NEWS

『Indie Label Showcase』第一回開催。音楽の仕事に携わりたい人が、これからの音楽のあり方を考えるイベント

MUSIC 2017.01.06 Written By 堤 大樹

全ての人が手軽に利用できる、オープンな空間とサービスを提供するMTRL KYOTO(マテリアル京都)にて1月17日から新たなイベントがスタートする。

 

『Indie Label Showcase』近年インディミュージックの盛り上がりは音楽シーンにおいて非常に重要な役割を担っている。しかしながらその実態はまだまだ世間一般には知られていないのが現状である。

 

国内外のインディーレーベルの方々をゲストに招き、様々なテーマでパネルディスカッションやプレゼンテーションが聞けるこのイベント。音楽好きの人はもちろん、音楽をしている人、音楽に携わる仕事をしたい方々には是非参加してほしいイベントだ。

 

今後定期開催されるこのイベント、第一回のテーマはゲストにbud musicの番下氏とSecond Royal Recordの小山内氏を招いて「レーベルの立ち上げ・運営・仕事について」

 

レーベルって名前は聞くけど、そもそも何をしているのかも分からない方も多くいる事だろうがミュージシャンやイベントが動くためにはこのレーベルが様々な仕事をしている。レーベルを知る事で、新たな発見や新たな音楽との出会いがきっと見つかるはずだ。

Indie Label Showcase 第一回

日時

2017年1月17日(火) 18:00~22:00

会場

MTRL KYOTO

参加費

無料(別途1ドリンクオーダーをお願いします)

プログラム

・日本のレーベル同士による、トークテーマに沿ったパネルディスカッション(約40分)

・海外のレーベル同士による、トークテーマに沿ったパネルディスカッション(約40分)

・レーベルのおすすめプレゼンテーション

・試聴 / 販売

・質疑応答

お申込み

Indie Label Showcaseイベントページよりお申込みください。

http://www.ky-o-to.com/news/n_live20170217_18_19.html

国内レーベル登壇者

 

 

番下慎一郎(bud music)

株式会社bud music代表 1978年生まれ石川県出身。 2001年より京都に移住し、7年間のレコードショップバイヤー経験を経て、2009年に株式会社bud musicを設立。 京都を拠点に、アーティストのプロデュースや、マネージメントなど、音楽レーベルの運営の他、飲食店、アトリエの経営も行い、FM京都αステーションで毎週木曜日にオンエアされている「CROSS PONIT」のDJも務める。

 

 

bud music

京都発信の音楽レーベル。アーティストのプロデュース、マネージメント、イベント企画・制作などを行う。Nabowa、jizue、Polaris、tio、kirim、THE BED ROOM TAPE、Kie Katagi、オオヤユウスケ、次松大助、長谷川健一などが所属。 www.budmusic.org

 

 

小山内信介(Second Royal Record)

1978年生まれ、青森県出身。京都METROで2000年よりレギュラー・パーティ「SECOND ROYAL」を開催。イベントからの派生で設立し今年で15周年を迎える音楽レーベル「SECOND ROYAL RECORDS」の主宰を務める。2011年にはフラッグ・ショップ「SECOND ROYAL SHOP & PROJECT ROOM」を京都三条にオープン。FM京都αステーションのウイークリー・プログラム「CROSS POINT」のDJも担当している。

 

 

SECOND ROYAL RECORDS

京都発インディーズ・レーベル。これまでHALFBY、HANDSOMEBOY TECHNIQUE、NEW HOUSE、Turntable Films、HOTEL MEXICO、アナ、Homecomings、Seuss、THE FULL TEENZ、Seuss等の作品リリースを手がける。2015年~2016年にかけて月一枚ペースで7インチ・アナログ盤をリリースする企画『SECOND ROYAL 7inch SERIES』を展開。Yogee New Waves、シャムキャッツ夏目知幸ソロ、SaToAなどヴァラエティに富んだアーティストが参加した。

 

Homecomings

 

HALFBY

 

she said

海外レーベル登壇者

 

 

Chris Hund(Paxico)

Paxico was an idea in 2009 that has since evolved into a record label by Christopher Hund. It was predicted in Kansas, founded in Brooklyn, and currently based in Los Angeles. Paxico spans genres of hip hop, funk, jazz, and various forms of electronic music.

 

 

Paxico

https://paxicorecords.com/

 

 

Wylie Cable(Dome of Doom)

Wylie Cable is the founder of Los Angeles based Dome of Doom Records, an independent artist owned label that’s been putting out new experimental and underground music over the past 5 years from many of LA’s finest up-and-comers as well established beat scene veterans (Daedelus, Linafornia, DJ Nobody, Elusive, Space Gang, ELOS, Swisha, to name a few…) After taking a hiatus from producing his own records and focusing on building up the label, Wylie Cable is back with a brand new album entitled Lunatic Bard, which was released September 23rd on Dome of Doom. Lunatic Bard is an intimate journey through the mind of Wylie Vasquez Cable, laced with propulsive bass-laden beats, intricate polyrhythms and live instrumentation balanced with blissed-out samples that provides a delicious mid-tempo melange of sound that is absolutely captivating. Basically, the new album is some serious next level s**t. If you like no holds barred bass-dropping rhythm explosions, then this is for you.

