が見え隠れするポップな曲が多く、丁寧な演奏で落ち着いたムードでライブは進んでいく。三曲終わったところでベースのハヤシが、「今日が初ライブです、元々ボカロでつくってた曲をバンドでやっています」、「皆さんに楽しんで頂けたら本望です」と短いMCを挟む。

 

ボーカルの透き通った声は軽さがありすっと空間に馴染むのだが、ベースはその声を守るかのように重圧で、キーボードの音も彼女の声を包みこんでいく。しかし主張をしないわけではなく、本当に音楽が楽しいというような演奏である。そして一筋縄ではいかないような芯の強さがこのバンドの背中を叩いているのだろうか。曲者揃いの地下ステージだが、真っ向から大人の余裕で魅せていた。

■SATORI

全国のライブサーキットに出演しており、じわじわと人気を拡大している京都のニューカマーSATORIが地下ステージに、いつものおそろいの白衣でついに現れた(Dr.内藤ちゃんのみドラえもんのきぐるみ)。気合が入っている反動か、小ネタを仕込んでいる数はさすがである。初っ端から飛ばし気味で旬のネタを披露した彼らは満面の笑みを浮かべながらキラキラの音に乗せて「NO NO NO」「カジキマグロ」を演奏。夏っぽい曲の中が多い彼らの曲の中でもよりまぶしい日差しが差しこむような二曲を続けてお祭り騒ぎに磨きをかける。どのパートの音にも心地良い隙間があり、ゆらゆら踊るには贅沢すぎる空間の中、ベースのちゃん6が言った「ボロボロになりましょう、ボロフェスタ!」という掛け声でフロアからは歓声があがり、本当に楽しんでいるというのを身にしみて感じた。「私、雨、台風」ではSATORIの売りでもあるポップなセンチメンタルさを存分に見せつけてきた。曲同士のこの振り幅が本当にくせになるのだ。ボーカルのハノトモ、YKO両名の声の絡み合いがより彼らの世界観をグッと大人っぽく、切なく丁寧に演出していく。

 

「2015年の勝負曲やります」と前置きをして披露したのは8月に発売した「トゥー・マッチ・ラヴ・ウィル・キル・ユー!」、勝負曲というだけあって他の曲とは少し雰囲気が異なり、全力でフロアにぶつかってくる。それに応えるフロアもまた全力でSATORIに向かって手を上げて次の展開を期待して目を輝かせて彼らを見つめていた。彼らはポップでキュートだが、ただ底抜けに明るいというわけではなく、どことなく渋さが残っていて力強い。まぶしくてキュートで渋いなんて、なんて卑怯なバンドなんだ。

■トリプルファイヤー

はい、お待たせしました。こちらアングラヒーローのお出ましです。トリプルファイヤーが地下ステージのトリを務めると聞いてちょっとニヤリとしてしまったあなた、かなりの好事家ですね。「だって俺、ケータイのゲームしかやってないから」なんて、ある意味パンチの効きまくった、たいして韻も踏んでないリリック。そこから滲んで止まらない、とにかく弱気で虚脱した若者の心の叫び。

 

観ていて気付いたけれど、自己主張をぐっとこらえたストイックな演奏隊のループと、Vo.吉田の熱っぽさとのギャップがこれまたシュール。なんてイマドキなんだろう。現代に生きるカウンターカルチャーを目撃した感動で胸がいっぱいになった。”トラックに轢かれた”、”全国大会”、”次やったら殴る”など、聴けば聴くほど心がつらくなる名曲の連発に、彼らがアングラヒーローたるゆえんを見せつけられる。吉田も苦しそうだ。そんなに苦しいならやめればいいのに!でもやめないんだね!ありがとう!

 

”カモン”でフロアに投げかけられる「まだまだいけるでしょ~」の声、口から3cmのところにポトッと落ちてるよ。最後、鳴り止まないアンコールに応え披露された”ブラッドピット”で、ボロフェスタ地下ステージの一日目は、予想以上に濃い後味を残して締めくくられたのだった。

 

(Photo : 岡安いつ美)

