INTERVIEW

25万人集まる海外フェスも、30人規模の地元のハコもやることは同じ 手探りで進み続ける、おとぼけビ~バ~の現在地

まるで漫画の『BECK』のような話だ。2016年に、ロンドンの独立系レーベルDamnably(ダンナブリー)と契約したのが飛躍のきっかけ。イギリスでのツアーを皮切りに、世界中から注目のアーティストが集まる音楽のショーケース『SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)』や、世界最大級の音楽フェス『Coachella Valley Music and Arts Festival(コーチェラ・フェスティバル)』のステージにまで駆け上がる。驚くべきはその間、メンバーは社会人として働きながらハードな海外ツアーをこなしてきたこと。

 

「息をできる場所が海外にあってよかった」と語るのはVoのあっこりんりん。今ではデイヴ・グロール(フー・ファイターズ)がお気に入りとして何度もラジオで楽曲をリピートするようになったし、各国のレジェンドがフェイバリットとしておとぼけビ〜バ〜の名前を挙げている。しかし、国内での評価は、残念ながらまだそのスピードには追いついていないようにも思う。

 

そして2020年。よりにもよって会社員を辞め、バンド活動に専念すると決めたタイミングでコロナ禍に巻き込まれ、国内での活動を余儀なくされた。「やってくれる人がいるならやってほしいけど、自分らでやる楽しさもある」と家事になぞらえ、音楽に紐づくあれこれを、今も昔もすべからく自分たちの手で形にしてきた彼女たち。その手探りな活動を振り返りつつ、今、その視線の先になにが見えているのかを聞いた。

おとぼけビ〜バ〜

 

モットーは「セックス・しば漬け・ロックンロール」2009年結成。恋や生活のルサンチマンをショートチューンで八つ当たりするいてこまスマッシュ・ヒステリックハートビート・どすどすどすえ系バンド。流暢な京都スラングとカタコトの英語で、日本のみならずワールドワイドに活動している。

海外をツアーしても、物販も含めて全部自分たちで当たり前にやってきた

──

この10年で一番大きな景色を見てきたのは京都では間違いなくおとぼけビ〜バ〜だよね。2016、2017、2019年とSXSWには3回出演。ヨーロッパツアーで各国のフェスに出演し、コーチェラのステージにも立った。それぞれにキツかったことや、印象に残っていることを聞いておきたくて。

ひろちゃん(以下、ひろ)

ダントツで過酷な思い出はあまりないかもしれないです。

あっこりんりん(以下、あっこ)

過酷やったんは、有給をとることと、会社用の小分けできるお土産を探すこと。あとは帰ったときに溜まってる仕事をやることかな(笑)。ライブ自体の過酷さを味わうのが本当は去年、今年だったんですよね……。今までだとツアーでもライブは一カ月に多くて10本。あとはコーチェラに出た時の、アメリカでコーチェラ出て、次にロンドンに行ってツアーして、またアメリカに戻って、日本に帰って即仕事するみたいなスケジュールがハードなだけであって。

※コーチェラは2週間にかけて行われ、アーティストは同じ曜日に2週連続で出演することが条件だった。

かほキッス(以下、かほ)

しんどいのってライブ以外の、ちょっとしたストレスなんですよね。水が硬水とか、サラダの味が違う、変な豆が絶対入ってるとか(笑)

あっこ

日本に比べて乾燥する国が多いから、加湿器たいてマスクして寝る。長時間の車移動で足がむくむから朝と寝る前のストレッチとか、ミュージシャンもアスリートやなって。私は本来ナマケモノなんで、気が休まらない(笑)

かほ

あとホテルのお風呂に体力が左右されるんやなって気づきました。

よよよしえ(以下、よしえ)

めちゃくちゃわかるわ。お湯がちゃんと出るかは一番最初にチェックする。

あっこ

あと思い出すのは2016年のUKツアー、ライブした後は自分らで物販を売るんですけど、ありがたいことに日本では見たことないくらいの鬼の行列で。ただ爆音で音楽かかってるし、めちゃくちゃでかい声で売り子せなあかんくて、声が限界で次の日のライブが心配でしたね。英語話せないんで「サンキュー」とか「ハッピー」とか叫んでるだけなんですけど。最近はツアーマネージャーが物販してくれるようになってありがたい。

