EVENT

木村華子 個展 『[    ]goes to Gray』

ART PHOTOGRAPH 2021.09.23 Written By アンテナ編集部

フォトグラファー・現代美術家として注目を集める木村華子の個展が、10月17日(日)まで京都の〈KAGANHOTEL〉にて開催中だ。本展は、現在開催中の国際写真芸術祭『KYOTO GRAPHIE2021』のサテライト企画「KG+2021」への参加プログラム。今年で9回目を迎える「KG+21」で紹介される新進気鋭のアーティストに、毎年注目している人も多いのではないだろうか。

今回の展示では、アーティストの展覧会企画やPOPUP、プロデュースやマネジメントなどを場所を持たずに運営してきた芸術レーベル・keshik.jpの黒田純平がキュレーションを担当。国際アートフェア『UNKNOWN ASIA』で、2018年にグランプリ、 レビュアー賞5部門、審査員賞4部門を受賞した作品「SIGNS FOR 【 】」シリーズを見ることができる。

街中の何も描かれていない白紙のビルボードを被写体にし、青いネオンライトが施されている。メッセージを持たない看板は、パンデミックという未曾有の危機から、いまだに明確な答えがないグレーゾーンにたたずむ社会を映し出しているようだ。「意味が有ること / 無いこと」というメッセージが込められた作品は、現代社会を生きる木村自身が大事にしている考え方を表している。今回の企画では、彼女の価値観を鑑賞者も体験できる仕掛けが施された体験型の展示になるということだ。

KAGANHOTELの内観

会場となる〈KAGANHOTEL〉は、京都中央市場にある野菜卸の女子寮兼倉庫をリノベーションして、宿泊施設、飲食店、ギャラリーが併設された滞在型複合施設だ。カフェまたは宿泊利用の場合は無料で鑑賞できるということなので、ゆっくりと過ごす計画を立てるのもいいのではないだろうか。

展覧会ステートメント

今、世界が混乱している。そう言われてまず思いつくのは現在私達の日常を奪う「パンデミック」だろう。2019年の終わりと共に発生され、またたく間に世界を脅かしているCOVID-19は2021年の今も終息の目処がつかないままだ。

 

そんな誰もが想像しえなかった非日常が起きている中、我々が生活をしているここ日本でも同じことが言える。政府の対応により、今までの当たり前の生活を自粛し感染被害を拡大しないように行動するもウイルスの猛威は止まらない勢いだ。そんな状況の中でも社会は回り続けており、我々は生きている。

 

この状況を変える手立ては、誰しもが「正解」を持っており、「不正解」を持っている。まるで、どちらでもなく、どちらかであるような「グレーゾーン」の中にいる感覚のようだ。これは、我々が生きている社会の中で常に存在しており、無意識の中で生まれる事象でもある。これまでに出会った対象や現象も、最初は答えや名前などなかった。それらを認識ができるようになったのは、先人達が生み出したものを我々はバイアスという名のレイヤーを重ねているからだ。

 

しかしそれらを用いても、対象や現象に対して意見はバラバラに生まれ、結果的に認識は、グレーゾーンに入ってしまう。まるで、対象の周りには白と黒の線が集合し灰色で覆われているようだ。

 

木村華子は、その言葉にならない現象と向き合い作品を制作している。普段は商業カメラマンとして生業をしているが、この時代に生まれた自身の立場と社会を重ねながら表現活動を行っている。近年は街中の、なにも描かれていない白紙のビルボードを被写体にし、青いネオンライトを施したシリーズ “SIGN FOR [ ]”で、「意味が有ることと無いこと」というメッセージ性を込めた「時代のポートレート」とも言える作品を発表している。

 

木村はコマーシャルとして写真を扱いながらも、アーティストとしても写真という手段を選んでいるが、本人は2つの立場を肯定しながら活動している。これは、グレーゾーンに木村自身が滞在し今の時代と共存して生きていることを表している。

 

“SIGN FOR [ ]”は我々にとって「救い」でもある象徴なのだ。

 

本展では、会場であるKAGAN HOTELの地上と地下のスペースを使い、 “SIGN FOR [ ]”シリーズを展開する。
この二極化された空間に、別々に展示された同じシリーズの作品を鑑賞し終えた後、あるアンケートを答えてもらうことで、本展示のゴールでもあるグレーゾーンに到達するだろう。

