REVIEW
SAKANA e.p.
downt
MUSIC 2022.08.25 Written By 阿部 仁知

今しかできないことを凝縮した鋭利なバンドサウンド

ライブを繰り返したからこそ見える景色があり、音源制作にのめり込んだからこそできるライブがある。リスナーにとってもそれは同じで、ライブの後に改めて聴いた音源にまったく違う広がりを感じることもある。2021年の1stアルバム『downt』に続いて2作目となるdowntの『SAKANA e.p.』は、そんなライブと音源のインタラクティブな相互作用を色濃く感じさせてくれる作品だ。

 

富樫(Gt / Vo)、河合(Ba)、ロバート(Dr)による、2021年結成のスリーピースバンドdownt。ソールドアウトした7月の大阪公演で心斎橋の〈LIVE HOUSE Pangea〉に足を運んだ時は、秘密の共犯関係のようなライブハウス特有の密室の響きに身体を揺らされ、はたまた『FUJI ROCK FESTIVAL’22』で観た時は、晴れ渡った空に抜けていくギターを爽やかに感じたりもした。極めてシンプルなプレイでバンドを駆動する河合とロバートや、テクニカルなフレーズも織り交ぜつつ臆面もなくクリーントーンをかき鳴らす富樫の姿は、本当に結成1年のバンドなのだろうかと末恐ろしくも感じる堂々とした佇まいだ。この3人のライブは様々な情感を描いていたが、その躍動を一切損ねることなく凝縮しているのが『SAKANA e.p.』ということもできる。

 

冒頭で富樫がささやくように歌う「世界を変えることはできない」「どこへでも行くことにだって限りがある」の言葉に惹かれる“シー・ユー・アゲイン”からはじまり、全編を通してしっとりとした肌触りで描かれている本作。だからこそ“シー・ユー・アゲイン”のダイナミックなアウトロに続いて、唯一アップテンポなギターロックをかき鳴らす、“minamisenju”が鮮烈に響いている。息を多分に含んだ歌唱の富樫がサビで吐き捨てるように叫ぶコントラストは本作随一のもので、シンプルなバンドサウンドは一発録りのようにさえ感じられる生々しさがある。

一方で緻密でコンセプチュアルなプロダクションを感じるのも大きな特徴だ。前作『downt』でコラージュされていた踏切の音などの外部的な要素を一切廃し、本作は徹底的にバンドサウンドのみで作り上げている。それがライブ感を生み出しているのは事実そうだが、巧みに織り交ぜた2曲のギターインストがほんのりと描くストーリーテリングや、弦の質感や息遣い一つひとつまで大切にしたサウンドメイクに表れている、この親密で生々しいライブ感こそが本作の作品性であり、単なるライブ風録音では断じてない風格を感じる。こういったライブ表現と作品性を両立させたバンドサウンドという意味では、The 1975やRadiohead、あるいはGEZANなども思い起こさせる。

 

ここで一つ思い当たるのは、『SAKANA e.p.』は作品を通して1番2番というリフレインをまったくしないこと。曲構成はポストパンク的とも言えるし展開の要所要所でマスロックのような複雑さも見せるが、あえて分析的に聴こうとしたときにやっと思い当たるくらいに縫い目がなく自然だ。様々な要素をストレートなインディーロックサウンドに昇華していることも、本作の作品性を如実にあらわしている。一切振り返らないパンクの性急さも持ちつつ、きっとこの若さや勢いは今だけのものと強く自覚しているからこそ、バンドの情感を徹底的に作品に凝縮できるのだろう。“minamisenju”の「きっといつか終わるんだ」があれほど儚くも象徴的に響くのもそのためだ。

 

6曲を余すことなく鮮烈に響かせることだけにすべてを注ぎ込むエネルギーを感じさせる『SAKANA e.p.』。だがまた次のライブや次の作品では違うステージにいることもはっきりと予感させる、今を凝縮した表現。今のdowntは今しかいないし、きっとこの感覚は二度と味わえない。そんな刹那的な感傷に揺られる、あまりにも濃い16分をあなたもぜひ体感して欲しい。

SAKANA e.p.