──

ライブでかなり消耗しているのに、物販まで自分たちでやるのはかなり体力を使うね。

あっこ

ファンと写真を撮れたり、しゃべる機会があってよかったんですけどね。日本でもずっと自分たちでやってるし当たり前のことなんですけど、毎日1時間セットを歌うとなると喉のことも考えないといけない。

ひろ

しかもそのツアーって電車移動やったから、「終電がっーーー!」てめちゃくちゃ焦りながらやってた思い出が。

──

そういえば、海外でツアーやって行列できるほどお客さんが入る体験をしていくと、良くも悪くもアーティスト然とした振舞いになりそうだけど、みんな全く変わらずフラットだよね。

よしえ

それで態度が変わる方が積み重ねてないような気がします。経験がなくて、急にドンとすごいステージに上がっちゃうとそうなるのかもしれない。でも私たちはステップアップしたという実感以上に、今でもいろんなハコに出ているから。それもあって思い上がったりはしないですね。

あっこ

面白いものをつくって、全力でやることしか考えてないしね。気持ち的には、どんなにステージが小さくても、お客さんがいなくてもやることは一緒だから。それに私らが勝手にやってることにお金を出してくれる人がいたり、手伝ってくれる人がいるのがびっくりなこと。そこはずっと忘れてない。

大きなものも小さなものも、国内外の印象に残ったライブたち

──

逆に、この10年で一番印象に残っている景色はなんですか。

あっこ

『KOYABU SONIC 2019』かな。私がお笑い好きということ、あと日本でこういう大きなイベントに出られると思っていなかった。出演が一番手で、誰も私らのことを知らない状態。最初はお客さんもぽかんとしていたんですけど、曲名で笑いが起こって、段々と受け入れられているのを感じて、終わった後はいろんな人が声をかけてくれた。わかってくれる人もいるんやなって。

KOYABU SONIC 2019
──

日本と海外の評価のズレって、感じることはある?

あっこ

最近はウケる場所が違っただけかなと思ってて。もともと万人ウケするつもりはなかったし、逆に海外に息ができる場所があってよかったというか。

よしえ

それで言うと、私は海外のイベントの『SXSW 2019』かも。その日は私らの所属するDamnablyのイベントだったんですけど、なかなかコミュニケーションが上手くいかないPAさんで。そこで思いっきりライブしてたら、最終的にPAさんがぶちぎれて、照明も電源も全部落とされちゃったんですよね。だから最後の一曲はドラムと生音のギターが響く中でライブを続けて。そうしたら、パーッと客席からiPhoneのライトが次々点いて、それを頼りにライブしたんです。

 

言ったらひどいライブだと思うんですけど、お客さんと一致団結する空気感を味わったのがむちゃくちゃ気持ちよかった。しかも、その日はSuperchunk(スーパーチャンク)のマック・マコーンが観に来てくれてたみたいでライブが終わってからメールくれたんですよね。私、ファンだったのでやりとりをするようになって、それがきっかけで日本ツアーに出させてもらったり。

SXSW 2019
──

憧れのバンドとの対バンまで発展してることも含め、劇的な体験だね。かほちゃん、ひろちゃんはどうでしょう?

かほ

コロナ禍前だったら、オランダの『Lowlands(ローランズ・フェスティバル)』と『KOYABU SONIC 2019』。その後だったら、2020年のあふりらんぽとの無観客ライブがベストです。配信ライブに試行錯誤している中で、「結構いけるんじゃないか」という手応えを感じたのと、PIKAさんに見られているというプレッシャーを感じつつも、それをいい形でライブに反映できた。

ひろ

私は『YAMETATTA TOUR 2020』に行く前の〈livehouse nano〉でのワンマンかなあ。急遽決まったイベントなのにチケットが24時間で完売、ライブでもお客さんたちが送り出してくれる温かさを感じて。それが自分の中で一番熱かった瞬間かもしれないですね。

あっこ

私ら、日本でリスナーに受け入れてもらったのは2019年からやと思うんです。2019年7月に日本マドンナの企画で東京に行った時に、登場から歓迎モードで、曲を知っているお客さんがたくさんいた。「え?誰のライブ?」って感じ。それまではすべって当然。冷ややかで当然って感じだったから。