黒田純平 / keshik.jp

Hanako Kimura | 木村華子

1989年、京都府出身。大阪市在住。同志社大学文学部美学芸術学科卒業。
大学卒業後、商業フォトグラファーとして雑誌や広告などを撮影する傍、自身のライフワークとして作品制作を開始する。
主に「存在する/存在しない」などの両極端と捉えられている事象の間に横たわるグレーゾーンに触れることをステートメントの中心に据え、時代性を内包したコンセプチュアルな作品を展開する。
近年は写真を主軸とした表現に留まらず、立体作品、コラージュ、インスタレーションなども手がけている。

http://hanako-photo.sakura.ne.jp/
instagram https://www.instagram.com/hanako_kimura/
Facebook https://www.facebook.com/HanakoKimuraPhotographer/

INFORMATION

日時

2021年9月17日(金)〜2021年10月17日(日)
11:30〜17:00
※期間中の金・土・日・祝のみ開場

会場

KAGANHOTEL
京都府京都市下京区朱雀宝蔵町99

入場料

¥500
※カフェまたは宿泊利用の方は無料でご覧いただけます。
※ご宿泊の方は曜日にかかわらずご覧いただけます。室内にも設置希望の方はツインルームもしくはトリプルルームをご予約いただき、備考欄にてお知らせください。

