EVENT

「食と、映画と、音楽と(台湾編)」 OUT OF SIGHT!!! スピンオフイベント

MOVIE 2024.05.01 Written By 堤 大樹

これまで、京都やアジアの地域のカルチャーの萌芽に目を向けて計3号をリリースしてきたANTENNAの自主制作マガジンOUT OF SIGHT!!!。梅雨入り前の5/25(土)、「食と、映画と、音楽と(台湾編)」と題したスピンオフイベントを、代々木上原のCITYLIGHT BOOKさんと共催して行うこととなりました。

 

「アジアに属する日本に住んでいるのに、あまりにアジアの実態を知らないのではないか?」と感じたのがOUT OF SIGHT!!! Vo2,3のテーマをアジアや台湾に設定した理由の一つ。各特集は、「Vol.2 アジアの映画と、その湿度」、「Vol.3 地域と芸術祭と、その前後(台湾編)」として、それぞれ映画やアートなどの特定のカルチャーを中心に据えて企画を立て、取材をしてきました。

 

ただ、誌面だけでは伝えられない現地の温度感があるのもまた事実。そうしたリアルな生活というものを、もう一歩軽やかな形で伝えられないか、そして感じたことをみんなでわいわいと話すことができないかと思ったのが今回イベントを行うに至った経緯です。

 

第一回は台湾編。当日はタイトル通り「食と映画と音楽」が楽しめるイベントを企画しています。

映画は、神戸の映画チア部本部さんが今回のイベントにあわせて『百日告別』をセレクト。加えて、映画の前後には茶酔さんによるお茶会を楽しめるほか、フードは村上大輔さんが魯肉飯を販売する予定です。

 

また、当日はCITYLIGHT BOOKさんが入居するCABOの屋上を特別に借りきっての実験的な上映会となります。梅雨がくる前に、外で気持ちよく映画を見て過ごしませんか?

会場となるCABOの屋上からの風景

イベント詳細

日時

2024年5月25日(土)17:00-21:00
*雨天/暴風時は26日(日)に日程振り替えとなりますことご了承ください

場所

代々木上原 CABO/CITYLIGHT BOOK

https://maps.app.goo.gl/rzUPqL2sH3JsMbb56

定員

30名

チケット

¥4,500
*チケット代には「映画+お茶会への参加費」が含まれています

予約

こちらのPeatixのページより申し込みください

放映予定の映画

妻のシャオウェンと間もなく生まれる子どもを楽しみにしているユー ウェイ。だが、交通事故が運命を大きく変えてしまう。シンミンは婚約を ユーウェイは妻と未だ見ぬ我が子を失ってしまったのだ。人生の羅針盤を失ったかのように立ち尽くす二人。合同葬儀の場で初めてその存在を知った二人は、出口のない悲しみの迷路から抜け出せずにいた。苦しみの中、ユーウェイはピアノ 教師だった妻の生徒たちの家を尋ね歩く…。シンミンは新婚旅行をかねて 新メニューを探しに行くはずだった沖縄 へと旅立つ…。それぞれの旅の先に 待ち受けていたものとは…。

あらすじ:公式Webサイトより

映画チア部 神戸本部(映画のキュレーション)

映画チア部は、神戸・元町映画館を拠点に関西のミニシアターの魅力を伝えるべく結成された学生による映画宣伝隊。さまざまな活動を通してミニシアターの魅力を発信していきます!

👉Webサイト

👉X(旧Twitter)

👉Instagram

茶酔(お茶会主催)

茶酔 (ochayoi) は「お茶酔い」を軸とした茶文化コミュニティ。
何煎も熱茶を飲み続けることによって、カフェインやミネラル、温熱効果でリラックスしながら覚醒する現象「お茶酔い」の体験を広めるべく、茶具制作、茶会イベント、ポッドキャスト、ZINE制作などの様々な活動を展開しています。

👉Webサイト

👉Instagram

ムラカミダイスケ(フード提供)

