EVENT

ONE MUSIC CAMP 2022

“みんなであそぶフェス” がコンセプトのキャンプインフェスティバル『ONE MUSIC CAMP 2022』が、2022年8月27日(土)と28日(日)の2日間、兵庫県三田市の〈三田アスレチック〉にて開催。現在はラインナップも出揃い、月末の開催を待つばかりだ。

 

新型コロナウイルスの感染拡大や社会情勢の変化により2年連続の開催中止を余儀なくされ、2度のクラウドファンディングにも支えられながら、2019年以来3年ぶりの開催となる『ONE MUSIC CAMP 2022』。3年連続のラインナップとなるサニーデイ・サービスやベルマインツ、安藤裕子や蓮沼執太 & U-zhaanを筆頭に、素晴らしいアーティストが出揃っている。

 

昨年もラインナップされていた浪漫革命やWANG GUNG BANDといった関西ではお馴染みのバンドももちろんのこと、2021年から新体制となった水曜日のカンパネラに、フジロックでも素晴らしいパフォーマンスを披露した注目の若手バンドdownt、タイからの出演となるYONLAPAなど、フレッシュなアーティストも勢揃い。さらに2019年も素晴らしいライブを披露したドミコや奇妙礼太郎、DENIMSなどのまたここで観たかった面々も集まり、まさにこの3年の想いを結集するようなラインナップだ。

Photo by Hiroshi Maeda
Photo by Hiroshi Maeda

だが “みんなであそぶフェス” の真骨頂はここから!会場である〈三田アスレチック〉には、撮影スタッフとともに写真を撮って回るこども参加の企画や、楽器づくりとコマ塗りの木工ワークショップ、プールに入ったりヨガをしたりと数え切れないほどの楽しみが待っている。素晴らしい音楽と雄大な自然に囲まれながら、ぜひあなただけの楽しみを探してみてはいかがだろうか。そしてそれをみんなで分かち合う。それが『ONE MUSIC CAMP 2022』なのだ。

最新の情報はオフィシャルサイトで随時更新されますのでそちらをご確認ください。

ONE MUSIC CAMP 2022 オフィシャルサイト:https://www.onemusiccamp.com

日時

2022年8月27日(土)〜28日(日)

会場

三田アスレチック野外ステージ
兵庫県三田市波豆川(はずかわ)281

チケット

・2日通し入場券:11,000円
・1日入場券+場外UNBY駐車券:11,000円
・1日入場券:8,000円
※場外UNBY駐車場から会場付近のバス停までは無料シャトルバスを利用。
※場外UNBY駐車場は会場まで無料バス+徒歩で30分程度。
イープラス:https://eplus.jp/omc2022/
ローチケ:https://l-tike.com/onemusiccamp/ Lコード「51741」

 

・JR三田駅-会場 往復バスチケット:各日2,000円
https://onemusiccamp2022bus.peatix.com

出演

Afro Begue / ベルマインツ / bonobos / CHAI / カメレオン・ライム・ウーピーパイ / DENIMS / ドミコ / Dos Monos / downt / downy / DYGL / ego apartment / 原田茶飯事と橇 / 蓮沼執太&ユザーン / Jam Fuzz Kid / jizue / 奇妙礼太郎 / KiX Sound System / 礼賛 / 浪漫革命 / SHU / Subway Daydream / SuiseiNoboAz / 水曜日のカンパネラ / サニーデイ・サービス / TENDOUJI / the band apart / WANG GUNG BAND / YONLAPA(Thailand)

出店

【FOOD】
Columbia8 / nomad商会 / ツキノワカレー / 薄伽梵ハヂメ / 天ノカマ/ BeerCafeLaugh’in / ホルモッシュ / タソガレコーヒースタンド / AOZORAto

 

【SHOP】
× azuroy × -アズロイ- / hemp428 / UNBY / DO THE POGO / 708works / RUMCHAI × poesie / Yanagi Wood Works