2021年1月29日に行われた『YAMETATTA TOUR 2020』に行く前、livehouse nanoでのライブ写真
よしえ

コロナでライブはできなかったけど、〈KOENJI HIGH〉と新代田の〈LIVE HOUSE FEVER〉の2公演も200人キャパなのにすぐ売り切れてたよな。

あっこ

2016年の〈磔磔〉のワンマン、私の知り合いとか会社の人、家族を無理やり集めてなんとか150人だったのに、普通に埋まってすげーなって、信じられませんでした。

コロナ禍だから意識できたこと、国内でライブを重ねて育てた演奏の強度

──

なにがいいって、海外ツアーの話ばかりじゃなくて、大きなイベントも、そうでないライブの話もそれぞれの視点からターニングポイントとして語られているところだよね。充実した時間を過ごしているのがよくわかる。そしてここ2年もコロナ禍で停滞どころか、ライブを精力的に行うことで自分たちを更新してきた。

あっこ

コロナ禍になったのも、「音楽に専念するぞ」って仕事辞めてホンマにすぐ。出鼻をくじかれたことで私が精神的にまいってきたのもあって、ライブやらんとヤバくなっちゃって。ただライブハウスも私たちがギャラいるの分かってるからか、誘いが全然なかったんです。まあ、もともと日本のオファーも少なくはあったんですけど(笑)。だから、自分たちでワンマンやったりして、ちょっとずつ、復帰してる感じで。

よしえ

これまでは日本でライブをするとき、実はあまりワンマンをしてこなかったんです。以前は20、30分のセットを中心にやっていたのが、今は当たり前に一時間のライブもこなせるようになってきた。確実に力をつける、体力をつけるような内容になってきてる。

あっこ

ワンマンに来てくれるお客さんは、今、ほぼ同じ人ばっかりなんですよ。ガチファンばかりだから、よく言えばアットホーム、悪く言えば甘えてしまいそうな環境。

 

ただ配信やグッズの販売をはじめて、そういった人たちが私らの活動の大部分を支えてくれてることがよくわかった。だからこそ新曲を書きたいし、飽きさせない努力が必要で。それこそ私らは一時間のステージなんて、持ち曲全部やれちゃうから。これってツアー回って、フェスにばかり出ていたらわからなかったこと。お客さんが常に入れ替わっちゃうから。

ひろ

私はライブの時間が長くなってきたことで、客席を見る余裕がでてきてて。何本もワンマンをやり続けると、「大体この曲のとき、お客さんはこういうノリ方しはるんやな」って見方ができるようになってきました。今はお客さんと距離を取らなきゃならないので、私たちがステージを降りたり、ダイブしたりというパフォーマンスができない。だから、楽曲だけでどう盛り上げていくかを考えることが多くなってきてて。

よしえ

そのことで、着実にライブ筋がついてきているのを感じてます。

あっこ

密なパフォーマンスができない分、演奏で魅せるしかなくなったのが逆によかった。ほんまにステージの上からどう心を掴むのかをひたすら積み重ねているんで。

──

配信とかも影響ありますか、演奏に。

かほ

あります。一つ一つの音が気になるようになってきて。パフォーマンスの動きもそうですし、スティックの振り下ろし方一つで、視覚的に大きい音が出るということにビデオを見て気がつきました。

あっこ

コーチェラとかSXSWの映像を見ていて、「えーこれで行ってたん、今行っていたらもっと絶対いけてたわ」って感じには今、自信がついている。これまではツアーの度に緊張してたんですけど、この2年の間にライブはどこでやっても怖くなくなった。だからやる場所さえあればと思ってるし、いろんな場所に早く行きたい。

海外で活躍する先輩が、新しい世界の扉を開く手助けをしてくれる

──

外から見ていると、この2年は演奏だけじゃなくて人間関係にも大きな変化があったように見えるけどどうかな。ベテランのアーティストとの共演も増えてきた。

あっこ

梅田の〈HARDRAIN〉から依頼を受けて、無観客のワンマン配信はやったとこだったし、海外ファンも多いあふりらんぽと私らのツーマンは、世界中に見たい人がいるんじゃないかと思って形にしたんです。この状況下でも圧倒的な面白さを見せつけられるって、すごく刺激を受けるイベントになった。

 