 

アーティスト:downt
仕様:デジタル / CD
発売:2022年6月22日
配信リンク:https://lnk.to/downt_SAKANA

 

収録曲

1. ー.1.ー
2. シー・ユー・アゲイン
3. minamisenju
4. Fis tel
5. ー.5.ー
6. I couldn’t have done this without you.

 

downt

 

2021年結成。富樫(Gt / Vo)、河合(Ba)、ロバート(Dr)の3人編成。東京をベースに活動。同年10月に1st『downt』を〈ungulates〉からリリース(現在CD&CTは完売)。緊迫感のある繊細且つ大胆な演奏に、秀逸なメロディセンスと情緒的な言葉で綴られ、優しく爽やかな風のようで時に鋭く熱を帯びた歌声にて表現される世界観は、風通しよくジャンルの境界線を越えて拡がりはじめている。6月22日に新作EP『SAKANA e.p.』をリリース、そして東・名・阪のリリースツアーとともに7月22日には『downt』と『SAKANA e.p.』の編集盤VINYLもUK/EUのレーベル〈Dog Knights!〉よりリリースされた。

 

Twitter:https://twitter.com/downtband
Instagram:https://www.instagram.com/downt_japan/
YouTube:https://www.youtube.com/c/downt

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.6 Gift
REVIEW
G’ndL『Crocodiles』 – 憂いも迷いも喜びもみんな夢の中
INTERVIEW
今のドイツを国外や他の世代に。『RISIKO』が描くカルチャーの肌触り
INTERVIEW
デモ音源にみる隠せないこだわり アーティストの原点に迫る試聴座談会 with HOLIDAY! RE…
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2021 Day6 – 2021.11.7
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2021 Day1 – 2021.10.29
INTERVIEW
Radioheadのファミリーに憧れて。OAS / Radiohead Nightが描くファンベース…
REPORT
Radiohead Night @ESAKA MUSE イベントレポート
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.5 SUNNY SUNDAY SMILE
REVIEW
NEHANN – New Metropolis
REVIEW
Deep Sea Diving Club – SUNSET CHEEKS feat. M…
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.4:SCHOOL IN LONDON
REVIEW
black midi – Cavalcade
REVIEW
nape’s – embrace foolish love
COLUMN
歌い継がれるエヴァーグリーン|テーマで読み解く現代の歌詞
REPORT
阿部仁知が見たナノボロフェスタ 2020
REVIEW
VANILLA.6 – VANILLA.6
SPOT
Irish pub Shamrock ‘N’ Roll Star
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.3:Potluck Lab.
COLUMN
【Dig!Dug!Asia!】Vol.3 空中泥棒
INTERVIEW
メールインタビュー〜世界は今どうなっているんだろう?〜
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.2:mogran’BAR
SPOT
FLAKE RECORDS
SPOT
Alffo Records
INTERVIEW
もっと広がりたい 再び歩み始めたSSWの現在地 ASAYAKE 01インタビュー
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.1:GROOVER
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.2
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.1
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 1日目
REPORT
black midi live in japan @CLUB METRO ライブレポート
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day3】河内REDS / トクマルシューゴ / 本日休演…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / vol.夜露死苦】And Summer Club / キイ…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day2】ギャーギャーズ / 2 / 踊ってばかりの国 /…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day1】眉村ちあき / fox capture plan…

LATEST POSTS

INTERVIEW
偶発的な出会いを火種に。人と人をつなぎ、価値を創るまちづくりとは

2012年にオープンした〈京都水族館〉を皮切りに、急速に再整備が進んだ梅小路公園。拡張していく梅小路…

COLUMN
【2022年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

REVIEW
ズカイ『ちゃちな夢中をくぐるのさ』 – ネガティブなあまのじゃくが歌う「今日を生きて」

まず16曲入りという点がいい。キレイにまとめるよりも、言いたいことをすべて言うその姿勢は、ズカイの集…

REVIEW
帝国喫茶『帝国喫茶』 – 三者三様の作家性が融合した、帝国喫茶の青春

三者三様の作家性が融合した、帝国喫茶の青春 三者…

REVIEW
ヨットヘヴン『健康快樂』 – 今を楽しく生きようとする生活者の歌

安延沙希子(以下、さっちゃん)の歌は彼女にしか出せない味わいがある。声色はほんのりマット。メロディに…