REVIEW
VANILLA.6
VANILLA.6
MUSIC 2020.09.01 Written By 阿部 仁知

各々の孤独が折り重なりあい共鳴するアンセムたち

僕は数万人のベクトルが一方向に集約する、フェスティバルの一体感が好きだ。一方で、フロアに集った各々の孤独で無軌道な没入が奇跡的に折り重なるような、クラブナイトの一体感も好きだ。大阪を拠点に活動するニューポップ・バンド・プロジェクトVANILLA.6の1stフルアルバム『VANILLA.6』には、そんな両極にも思える2つの「共感」が折り重なる様子が鮮やかに表現されている。

 

そのことが最も象徴的に描かれているのがアルバムのスタートを飾る“Prime”だろう。しっとりしたKANA(Vo / Key)のシンセと刻みを異にしたook-boy(Vo / Gt / Organize)の歌声が合流し、遅れてTK(Dr)のドラムもまた違うリズムを歩みだす。バラバラな響きに僕らは一瞬当惑してしまうが、TKのキックで事態は加速し、KOHEY(Ba)の登場で各々の孤独がカチッと重なり合うフレーズは “We all sing along emotions”。なんとドラマチックな展開だろう。モータウンビートも織り交ぜ、目まぐるしく展開する中でも、サッカーのチャントのようにフロアを鼓舞するヴォーカルは、はじめてこの4人組の音楽を耳にする聴衆でも2巡目にはシンガロングできる親しみが溢れている。

 

 

だがこの共有が画一的なものにならないのは、全体を貫く1枚のヴェールをまとったようなプロダクション。2015年の結成からメンバーチェンジも経ながら歩んできたVANILLA.6は、一貫してパワフルな演奏と耽美的なライブパフォーマンス、男女混声ヴォーカルが魅力的だったが、今作では生音の躍動とシンセに彩られた電子の煌めきの間を、縦横無尽に行き来しているのが特徴的だ。抑制の効いたギターとシンセから一転、ダイナミックにユニゾンするバンドとディレイがかったヴォーカルが空間を埋め尽くす“Side Effect”。BOOM BOOM SATELLITESやTHE NOVEMBERSのような数万人のフィールドを包み込むエネルギーを一身に浴びつつ、ミニマルでフロアライクな叙情性が織り混ざる様はThe xxのようでもある。

そして、はじめてCDに同梱された日本語訳によって、日々の葛藤や内面を物語に乗せたook-boyに幾分か近づけるが、それでも英語で紡がれる彼の言葉は微妙な距離感を持っている。だが、この距離感こそが、共感と孤独という本作の両義性を更に引き立てているのではないか。初期からの代表曲“90’s Milan”を彷彿とさせるきらびやかなシンセポップ風のリフと、小気味の良いリリックが絡み合う“CRUSH”のキャッチーで身体が自然と動く音像の中でも、近からず遠からずなこの距離感が各々の物語を投影する余白となっているのだ。

終盤の“Rose My Shadow”では、2019年に加入したKANAの勇敢なリードヴォーカルがスケールを広げていき、ラストの“Wasted Song Ⅲ”では本作で一番のシャウトをするook-boyの熱量に、僕らはグッと拳を握りながらシンガロング。ここには作品全体を通した孤独でも共感でもないオルタナティヴが表現されている。「ボツ曲3」という意味らしいが、活動初期から披露され、DJも交えた主催イベント『VANILLA NIGHT』をはじめ多くのフロアとともに育ってきたこの曲が本作を締めくくるのは、半ば皮肉のようでもありつつとても象徴的だ。

 

ひとりになりたい一方でたまらなく人恋しく思ったりもする、一見矛盾しそうな僕らの感情をまるごと受け入れ讃えるVANILLA.6の表現。各々の孤独を完全には分かり合えなくとも、僕らはそれを認め合い手を取り合うことがことができる。新たなパフォーマンスを模索するVANILLA.6の4人とともに、僕らは再び集い各々の感情を共鳴させる。そんな未来を想像させてくれるアルバムだ。

VANILLA.6

 

 

アーティスト:VANILLA.6
仕様:CD / デジタル
発売:2020年3月18日
価格:¥2,500(税込)

 

