COLUMN

【Dig! Dug! Asia!】Vol.1:Stars and Rabbit

MUSIC 2020.03.29 Written By 堤 大樹

「台湾のシーンが熱い」と透明雑誌が日本のインディーシーンを騒がせて、早くも10年近くになるだろうか。その間にもアジア各国を行き来するハードルはどんどんと下がっていった。LCCの就航は増え、フェスなどのリアルな場、そしてSNSや各種プラットフォームが整備されていくことで、文化的な交流も随分と増えたように思う。

 

その中で日本はどうだろうか?十分に交流が生まれているだろうか?アジア各国からの発信を待つだけでなく、もっとこちらから知ることが必要ではないか。なぜならとっくのとうに、アジア各国はつながっているから。そんなことを感じたのは台南で開催されている『LUCfest 2019』に訪れたときだ。アジア各国からの発信を待つのではなく、こちらからももっと近づきたい。

 

そんな思いからはじまったこの連載。アンテナのライターが月替りでそれぞれにピンときたアジアのアーティストを今昔問わず紹介することで、読者の方とアジアのシーンにどっぷりつかってみることができればと思う。

紹介するアーティスト:Stars and Rabbit

拠点:ジョグジャカルタ / インドネシア
活動年:2011年 –
公式サイト:http://starsandrabbit.com/

今巷でホットなインドネシアシーンからの刺客

Stars and Rabbitをはじめて見たのは2020年2月。Big Romantic Recordsがオーガナイズして台北・日本をまわるツアーのひとつで、台北のTHE WALL MUSICでのライブだった。その時僕は仕事で一週間ほど台北に滞在しており、業務が一段落した日の夜に遊びにいけるイベントを探していた。すでにコロナウィルスの影響が少しずつ出てきていたタイミング。開催されるイベントの数は多くなかったので、各ライブハウスに名前が載っている出演者の名前を片っ端からYoutubeで検索しては音源を聴くこと1,2時間。イントロのギターリフだけで心惹かれたアーティストがいた。それがVo.Elda SuryaniとGt.Didit Saadのデュオからなる、インドネシアのジョグジャカルタを拠点に活動するStars and Rabbitだ。

昨年のLUCfest 2019でもインドネシアのシーンの盛り上がりを感じたこともあって、興味がわいたのですぐにその場でチケットを予約。新譜のリリースツアーではあったものの、まだサブスクにもリリースがされていなかったのでリードシングル “Little Mischievous” のMVだけを見てライブへ向かった。

魅力はインドネシアの文化らしい混然とした楽曲群と、ヴォーカルEldaの歌唱力

Stars and Rabbitに一発で虜にされてしまったのは、Sigur Rós・Radiohead・Portishead、などのヨーロッパを中心とした90sの内省的なオルタナティブ・ロックを昇華した多彩な楽曲群にある。ある時は“Little Mischievous” のようなリスナーもシンガロングができる軽快なギターポップを、また “Attic No.7” ではトリップ・ホップさながらのジャジーでダークな一面を見せている。

 

この楽曲群に一本の筋を通しているのは、Diditの古き良きロックからの影響を隠そうともしない小気味良いバックビートのギターだろう。プレイの引き出しも多く、ソロではギターヒーローらしさを見せることもあれば、リズムギターを弾き裏方に徹することもある。ギター一本で様々な楽曲を成り立たせていたり、作曲もEldaと一緒に行っている点からThe Smashing Pumpkinsにおけるジェームス・イハを思い出す存在だ。

またライブを見てなにより印象に残っているのはEldaの歌だった。小さな身体のどこから出ているのか、というほど大きな声は会場全体を震わせ、メロディは神秘的ながらエスニックで、アジアらしい路地裏の湿度を感じさせる。そしてキュートながらハスキーな歌声は時にThe Cardigansのニーナ・ペルソンを、ディーヴァらしい立ち居振る舞いと芯の強さはBjorkを彷彿とさせた。いずれもアイスランド・北欧と寒い国のアーティストだが、真逆の風土であるインドネシアのアーティストが同じ風をまとわせていることが興味深い。ともにスケールの大きさを感じるのは、各国に共通して存在する壮大なランドスケープゆえだろうか。その原風景に触れてみたくなる。

今回、僕がStars and Rabbitに出会ったのは2020年2月だが、実はすでにインドネシアではかなりの知名度を誇っていて、UKツアーなども成功させている。2017年にリリースした “Man Upon The Hill” はYoutubeでは再生回数は1500万回再生に迫る勢いだ。でも音楽との出会いはいつだって遅すぎることはない。彼らに興味を持ってくれたのなら、インドネシアという今アジアで最もホットなシーンのひとつを一緒に掘り下げてみて欲しい。

 

