REVIEW
SUNSET CHEEKS feat. Michael Kaneko
Deep Sea Diving Club
MUSIC 2021.07.14 Written By 阿部 仁知

一歩大人の表現がピュアな想いを鮮烈に描くサマーチューン

自らの想いと向き合い勇気を出して伝えた時、その一瞬はまるで永遠のように輝きはじめる。福岡を拠点に活動する4人組バンド Deep Sea Diving Club がシンガーソングライターの Michael Kaneko(origami PRODUCTIONS)をフィーチャーした配信シングル “SUNSET CHEEKS feat. Michael Kaneko”は、そんな一夏の鮮烈な感覚をキャプチャーしたサマーチューンだ。

 

5月にリリースされた“フラッシュバック ’82 feat. Rin音”に続いてのコラボシングルとなる本作。セルフライナーノーツによると、谷颯太(Gt / Vo)による歌詞は「自分が書いた拙い英語の歌詞をマイケルさんが美しくしてくれました」という。〈デートに行く服が決まらなくても〉(sunselco)や〈君のお化粧が崩れた笑顔の方が好きだったな〉(cinematiclove)など、微妙な心情のニュアンスを日本語詞で表現してきた谷だが、そんな彼でも頬を赤らめるような気恥ずかしい想いが、遠からず近からずな全編英詞によって情感豊かに表現されている。

 

波の音や砂浜を歩く足音に例えられそうなLo-Fiでチリチリしたイントロに、空間に溶け出すようなギターアンサンブル。どこかカッコつけて素直になれない気持ちを歌うAメロでは、マイケルのしゃがれた歌声も相まって、AOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)のメロウなムードと、落日飛車(Sunset Rollercoaster)が評されるところのAOR(アジアン・オリエンテッド・ロック)のような風土の香りが漂う。だがサビ前のカラっとしたギターストロークで想いは加速。高鳴る胸の鼓動をリズムに乗せ、あの娘に気持ちを伝える時間が止まるような感覚を、なんともドラマチックに表現しているではないか。

 

まさにその夕暮れの告白を描いた〈Early evening I tell her she’s the one for me〉からの三節は切なくも甘酸っぱい情感が溢れているが、それは流麗な英詞と洗練されたムードを持ち込んだマイケルの手腕が大きい。従来のこぶしを効かせた谷のフロウはむしろ抑え目で、「青春一直線!」とはならないこの絶妙な匙加減によって、かえって率直な想いが爽やかに響いているように感じられるのだ。

 

一歩大人の表現へと踏み込みながら、ピュアな気持ちに立ち返る。Michael Kaneko との出会いによってバンドの枠を広げるようなこのコラボレーションもまた、彼らの頬をほんのり赤らめるような爽やかな共同作業の体温を感じさせる、なんて言ってしまうのは大袈裟だろうか。

SUNSET CHEEKS feat. Michael Kaneko

 

アーティスト:Deep Sea Diving Club

仕様:デジタル

発売:2021年7月14日

レーベル:Beacon LABEL

 

収録曲

1. SUNSET CHEEKS feat. Michael Kaneko

 

Deep Sea Diving Club

 

谷颯太(Gt / Vo)、出原昌平(Dr)、大井隆寛(Gt)、鳥飼悟志(Ba)による福岡で結成されたロック、R&B、ジャズなどジャンルレスな音楽性を感じさせるメロウでフリーキーな4人組バンド。2020年10月BBHF、NITRODAY、Warbear、TERAが所属する〈Lastrum Music Entertainment〉内の〈Beacon LABEL〉から配信シングルをリリース。5月にリリースした九州限定盤&配信シングル『フラッシュバック ’82 feat. Rin音』が九州内の県域FM6局のパワープレイに選出。その波は九州に止まらず全国的な盛り上がりを見せ始めている。現在谷がLOVE FM「フクオカコレクティブ・ラジオ」毎月第二週土曜のレギュラーパーソナリティーを担当中。

Michael Kaneko

 

湘南生まれ、南カリフォルニア育ちの日本人シンガーソングライター。デピュー前にポーカリストとして起用されたTOYOTA、PanasonicのTVCMが話題となり問い合わせが段到。ウイスパーながらも芯のあるシルキーヴォイスが早耳音楽ファンの間で評判となる。その後、デビュー前にもかかわらず『FUJI ROCK FESTIVAL』をはじめ多数のフェスに出演するほか、タワーレコード “NO MUSIC, NO LIFE?” のポスターに登場。また“AmPm feat. Michael Kaneko”でリリースした楽曲が各国Spotifyのバイラルチャートにランクイン。インドネシアのフェスでは1万人規模のオーディエンスが大合唱、その声は5,000万人に届くことに。そして2017年、『Westbound EP』でデビュー。

 