 

Dome of Doom

http://www.domeofdoom.org/

WRITER

RECENT POST

REPORT
【SXSW2023】移りゆくアジアの重心と、裏庭に集う名もなき音楽ラバーたち
REPORT
【SXSW2022】地元に根津いたバカ騒ぎの種火たち、3年ぶりのオースティン探訪
INTERVIEW
あの頃、部室で – 夜音車・頓宮敦がDo It Togetherにつくりあげた果実と、その界隈
INTERVIEW
25万人集まる海外フェスも、30人規模の地元のハコもやることは同じ 手探りで進み続ける、おとぼけビ~…
INTERVIEW
失われた「ジャンク」を求めて – WHOOPEE’Sというハコと、GATTACA / GROWLYの…
INTERVIEW
土龍さん、この10年どうやった? 最小で最愛な私たちのライブハウス、nanoの旅路
COLUMN
未来は僕らの手の中(か?)|テーマで読み解く現代の歌詞
INTERVIEW
“エゴ”だけじゃ形にならない。『フリースタイルな僧侶たち』初代・三代目の編集…
COLUMN
書評企画『365日の書架』4月のテーマ:はなればなれになって
COLUMN
書評企画『365日の書架』3月のテーマ:ここじゃない場所に生まれて
COLUMN
書評企画『365日の書架』1月のテーマ:時間が経つのも忘れて
INTERVIEW
バランスのいい選択肢が無い!!多様な価値観の都市で育った〈汽水空港〉店主・モリテツヤさんが人生の選択…
COLUMN
書評企画『365日の書架』12月のテーマ:もっと読むのが好きになる
COLUMN
【東日本編】ライブハウス・クラブでの思い出のエピソード
COLUMN
【西日本編】ライブハウス・クラブでの思い出のエピソード
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.1:Stars and Rabbit
INTERVIEW
自分たちで責任を取り続けられる企業であるために。FREITAGの創業者Markus Freitag来…
INTERVIEW
台湾インディーシーンの最前線を走り続けるSKIP SKIP BEN BENこと林以樂、初の本名名義と…
COLUMN
【2019年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年09月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年08月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
制作もライブも自然体で。京都のシンガーソングライターいちやなぎインタビュー
COLUMN
【2019年07月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年06月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年05月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年04月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年03月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年02月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年01月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年12月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年11月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年10月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年9月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
Homecomings – Songbirds
INTERVIEW
ボロフェスタ主催のひとり飯田仁一郎に聞く、ナノボロフェスタでトークイベントを行う理由
INTERVIEW
出町座
INTERVIEW
【モーモールルギャバン / ゲイリー・ビッチェ】好きで好きでたまらない!スーパーノアは俺に語らせて!…
INTERVIEW
【くるり / ファンファン】好きで好きでたまらない!スーパーノアは俺に語らせて!3rd mini a…
COLUMN
【2018年7月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年6月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
Siamese Dream – The Smashing Pumpkins
REVIEW
MISS YOU – ナードマグネット
COLUMN
【2018年5月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
「自分たちが面白いことが一番面白い」この二年間の活動の変化を、踊る!ディスコ室町Vo.ミキクワカドに…
COLUMN
【2018年4月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
【SXSW2018】国別に見る、良かったアーティストまとめ
REPORT
【SXSW2018】世界のミュージックフリークスに聞いた、今年のおすすめ出演者
REPORT
【SXSW2018】日本のミュージシャンの世界への接近と、各国のショーケース
COLUMN
ki-ft×アンテナ共同ディスクレビュー企画『3×3 DISCS』
REVIEW
Man Of The Woods – Justin Timberlake
COLUMN
【2018年3月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年2月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
ライブハウス店長・ブッカーが振り返る、2017年ベストアクト
COLUMN
HOLIDAY! RECORDS / 植野秀章が選ぶ、2017年ベストディスク10
COLUMN
【2017年12月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【月一更新・まとめ】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
映画『MOTHER FUCKER』京都みなみ会館 特別先行上映レポート
COLUMN
【2017年10月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ③広島東洋カープ編-
INTERVIEW
【特別企画】ミュージシャン、好きな映画を語る – バレーボウイズ・本日休演・踊る!ディス…
REPORT
【SXSW2017】vol.0 まとめ
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ②音楽編-
REPORT
終わらない孤独な旅で見つけた、彼女の”光”とは?Laura Gibson ジ…
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ①初めてのひとり旅編-
REPORT
the coopeez 『キネマBANPAKU』 @ みなみ会館 2016.05.21
SPOT
朧八瑞雲堂
SPOT
吉靴房
SPOT
BOLTS HARDWARE STORE
REPORT
ナードマグネット – 怒りのデス・ワンマン@天王寺Fireloop 2015.12.20
INTERVIEW
CARD×椎木彩子の関係について:後編
INTERVIEW
CARD×椎木彩子の関係について【前編】
INTERVIEW
鈴木実貴子ズは何故ライブバー&鑪ら場を始めたのか?
REPORT
斑斑(skip skip ben ben) “台湾から来た二人” @公○食堂 2014.11.01
REPORT
スキマ産業vol.39 @ 木屋町UrBANGUILD ライブレポート
REPORT
the coopeez newbalance tour @京都MOJO ライブレポート

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味

「元気で、よかった」シンガーソングライター・黒沼英之が音楽活動を再開すると知って、初めに思ったことだ…

COLUMN
【2024年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

INTERVIEW
Ribet townsは12人組プロジェクトチーム!? 現代社会を楽しく生き抜く処世術を歌う、新作に至った意識の変化

つくづくRibet townsはタフなバンドだと思う。2016年に京都で活動開始した当初から、12人…

REVIEW
大槻美奈『LAND』-愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』

愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』 …