EVENT

こんがりおんがく祭2022

10月1日(土)に大阪・北加賀屋の〈クリエイティブセンター大阪〉で、3年振りとなる『こんがりおんがく祭2022』が開催。チケット一般発売は9月10日(土)の10時からとなっている。

 

DODDODO、石井モタコ(オシリペンペンズ)、森雄大(neco眠る)による大阪のレーベルこんがりおんがく。昨年秋の『こんがりおんがくマーケット』、今年春の『こんがりおんがく会』と、コロナ禍での試みを模索してきた中、ついに本祭の『こんがりおんがく祭』が復活!ホストの3バンドはもちろんのこと、レーベルメイトのAnd Summer Club、夏目知幸(ex.シャムキャッツ)のソロプロジェクトSummer Eye、そしてどんなベニューも彼の色に染め上げる七尾旅人など、こんがりおんがくとも縁が深いなんとも濃い面々が揃っている。

 

そして気になるのは会場の〈クリエイティブセンター大阪〉だ。例年は〈大阪城野外音楽堂〉でゴールデンウィークの祝祭となっていた『こんがりおんがく祭』だが、クラブシーンの祭典『STAR FESTIVAL』なども行われるこの場所ならではの、程よいレイヴ感が体験できそう。だからこそ意外にも初出演のオニ(あふりらんぽ)や鎮座DOPENESS、ヨーロッパでも活躍するKOPYのステージも期待大!老若男女対応型、琴線なでなでフェスティバル『こんがりおんがく祭2022』がにぎやかす秋の大阪を満喫しよう!

最新の情報は下記でも随時更新されますのでそちらをご確認ください。

こんがりおんがく Twitter:https://twitter.com/kongari_ongaku

こんがりおんがく Instagram:https://www.instagram.com/kongariongaku

日時

2022年10月1日(土)開場 12:00 / 開演 12:30

会場

クリエイティブセンター大阪
大阪市住之江区北加賀屋4丁目1−55

チケット

一般発売:9/10(土)10時〜

¥5,000(税込)

※オールスタンディング、未就学児童保護者同伴入場可、小学生以上要チケット

 

e+(イープラス)チケットぴあ(Pコード:225-610)

 

購入の際は下記もご確認ください。
<新型コロナウイルス感染防止対策ガイドライン~ご来場いただく皆さまへお願い~>

出演

KONG STAGE(STUDIO PARTITA)
オシリペンペンズ / DODDODO BAND / neco眠る / And Summer Club / OGRE YOU ASSHOLE / Summer Eye / 鎮座DOPENESS / 七尾旅人

 

ARI STAGE(OPEN AIR)
北里彰久 / KOPY / オニ(あふりらんぽ) / and more!

 

出店
スタンドプチ / SAU・健康 / 谷口カレー&創作カレーツキノワ / とある / nim. / のざき / hapo / ピンポン食堂 / FOLK old book store / buttah / みうらもたこ / MAKE ONE TWO / ヨコボリ / nvetokki / こんがりおんがく堂 / and more!

 

似顔絵
大橋裕之 / 鈴木裕之 / 堀本勇樹

主催

こんがりおんがく

企画 / 制作

こんがりおんがく / SMASH WEST

お問い合わせ

SMASH WEST 06-6535-5569

WRITER

RECENT POST

REVIEW
くだらない1日『どいつもこいつも』 – 新章を告げる、高値ダイスケの詩情とバンドの確かな…
REVIEW
downt『Underlight & Aftertime』- 紆余の中、やりきれない閉塞か…
REPORT
駆け抜けた一年の果てにとがると見た光 – 12カ月連続企画『GUITAR』Vol.12 ライブレポー…
REVIEW
とがる『この愛が終わったら、さようなら。』 -別れと向き合いながら、それでも共に生きていこうとする
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.7 BRITISH PAVILION OSAKA
REPORT
余暇の別府を満喫する、ユニバーサル観光×クリエイティブ -『おんせん都市型音楽祭 いい湯だな!』イベ…
INTERVIEW
建物を設計・デザインするように曲を作れたら – aldo van eyckインタビュー
INTERVIEW
この苦難の先にGREENJAMがたどり着いた「表現のプラットフォーム」10年目の現在地
INTERVIEW
新フェスティバル『ARIFUJI WEEKENDERS』が描く、自然に囲まれた気軽な週末体験
INTERVIEW
お互いをリスペクトし合いながら切磋琢磨する〈ungulates〉の在り方とは?オーナーKou Nak…
COLUMN
〈ungulates〉作品ガイド
REVIEW
くだらない1日『rebound』 – くだらない日々を迷い翔けるヒーローの肖像
REPORT
ボロフェスタ2022 Day2(11/4 KBS+METRO)- 変わらず全力が似合う21年目の第一…
REVIEW
downt『SAKANA e.p.』 – 今しかできないことを凝縮した鋭利なバンドサウン…
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.6 Gift
REVIEW
G’ndL『Crocodiles』 – 憂いも迷いも喜びもみんな夢の中
INTERVIEW
今のドイツを国外や他の世代に。『RISIKO』が描くカルチャーの肌触り
INTERVIEW
デモ音源にみる隠せないこだわり アーティストの原点に迫る試聴座談会 with HOLIDAY! RE…
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2021 Day6 – 2021.11.7
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2021 Day1 – 2021.10.29
INTERVIEW
Radioheadのファミリーに憧れて。OAS / Radiohead Nightが描くファンベース…
REPORT
Radiohead Night @ESAKA MUSE イベントレポート
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.5 SUNNY SUNDAY SMILE
REVIEW
NEHANN – New Metropolis
REVIEW
Deep Sea Diving Club – SUNSET CHEEKS feat. M…
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.4:SCHOOL IN LONDON
REVIEW
black midi – Cavalcade
REVIEW
nape’s – embrace foolish love
COLUMN
歌い継がれるエヴァーグリーン|テーマで読み解く現代の歌詞
REPORT
阿部仁知が見たナノボロフェスタ 2020
REVIEW
VANILLA.6 – VANILLA.6
SPOT
Irish pub Shamrock ‘N’ Roll Star
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.3:Potluck Lab.
INTERVIEW
FLAKE RECORDS
COLUMN
【Dig!Dug!Asia!】Vol.3 空中泥棒
INTERVIEW
メールインタビュー〜世界は今どうなっているんだろう?〜
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.2:mogran’BAR
INTERVIEW
Alffo Records
INTERVIEW
もっと広がりたい 再び歩み始めたSSWの現在地 ASAYAKE 01インタビュー
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.1:GROOVER
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.2
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.1
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 1日目
REPORT
black midi live in japan @CLUB METRO ライブレポート
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day3】河内REDS / トクマルシューゴ / 本日休演…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / vol.夜露死苦】And Summer Club / キイ…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day2】ギャーギャーズ / 2 / 踊ってばかりの国 /…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day1】眉村ちあき / fox capture plan…

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年4月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

COLUMN
【2024年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…