出展作家

木村華子

キュレーター

黒田純平

イベントページ

https://kaganhotel.com/ge/hanako-kimura1

お問い合わせ

https://kaganhotel.com/contact/

WRITER

RECENT POST

REVIEW
折坂悠太 – 心理
REVIEW
STUTS & 松たか子 with 3exes – Presence
REVIEW
中村佳穂 – アイミル
COLUMN
YMB 作品ガイド 2014~2020
REVIEW
YMB – トンネルの向こう
REVIEW
さとうもかとDENIMS – Loop with DENIMS
REVIEW
Homecomings – Herge
REVIEW
Easycome – Easycome
REVIEW
pont – ぽ
REVIEW
Curtis Mayfield – Something to Believe in
REVIEW
Bill LaBounty – Bill LaBounty
REVIEW
Norman Connors – Take It to the Limit
REVIEW
Leroy Hutson – Closer to the Source
REVIEW
Zac Apollo – Loveset
REVIEW
シュガー・ベイブ – SONGS
REVIEW
Ginger Root – Mahjong Room
REVIEW
大貫妙子 – MIGNONNE
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:下飼 凌太】THE TOMBOYS:多様な音楽を飲み込んだ四人組…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:小川 あかね】Alice Longyu gao:セーラームーンか…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:キドウシンペイ】Emma Jean Thackray:UKジャズ…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:高田 和行】Shygirl:UKでも最もホットなスポットとされて…
COLUMN
【SXSW2020私ならこれを見る:今岡 陽菜】Pom Poko:ノルウェー出身、北欧のジャズ名門校…
COLUMN
【まとめ】編集部員が選ぶ2019年ベスト記事
REVIEW
jizue – Book shelf
REVIEW
Any Luck To You – ベランダ
REVIEW
中村佳穂 – リピー塔がたつ
REVIEW
DENIMS − DENIMS
REVIEW
Creepy Nuts – たりないふたり
REVIEW
Soft Laws – Easy Yoke
REVIEW
ナードマグネット – 透明になったあなたへ
REPORT
『言志の学校』第一回レポート – 作ったからには読んで欲しい!読み手に届くフリーペーパー…
REPORT
映画『明日にかける橋 1989年の想い出』舞台挨拶レポート
REVIEW
King of Gold / Amia Calva
COLUMN
「働きながら音楽活動をする」トークイベント② -小川保幸(DEEPSLAUTER)-
REPORT
「働きながら音楽活動をする」トークイベント① -上杉隆史(Endzweck)-
INTERVIEW
音楽レーベル 「セイカレコード」の活動を追う vol.1 対談レポート -京都のいち芸術大学がレーベ…
INTERVIEW
「MVは誰のもの?」インストバンドsowの企画、”1song,2videos”…
REPORT
コンクリートバー 15周年祭 @KYOTO MUSE 2016.11.11
REPORT
【稲本百合香の見たボロフェスタ2016 / Day2】生ハムと焼うどん / 愛はズボーン / man…
REPORT
【則松弘二の見たボロフェスタ2016 / Day2】ミノウラヒロキマジックショー / POLYSIC…
REPORT
【稲本百合香の見たボロフェスタ2016 / Day1】never young beach / 空きっ…
REPORT
【則松弘二の見たボロフェスタ2016 / Day1】And Summer Club / 岡崎体育 …
REPORT
【則松弘二の見たボロフェスタ2016 / 前夜祭】はちみつぱい / cero / Homecomin…
REPORT
color chord × ベランダ × Amia Calva『時計じかけのオレたち』ツアー @Ur…
REPORT
これからミュージックFESTA 2016 @ Live House nano 16.06.26
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / 1st stage】OGRE YOU ASSHOLE / フラ…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / 1st stage】キュウソネコカミ / 清竜人25 / I …
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / 2nd stage】Amia Calva / NATURE D…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / 2nd stage】BiSH / メシアと人人 / 夜の本気ダ…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / Beelow stage】ボギー / 中村佳穂 / ONIGA…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / Underground stage】eastern youth…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / Underground stage】NOT WONK / FL…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day2 / Underground stage】THE FULL TEEN…
REPORT
【ボロフェスタ2015 / 夜露死苦】@ Club Metro
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / 1st stage】パスピエ / フレデリック / 在日ファン…
REPORT
【ボロフェスタ2015Day1 / 1st stage】Homecomings / Brian th…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / 2nd stage】ミライスカート / 黒猫チェルシー / ト…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / 2nd stage】neco眠る / Baa Baa Blac…
REPORT
【ボロフェスタ2015 / Beelow stage】DOTAMA / ミノウラヒロキマジックショー…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / Underground stage】Pygtant!! / S…
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / Underground stage】ヤングパーソンクラブ / …
REPORT
【ボロフェスタ2015 Day1 / Underground stage】Seuss / Noise…
REPORT
【ボロフェスタ2015 / 前夜祭】Nabowa / ゆるめるモ! / 渋さ知らズオーケストラ
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY2】後編
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY2】前編
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY1】花泥棒 / my letter / never young…
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY1】渚のベートーベンズ / ナードマグネット / Seuss …
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY1 】Baa Baa Blacksheeps / ONIGAW…
REPORT
【ナノボロフェスタ2015 / DAY1 】カトキット / Spacetime And Stream…
REPORT
ボロフェスタ2014 day2-10m stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 day2-9m stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 day2-Underground Stage,Bee-low stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 夜露死苦 @ CLUB METRO
REPORT
ボロフェスタ2014 day1-10m stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 day.1-9m stage,Center stage編- @KBSホール 2…
REPORT
ボロフェスタ2014 day1-Underground Stage,Bee-low Stage編-
REPORT
ボロフェスタ2014 大前夜祭-9m stage編- ライブレポート
REPORT
ボロフェスタ2014 大前夜祭-Underground Stage,Bee-low stage編- …
REPORT
ボロフェスタ2014 大前夜祭-10m stage編- ライブレポート
REPORT
マドナシ(キツネの嫁入り)@ 京都GROWLY
REPORT
Amia Calva @ 京都GROWLY ライブレポート
REPORT
wave of mutilation(波)@ 京都GROWLY ライブレポート

LATEST POSTS

COLUMN
【2021年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
折坂悠太 – 心理

月の初めにお届けする、編集部によるクロスレビュー。今月の作品は折坂悠太3枚目のアルバム『心理』です。…

REVIEW
ズカイ – たくさん願い溢れて

大阪の5人組バンド・ズカイについて、筆者は前作ミニアルバム『毎日が長すぎて』のレビューで「ニヒルなピ…

INTERVIEW
鈴木青が放つ、目の前の影を柔らげる光の歌

平成生まれのシンガーソングライター・鈴木青(すずきじょう)。2018年から年に1作のペースで作品を作…

COLUMN
【2021年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…