ワークショップ / 企画

・人気急上昇モルックであそぼう「ONE モルック CUP」開催
・こどもカメラマンプロジェクト
・ツキノワのスパイスから作るカレークラフト
・木であそぼう!「楽器づくり」と「コマ塗り」ワークショップ
・プロ御用達「708works」、大人から子どもが楽しめるレザークラフト
・RumChai x poesie コラボアクセサリーづくり
・波豆川産の竹を使ったマイ箸・マイお椀作り
・ナイトプール
・焚き火
・ONE Morning Yoga(ヨガ)
・ひとさじの調理ワークショップ「アメあそび」
・源泉100%天然温泉「花山乃湯」と提携!
・hemp428 シルクスクリーンで手ぬぐいにプリントしよう!/レザーネームタグを作ろう!
・マシュマロくるくる
・超工作!レーザーカッターや3Dプリンタを組み合わせて自分だけの太鼓をつくろう!

デコレーション

黑田家with FOREHEAD凸 from阿波座ハウス / ヅカデン

主催・お問い合わせ

ONE MUSIC CAMP 運営事務局
info@onemusiccamp.com

WRITER

RECENT POST

REVIEW
downt『SAKANA e.p.』 – 今しかできないことを凝縮した鋭利なバンドサウン…
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.6 Gift
REVIEW
G’ndL『Crocodiles』 – 憂いも迷いも喜びもみんな夢の中
INTERVIEW
今のドイツを国外や他の世代に。『RISIKO』が描くカルチャーの肌触り
INTERVIEW
デモ音源にみる隠せないこだわり アーティストの原点に迫る試聴座談会 with HOLIDAY! RE…
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2021 Day6 – 2021.11.7
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2021 Day1 – 2021.10.29
INTERVIEW
Radioheadのファミリーに憧れて。OAS / Radiohead Nightが描くファンベース…
REPORT
Radiohead Night @ESAKA MUSE イベントレポート
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.5 SUNNY SUNDAY SMILE
REVIEW
NEHANN – New Metropolis
REVIEW
Deep Sea Diving Club – SUNSET CHEEKS feat. M…
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.4:SCHOOL IN LONDON
REVIEW
black midi – Cavalcade
REVIEW
nape’s – embrace foolish love
COLUMN
歌い継がれるエヴァーグリーン|テーマで読み解く現代の歌詞
REPORT
阿部仁知が見たナノボロフェスタ 2020
REVIEW
VANILLA.6 – VANILLA.6
SPOT
Irish pub Shamrock ‘N’ Roll Star
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.3:Potluck Lab.
COLUMN
【Dig!Dug!Asia!】Vol.3 空中泥棒
INTERVIEW
メールインタビュー〜世界は今どうなっているんだろう?〜
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.2:mogran’BAR
SPOT
FLAKE RECORDS
SPOT
Alffo Records
INTERVIEW
もっと広がりたい 再び歩み始めたSSWの現在地 ASAYAKE 01インタビュー
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.1:GROOVER
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.2
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.1
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 1日目
REPORT
black midi live in japan @CLUB METRO ライブレポート
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day3】河内REDS / トクマルシューゴ / 本日休演…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / vol.夜露死苦】And Summer Club / キイ…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day2】ギャーギャーズ / 2 / 踊ってばかりの国 /…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day1】眉村ちあき / fox capture plan…

LATEST POSTS

INTERVIEW
偶発的な出会いを火種に。人と人をつなぎ、価値を創るまちづくりとは

2012年にオープンした〈京都水族館〉を皮切りに、急速に再整備が進んだ梅小路公園。拡張していく梅小路…

COLUMN
【2022年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

REVIEW
ズカイ『ちゃちな夢中をくぐるのさ』 – ネガティブなあまのじゃくが歌う「今日を生きて」

まず16曲入りという点がいい。キレイにまとめるよりも、言いたいことをすべて言うその姿勢は、ズカイの集…

REVIEW
帝国喫茶『帝国喫茶』 – 三者三様の作家性が融合した、帝国喫茶の青春

三者三様の作家性が融合した、帝国喫茶の青春 三者…

REVIEW
ヨットヘヴン『健康快樂』 – 今を楽しく生きようとする生活者の歌

安延沙希子(以下、さっちゃん)の歌は彼女にしか出せない味わいがある。声色はほんのりマット。メロディに…