卓越したソングライティングとパフォーマンスは話題を呼び、プロデューサーとして森山直太朗、あいみょん、環人、Rude-α、majiko、s**t kingz、足立佳奈、Miyuuなどを手がける。さらに大橋トリオ、ハナレグミ、藤原さくら、さかいゆう、SKY-HI & THE SUPER FLYERS、DJ HASEBE、Kan Sanoなどのライプやレコーディングにも参加。また、CITROËN、NISSAN、ダイハツ、BACARDÍ、SHARP、IKEA、FREAK’S STORE、Amazon、J-WAVEなどのCM楽曲やジングル、ドラマ『僕たちがやりました』、映画『とんかつDJアゲ太郎』『サヨナラまでの30分』『ママレード・ボーイ』、アニメ『メガロボクス』のテーマソングや劇伴音楽も手がける。2020年、1stアルバム『ESTERO』をリリース。ラッパーDaichi Yamamotoをフィーチャリングするなど音楽性も幅を広げヒットを記録。さらに、BAYFLOW、Ray-Ban、OFFSHOREとのコラボや広告モデル、MUSIC ON! TVのMCなど、音楽活動にとどまらず活躍の場を広げている。

WRITER

RECENT POST

REVIEW
くだらない1日『どいつもこいつも』 – 新章を告げる、高値ダイスケの詩情とバンドの確かな…
REVIEW
downt『Underlight & Aftertime』- 紆余の中、やりきれない閉塞か…
REPORT
駆け抜けた一年の果てにとがると見た光 – 12カ月連続企画『GUITAR』Vol.12 ライブレポー…
REVIEW
とがる『この愛が終わったら、さようなら。』 -別れと向き合いながら、それでも共に生きていこうとする
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.7 BRITISH PAVILION OSAKA
REPORT
余暇の別府を満喫する、ユニバーサル観光×クリエイティブ -『おんせん都市型音楽祭 いい湯だな!』イベ…
INTERVIEW
建物を設計・デザインするように曲を作れたら – aldo van eyckインタビュー
INTERVIEW
この苦難の先にGREENJAMがたどり着いた「表現のプラットフォーム」10年目の現在地
INTERVIEW
新フェスティバル『ARIFUJI WEEKENDERS』が描く、自然に囲まれた気軽な週末体験
INTERVIEW
お互いをリスペクトし合いながら切磋琢磨する〈ungulates〉の在り方とは?オーナーKou Nak…
COLUMN
〈ungulates〉作品ガイド
REVIEW
くだらない1日『rebound』 – くだらない日々を迷い翔けるヒーローの肖像
REPORT
ボロフェスタ2022 Day2(11/4 KBS+METRO)- 変わらず全力が似合う21年目の第一…
REVIEW
downt『SAKANA e.p.』 – 今しかできないことを凝縮した鋭利なバンドサウン…
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.6 Gift
REVIEW
G’ndL『Crocodiles』 – 憂いも迷いも喜びもみんな夢の中
INTERVIEW
今のドイツを国外や他の世代に。『RISIKO』が描くカルチャーの肌触り
INTERVIEW
デモ音源にみる隠せないこだわり アーティストの原点に迫る試聴座談会 with HOLIDAY! RE…
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2021 Day6 – 2021.11.7
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2021 Day1 – 2021.10.29
INTERVIEW
Radioheadのファミリーに憧れて。OAS / Radiohead Nightが描くファンベース…
REPORT
Radiohead Night @ESAKA MUSE イベントレポート
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.5 SUNNY SUNDAY SMILE
REVIEW
NEHANN – New Metropolis
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.4:SCHOOL IN LONDON
REVIEW
black midi – Cavalcade
REVIEW
nape’s – embrace foolish love
COLUMN
歌い継がれるエヴァーグリーン|テーマで読み解く現代の歌詞
REPORT
阿部仁知が見たナノボロフェスタ 2020
REVIEW
VANILLA.6 – VANILLA.6
SPOT
Irish pub Shamrock ‘N’ Roll Star
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.3:Potluck Lab.
INTERVIEW
FLAKE RECORDS
COLUMN
【Dig!Dug!Asia!】Vol.3 空中泥棒
INTERVIEW
メールインタビュー〜世界は今どうなっているんだろう?〜
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.2:mogran’BAR
INTERVIEW
Alffo Records
INTERVIEW
もっと広がりたい 再び歩み始めたSSWの現在地 ASAYAKE 01インタビュー
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.1:GROOVER
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.2
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.1
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 1日目
REPORT
black midi live in japan @CLUB METRO ライブレポート
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day3】河内REDS / トクマルシューゴ / 本日休演…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / vol.夜露死苦】And Summer Club / キイ…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day2】ギャーギャーズ / 2 / 踊ってばかりの国 /…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day1】眉村ちあき / fox capture plan…

LATEST POSTS

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…

INTERVIEW
2024年台湾音楽シーンを揺らす、ローカルフェスとその原動力―『浮現祭 Emerge Fest』主催者・老諾さんインタビュー

2024年2月24,25日の土日に、台中〈清水鰲峰山運動公園〉で音楽フェス『浮現祭 Emerge F…

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…