今でこそあふりらんぽに「海外ツアーやりたいな」とか言ってもらったり、Acid Mothers Templeなどいろんな縁をもらってますが、実はこれまで、あまり縦も横も関係性を育んでこなくて。

よしえ

コロナ禍以前に海外を経験しているバンド、あまり多くないと思うんです。そうなると、同じ状況の似ているバンドマンとは連絡をたまに取るようになって。それこそ少年ナイフのNaokoさんとか、ギターウルフのセイジさんとか。上の人はめちゃくちゃ助けてくれます。

──

戦友というか、海外ツアーを経験しないとわからない人同士のシンパシーがあるんでしょうね。

よしえ

一つ思ったのが、彼らは私たちが海外に行った時にバンドマンとかスタッフさんと会話するキーパーソンになることが多いんです。SXSWに出た時にしゃべりかけにきてくれた方が「ギターウルフ、友達?」みたいなこと聞いてきて。それこそSXSWでいったら、Peelander-Z(ピーランダーゼット)のイエローさんとかもそう。この数年、縦のつながりの皆さんにはよくしていただいただけじゃなく、コミュニケーションの円滑剤としても本当に感謝しています。

──

接点が一つできるだけでも、そこを軸に大きく世界が広がっていく。最近は彼らとどんな連絡を取ってるの?

よしえ

皆さん少しずつライブも決まってきているみたいで。私らも現場主義者としてライブはしていきたいんで、早くツアーできるようになったらうれしいですよね。それに向けて今はスタジオ入って、音源もつくってて。

──

元々ライブで楽曲の強度も上げていくタイプだもんね。

よしえ

私は『いてこまヒッツ』を出して、その後に行った『YAMETATTA TOUR 2020』後の楽曲が確実に良かったと感じていて。ライブを重ねると作曲もグルーヴ感が全然違います。それは大事なポイントですね。

 

ツアーバンドっぽく、一つのアルバムをつくって世界を周って、生で反応を見たりできるようになったらまた新しい景色が見れるのかなと思います。それが仕事を辞めてからまだできていない。