WRITER

RECENT POST

COLUMN
未来は僕らの手の中(か?)|テーマで読み解く現代の歌詞
INTERVIEW
“エゴ”だけじゃ形にならない。『フリースタイルな僧侶たち』初代・三代目の編集…
COLUMN
書評企画『365日の書架』4月のテーマ:はなればなれになって
COLUMN
書評企画『365日の書架』3月のテーマ:ここじゃない場所に生まれて
COLUMN
書評企画『365日の書架』1月のテーマ:時間が経つのも忘れて
INTERVIEW
バランスのいい選択肢が無い!!多様な価値観の都市で育った〈汽水空港〉店主・モリテツヤさんが人生の選択…
COLUMN
書評企画『365日の書架』12月のテーマ:もっと読むのが好きになる
COLUMN
【東日本編】ライブハウス・クラブでの思い出のエピソード
COLUMN
【西日本編】ライブハウス・クラブでの思い出のエピソード
INTERVIEW
自分たちで責任を取り続けられる企業であるために。FREITAGの創業者Markus Freitag来…
INTERVIEW
台湾インディーシーンの最前線を走り続けるSKIP SKIP BEN BENこと林以樂、初の本名名義と…
COLUMN
【2019年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年09月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年08月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
制作もライブも自然体で。京都のシンガーソングライターいちやなぎインタビュー
COLUMN
【2019年07月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年06月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年05月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年04月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年03月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年02月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年01月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年12月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年11月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年10月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年9月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
Homecomings – Songbirds
INTERVIEW
ボロフェスタ主催のひとり飯田仁一郎に聞く、ナノボロフェスタでトークイベントを行う理由
SPOT
出町座
INTERVIEW
【モーモールルギャバン / ゲイリー・ビッチェ】好きで好きでたまらない!スーパーノアは俺に語らせて!…
INTERVIEW
【くるり / ファンファン】好きで好きでたまらない!スーパーノアは俺に語らせて!3rd mini a…
COLUMN
【2018年7月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年6月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
Siamese Dream – The Smashing Pumpkins
REVIEW
MISS YOU – ナードマグネット
COLUMN
【2018年5月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
「自分たちが面白いことが一番面白い」この二年間の活動の変化を、踊る!ディスコ室町Vo.ミキクワカドに…
COLUMN
【2018年4月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
【SXSW2018】国別に見る、良かったアーティストまとめ
REPORT
【SXSW2018】世界のミュージックフリークスに聞いた、今年のおすすめ出演者
REPORT
【SXSW2018】日本のミュージシャンの世界への接近と、各国のショーケース
COLUMN
ki-ft×アンテナ共同ディスクレビュー企画『3×3 DISCS』
REVIEW
Man Of The Woods – Justin Timberlake
COLUMN
【2018年3月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年2月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
ライブハウス店長・ブッカーが振り返る、2017年ベストアクト
COLUMN
HOLIDAY! RECORDS / 植野秀章が選ぶ、2017年ベストディスク10
COLUMN
【2017年12月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【月一更新・まとめ】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
映画『MOTHER FUCKER』京都みなみ会館 特別先行上映レポート
COLUMN
【2017年10月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ③広島東洋カープ編-
INTERVIEW
【特別企画】ミュージシャン、好きな映画を語る – バレーボウイズ・本日休演・踊る!ディス…
REPORT
【SXSW2017】vol.0 まとめ
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ②音楽編-
REPORT
終わらない孤独な旅で見つけた、彼女の”光”とは?Laura Gibson ジ…
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ①初めてのひとり旅編-
REPORT
the coopeez 『キネマBANPAKU』 @ みなみ会館 2016.05.21
SPOT
朧八瑞雲堂
SPOT
吉靴房
SPOT
BOLTS HARDWARE STORE
REPORT
ナードマグネット – 怒りのデス・ワンマン@天王寺Fireloop 2015.12.20
INTERVIEW
CARD×椎木彩子の関係について:後編
INTERVIEW
CARD×椎木彩子の関係について【前編】
INTERVIEW
鈴木実貴子ズは何故ライブバー&鑪ら場を始めたのか?
REPORT
斑斑(skip skip ben ben) “台湾から来た二人” @公○食堂 2014.11.01
REPORT
スキマ産業vol.39 @ 木屋町UrBANGUILD ライブレポート
REPORT
the coopeez newbalance tour @京都MOJO ライブレポート

LATEST POSTS

COLUMN
【2021年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【カルト映画研究会:第10回】ブリグズビー・ベアー(Brigsby Bear)

現在コロナ禍で全国の大学生はいわゆるキャンパスライフを謳歌できない状況である。自分が勤務する大学でも…

COLUMN
【2021年9月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.5 SUNNY SUNDAY SMILE

今回は〈京都CLUB METRO〉を拠点にこの秋に10周年を迎えるインディー / オルタナティブDJ…

COLUMN
MEET ONE’S LOOK 誰かの視点に出会う – 旅と文化をテーマにした本 –

ANTENNAが運営するmallのレーベルとして2020年12月に始動したWANDERLUST BO…