WRITER

RECENT POST

COLUMN
お歳暮企画 | ANTENNAとつくる、2023年なんでもベスト1 Part.2
COLUMN
お歳暮企画 | ANTENNAとつくる、2023年なんでもベスト1 Part.1
INTERVIEW
激しい音像で奏でる包み込むサウンドと蒼く優しい世界線 – とがるインタビュー
COLUMN
ANTENNA Writer’s Voice #6
COLUMN
お歳暮企画 | ANTENNAとつくる2022年の5曲 Part.2
COLUMN
お歳暮企画 | ANTENNAとつくる2022年の5曲 Part.1
COLUMN
ANTENNA Writer’s Voice #5
COLUMN
ANTENNA Writer’s Voice #4
COLUMN
ANTENNA Writer’s Voice #3
COLUMN
ANTENNA Writer’s Voice #2
COLUMN
ANTENNA Writer’s Voice #1
INTERVIEW
MCUはどこへ向かう?ミュージシャン・アーティストが語るフェーズ4の今とこれから
REVIEW
折坂悠太 – 心理
REVIEW
STUTS & 松たか子 with 3exes – Presence
REVIEW
中村佳穂 – アイミル
COLUMN
YMB 作品ガイド 2014~2020
REVIEW
YMB – トンネルの向こう
REVIEW
さとうもかとDENIMS – Loop with DENIMS
REVIEW
Homecomings – Herge
REVIEW
Easycome – Easycome
REVIEW
pont – ぽ
REVIEW
Curtis Mayfield – Something to Believe in
REVIEW
Bill LaBounty – Bill LaBounty
REVIEW
Norman Connors – Take It to the Limit
REVIEW
Leroy Hutson – Closer to the Source
REVIEW
Zac Apollo – Loveset
REVIEW
シュガー・ベイブ – SONGS
REVIEW
Ginger Root – Mahjong Room
REVIEW
大貫妙子 – MIGNONNE
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:下飼 凌太】THE TOMBOYS:多様な音楽を飲み込んだ四人組…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:小川 あかね】Alice Longyu gao:セーラームーンか…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:キドウシンペイ】Emma Jean Thackray:UKジャズ…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:高田 和行】Shygirl:UKでも最もホットなスポットとされて…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:今岡 陽菜】Pom Poko:ノルウェー出身、北欧のジャズ名門校…
COLUMN
【まとめ】編集部員が選ぶ2019年ベスト記事
REVIEW
jizue – Book shelf
REVIEW
Any Luck To You – ベランダ
REVIEW
中村佳穂 – リピー塔がたつ
REVIEW
DENIMS − DENIMS
REVIEW
Creepy Nuts – たりないふたり
REVIEW
Soft Laws – Easy Yoke
REVIEW
ナードマグネット – 透明になったあなたへ
REPORT
『言志の学校』第一回レポート – 作ったからには読んで欲しい!読み手に届くフリーペーパー…
REPORT
映画『明日にかける橋 1989年の想い出』舞台挨拶レポート
REVIEW
King of Gold / Amia Calva
COLUMN
「働きながら音楽活動をする」トークイベント② -小川保幸(DEEPSLAUTER)-
REPORT
「働きながら音楽活動をする」トークイベント① -上杉隆史(Endzweck)-
INTERVIEW
音楽レーベル 「セイカレコード」の活動を追う vol.1 対談レポート -京都のいち芸術大学がレーベ…
INTERVIEW
「MVは誰のもの?」インストバンドsowの企画、”1song,2videos”…
REPORT
コンクリートバー 15周年祭 @KYOTO MUSE 2016.11.11
REPORT
【稲本百合香の見たボロフェスタ2016 / Day2】生ハムと焼うどん / 愛はズボーン / man…
REPORT
【則松弘二の見たボロフェスタ2016 / Day2】ミノウラヒロキマジックショー / POLYSIC…
REPORT
【稲本百合香の見たボロフェスタ2016 / Day1】never young beach / 空きっ…
REPORT
【則松弘二の見たボロフェスタ2016 / Day1】And Summer Club / 岡崎体育 …
REPORT
【則松弘二の見たボロフェスタ2016 / 前夜祭】はちみつぱい / cero / Homecomin…
REPORT
color chord × ベランダ × Amia Calva『時計じかけのオレたち』ツアー @Ur…
REPORT
これからミュージックFESTA 2016 @ Live House nano 16.06.26
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / 1st stage】OGRE YOU ASSHOLE / フラ…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / 1st stage】キュウソネコカミ / 清竜人25 / I …
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / 2nd stage】Amia Calva / NATURE D…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / 2nd stage】BiSH / メシアと人人 / 夜の本気ダ…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / Beelow stage】ボギー / 中村佳穂 / ONIGA…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / Underground stage】eastern youth…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / Underground stage】NOT WONK / FL…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / Underground stage】THE FULL TEEN…
REPORT
【ボロフェスタ2015 / 夜露死苦】@ Club Metro
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / 1st stage】パスピエ / フレデリック / 在日ファン…
REPORT
【ボロフェスタ2015Day1 / 1st stage】Homecomings / Brian th…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / 2nd stage】ミライスカート / 黒猫チェルシー / ト…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / 2nd stage】neco眠る / Baa Baa Blac…
REPORT
【ボロフェスタ2015 / Beelow stage】DOTAMA / ミノウラヒロキマジックショー…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / Underground stage】ヤングパーソンクラブ / …
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / Underground stage】Seuss / Noise…
REPORT
【ボロフェスタ2015 / 前夜祭】Nabowa / ゆるめるモ! / 渋さ知らズオーケストラ
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY2】後編
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY2】前編
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY1】花泥棒 / my letter / never young…
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY1】渚のベートーベンズ / ナードマグネット / Seuss …
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY1 】Baa Baa Blacksheeps / ONIGAW…
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY1 】カトキット / Spacetime And Stream…
REPORT
ボロフェスタ2014 day2-10m stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 day2-9m stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 day2-Underground Stage,Bee-low stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 夜露死苦 @ CLUB METRO
REPORT
ボロフェスタ2014 day1-10m stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 day.1-9m stage,Center stage編- @KBSホール 2…
REPORT
ボロフェスタ2014 day1-Underground Stage,Bee-low Stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 大前夜祭-9m stage編- ライブレポート
REPORT
ボロフェスタ2014 大前夜祭-Underground Stage,Bee-low stage編- …
REPORT
ボロフェスタ2014 大前夜祭-10m stage編- ライブレポート
REPORT
マドナシ(キツネの嫁入り)@ 京都GROWLY
REPORT
Amia Calva @ 京都GROWLY ライブレポート
REPORT
wave of mutilation(波)@ 京都GROWLY ライブレポート

LATEST POSTS

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…

INTERVIEW
2024年台湾音楽シーンを揺らす、ローカルフェスとその原動力―『浮現祭 Emerge Fest』主催者・老諾さんインタビュー

2024年2月24,25日の土日に、台中〈清水鰲峰山運動公園〉で音楽フェス『浮現祭 Emerge F…

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…