あっこ

その景色が見たくて仕事辞めたからね。早く達成したい。

よしえ

本当は短期的な目標だったはずが、長期的な目標になってしまった。

──

でもその分、体力もついたし、どんとこいという状態。次のツアーはまた大きな反響がありそうだね。

ひろ

この1年で養った力と、こういう状況でできなくなった密なパフォーマンス、早く両方合わさったステージを見せたいですね。

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
あの頃、部室で – 夜音車・頓宮敦がDo It Togetherにつくりあげた果実と、その界隈
INTERVIEW
失われた「ジャンク」を求めて – WHOOPEE’Sというハコと、GATTACA / GROWLYの…
INTERVIEW
土龍さん、この10年どうやった? 最小で最愛な私たちのライブハウス、nanoの旅路
COLUMN
未来は僕らの手の中(か?)|テーマで読み解く現代の歌詞
INTERVIEW
“エゴ”だけじゃ形にならない。『フリースタイルな僧侶たち』初代・三代目の編集…
COLUMN
書評企画『365日の書架』4月のテーマ:はなればなれになって
COLUMN
書評企画『365日の書架』3月のテーマ:ここじゃない場所に生まれて
COLUMN
書評企画『365日の書架』1月のテーマ:時間が経つのも忘れて
INTERVIEW
バランスのいい選択肢が無い!!多様な価値観の都市で育った〈汽水空港〉店主・モリテツヤさんが人生の選択…
COLUMN
書評企画『365日の書架』12月のテーマ:もっと読むのが好きになる
COLUMN
【東日本編】ライブハウス・クラブでの思い出のエピソード
COLUMN
【西日本編】ライブハウス・クラブでの思い出のエピソード
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.1:Stars and Rabbit
INTERVIEW
自分たちで責任を取り続けられる企業であるために。FREITAGの創業者Markus Freitag来…
INTERVIEW
台湾インディーシーンの最前線を走り続けるSKIP SKIP BEN BENこと林以樂、初の本名名義と…
COLUMN
【2019年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年09月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年08月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
制作もライブも自然体で。京都のシンガーソングライターいちやなぎインタビュー
COLUMN
【2019年07月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年06月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年05月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年04月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年03月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年02月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年01月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年12月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年11月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年10月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年9月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
Homecomings – Songbirds
INTERVIEW
ボロフェスタ主催のひとり飯田仁一郎に聞く、ナノボロフェスタでトークイベントを行う理由
SPOT
出町座
INTERVIEW
【モーモールルギャバン / ゲイリー・ビッチェ】好きで好きでたまらない!スーパーノアは俺に語らせて!…
INTERVIEW
【くるり / ファンファン】好きで好きでたまらない!スーパーノアは俺に語らせて!3rd mini a…
COLUMN
【2018年7月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年6月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
Siamese Dream – The Smashing Pumpkins
REVIEW
MISS YOU – ナードマグネット
COLUMN
【2018年5月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
「自分たちが面白いことが一番面白い」この二年間の活動の変化を、踊る!ディスコ室町Vo.ミキクワカドに…
COLUMN
【2018年4月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
【SXSW2018】国別に見る、良かったアーティストまとめ
REPORT
【SXSW2018】世界のミュージックフリークスに聞いた、今年のおすすめ出演者
REPORT
【SXSW2018】日本のミュージシャンの世界への接近と、各国のショーケース
COLUMN
ki-ft×アンテナ共同ディスクレビュー企画『3×3 DISCS』
REVIEW
Man Of The Woods – Justin Timberlake
COLUMN
【2018年3月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年2月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
ライブハウス店長・ブッカーが振り返る、2017年ベストアクト
COLUMN
HOLIDAY! RECORDS / 植野秀章が選ぶ、2017年ベストディスク10
COLUMN
【2017年12月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【月一更新・まとめ】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
映画『MOTHER FUCKER』京都みなみ会館 特別先行上映レポート
COLUMN
【2017年10月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ③広島東洋カープ編-
INTERVIEW
【特別企画】ミュージシャン、好きな映画を語る – バレーボウイズ・本日休演・踊る!ディス…
REPORT
【SXSW2017】vol.0 まとめ
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ②音楽編-
REPORT
終わらない孤独な旅で見つけた、彼女の”光”とは?Laura Gibson ジ…
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ①初めてのひとり旅編-
REPORT
the coopeez 『キネマBANPAKU』 @ みなみ会館 2016.05.21
SPOT
朧八瑞雲堂
SPOT
吉靴房
SPOT
BOLTS HARDWARE STORE
REPORT
ナードマグネット – 怒りのデス・ワンマン@天王寺Fireloop 2015.12.20
INTERVIEW
CARD×椎木彩子の関係について:後編
INTERVIEW
CARD×椎木彩子の関係について【前編】
INTERVIEW
鈴木実貴子ズは何故ライブバー&鑪ら場を始めたのか?
REPORT
斑斑(skip skip ben ben) “台湾から来た二人” @公○食堂 2014.11.01
REPORT
スキマ産業vol.39 @ 木屋町UrBANGUILD ライブレポート
REPORT
the coopeez newbalance tour @京都MOJO ライブレポート

LATEST POSTS

INTERVIEW
京都の〈外〉から来て5年、確信とエラーで進む空間現代の現在地

東京にいた頃から交流があった劇団・地点との共作はもちろんのこと、活動の拠点を移してからは〈外〉の廊下…

INTERVIEW
カタチを変えて巡り合う、CuBerryと音楽のルーツたち

「大人になったらバンドをすると思っていた」と話すのは、CuBerryのKanacoとYuiko。姉妹…

INTERVIEW
あの頃、部室で – 夜音車・頓宮敦がDo It Togetherにつくりあげた果実と、その界隈

たった一人のサラリーマンが海外バンドのツアーを手掛け、大学の部室でイベントをしてしまうこと。そしてツ…

INTERVIEW
美味しい中華といいグルーヴ。踊る!ディスコ室町のギタリスト・クマ山セイタ、家業を継ぐ

京都を中心に活躍する6人組ファンクバンド、踊る!ディスコ室町。そのギタリスト・クマ山セイタ氏が、実家…

INTERVIEW
25万人集まる海外フェスも、30人規模の地元のハコもやることは同じ 手探りで進み続ける、おとぼけビ~バ~の現在地

まるで漫画の『BECK』のような話だ。2016年に、ロンドンの独立系レーベルDamnably(ダンナ…