収録曲

1. Prime
2. OWLS
3. Side Effect
4. Nightfall
5. CRUSH
6. DONT SING
7. Rose My Shadow
8. Wasted Song Ⅲ
9. CRUSH (Bathroom Mix)*
10. Rose My Shadow (A Letter to Rose)*
11. Goodbye Golden Girl*
(* CD bonus tracks)

 

Webサイト:https://vanilla6-official.tumblr.com

Twitter:https://twitter.com/vanilla_6_
Instagram:https://www.instagram.com/vanilla.6/

WRITER

RECENT POST

REVIEW
くだらない1日『どいつもこいつも』 – 新章を告げる、高値ダイスケの詩情とバンドの確かな…
REVIEW
downt『Underlight & Aftertime』- 紆余の中、やりきれない閉塞か…
REPORT
駆け抜けた一年の果てにとがると見た光 – 12カ月連続企画『GUITAR』Vol.12 ライブレポー…
REVIEW
とがる『この愛が終わったら、さようなら。』 -別れと向き合いながら、それでも共に生きていこうとする
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.7 BRITISH PAVILION OSAKA
REPORT
余暇の別府を満喫する、ユニバーサル観光×クリエイティブ -『おんせん都市型音楽祭 いい湯だな!』イベ…
INTERVIEW
建物を設計・デザインするように曲を作れたら – aldo van eyckインタビュー
INTERVIEW
この苦難の先にGREENJAMがたどり着いた「表現のプラットフォーム」10年目の現在地
INTERVIEW
新フェスティバル『ARIFUJI WEEKENDERS』が描く、自然に囲まれた気軽な週末体験
INTERVIEW
お互いをリスペクトし合いながら切磋琢磨する〈ungulates〉の在り方とは?オーナーKou Nak…
COLUMN
〈ungulates〉作品ガイド
REVIEW
くだらない1日『rebound』 – くだらない日々を迷い翔けるヒーローの肖像
REPORT
ボロフェスタ2022 Day2(11/4 KBS+METRO)- 変わらず全力が似合う21年目の第一…
REVIEW
downt『SAKANA e.p.』 – 今しかできないことを凝縮した鋭利なバンドサウン…
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.6 Gift
REVIEW
G’ndL『Crocodiles』 – 憂いも迷いも喜びもみんな夢の中
INTERVIEW
今のドイツを国外や他の世代に。『RISIKO』が描くカルチャーの肌触り
INTERVIEW
デモ音源にみる隠せないこだわり アーティストの原点に迫る試聴座談会 with HOLIDAY! RE…
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2021 Day6 – 2021.11.7
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2021 Day1 – 2021.10.29
INTERVIEW
Radioheadのファミリーに憧れて。OAS / Radiohead Nightが描くファンベース…
REPORT
Radiohead Night @ESAKA MUSE イベントレポート
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.5 SUNNY SUNDAY SMILE
REVIEW
NEHANN – New Metropolis
REVIEW
Deep Sea Diving Club – SUNSET CHEEKS feat. M…
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.4:SCHOOL IN LONDON
REVIEW
black midi – Cavalcade
REVIEW
nape’s – embrace foolish love
COLUMN
歌い継がれるエヴァーグリーン|テーマで読み解く現代の歌詞
REPORT
阿部仁知が見たナノボロフェスタ 2020
SPOT
Irish pub Shamrock ‘N’ Roll Star
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.3:Potluck Lab.
INTERVIEW
FLAKE RECORDS
COLUMN
【Dig!Dug!Asia!】Vol.3 空中泥棒
INTERVIEW
メールインタビュー〜世界は今どうなっているんだろう?〜
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.2:mogran’BAR
INTERVIEW
Alffo Records
INTERVIEW
もっと広がりたい 再び歩み始めたSSWの現在地 ASAYAKE 01インタビュー
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.1:GROOVER
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.2
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.1
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 1日目
REPORT
black midi live in japan @CLUB METRO ライブレポート
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day3】河内REDS / トクマルシューゴ / 本日休演…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / vol.夜露死苦】And Summer Club / キイ…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day2】ギャーギャーズ / 2 / 踊ってばかりの国 /…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day1】眉村ちあき / fox capture plan…

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年4月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

COLUMN
【2024年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…