東京や京都を中心にさまざまなバンドのサポートをこなすサックス奏者でありながら、近年は写真家としての仕事も精力的にこなす。Shibuya 7thFloorで長らくフード提供をしていた経験から、ケータリングまでも守備範囲にするユーティリティプレイヤー。

👉X(旧Twitter)

👉Instagram

CITYLIGHT BOOK(共催パートナー/会場協力)

街の書店を目指し、小さな書店ながらも網羅的な種類の本を扱う「CITYLIGHT BOOK」は、インディペンデントながらも多くのファンを持つ書籍や雑誌などを制作する出版社トゥーヴァージンズの創業から参画していた神永泰宏氏が独立・起業してスタートする書店ブランド。

👉Instagram

WRITER

RECENT POST

REPORT
【SXSW2024】再起や復活とは距離をおく、中堅バンドと継続のすごみ
REPORT
【SXSW2023】移りゆくアジアの重心と、裏庭に集う名もなき音楽ラバーたち
REPORT
【SXSW2022】地元に根付いたバカ騒ぎの種火たち、3年ぶりのオースティン探訪
INTERVIEW
あの頃、部室で – 夜音車・頓宮敦がDo It Togetherにつくりあげた果実と、その界隈
INTERVIEW
25万人集まる海外フェスも、30人規模の地元のハコもやることは同じ 手探りで進み続ける、おとぼけビ~…
INTERVIEW
失われた「ジャンク」を求めて – WHOOPEE’Sというハコと、GATTACA / GROWLYの…
INTERVIEW
土龍さん、この10年どうやった? 最小で最愛な私たちのライブハウス、nanoの旅路
COLUMN
未来は僕らの手の中(か?)|テーマで読み解く現代の歌詞
INTERVIEW
“エゴ”だけじゃ形にならない。『フリースタイルな僧侶たち』初代・三代目の編集…
COLUMN
書評企画『365日の書架』4月のテーマ:はなればなれになって
COLUMN
書評企画『365日の書架』3月のテーマ:ここじゃない場所に生まれて
COLUMN
書評企画『365日の書架』1月のテーマ:時間が経つのも忘れて
INTERVIEW
バランスのいい選択肢が無い!!多様な価値観の都市で育った〈汽水空港〉店主・モリテツヤさんが人生の選択…
COLUMN
書評企画『365日の書架』12月のテーマ:もっと読むのが好きになる
COLUMN
【東日本編】ライブハウス・クラブでの思い出のエピソード
COLUMN
【西日本編】ライブハウス・クラブでの思い出のエピソード
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.1:Stars and Rabbit
INTERVIEW
自分たちで責任を取り続けられる企業であるために。FREITAGの創業者Markus Freitag来…
INTERVIEW
台湾インディーシーンの最前線を走り続けるSKIP SKIP BEN BENこと林以樂、初の本名名義と…
COLUMN
【2019年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年09月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年08月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
制作もライブも自然体で。京都のシンガーソングライターいちやなぎインタビュー
COLUMN
【2019年07月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年06月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年05月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年04月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年03月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年02月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年01月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年12月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年11月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年10月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年9月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
Homecomings – Songbirds
INTERVIEW
ボロフェスタ主催のひとり飯田仁一郎に聞く、ナノボロフェスタでトークイベントを行う理由
INTERVIEW
出町座
INTERVIEW
【モーモールルギャバン / ゲイリー・ビッチェ】好きで好きでたまらない!スーパーノアは俺に語らせて!…
INTERVIEW
【くるり / ファンファン】好きで好きでたまらない!スーパーノアは俺に語らせて!3rd mini a…
COLUMN
【2018年7月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年6月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
Siamese Dream – The Smashing Pumpkins
REVIEW
MISS YOU – ナードマグネット
COLUMN
【2018年5月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
「自分たちが面白いことが一番面白い」この二年間の活動の変化を、踊る!ディスコ室町Vo.ミキクワカドに…
COLUMN
【2018年4月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
【SXSW2018】国別に見る、良かったアーティストまとめ
REPORT
【SXSW2018】世界のミュージックフリークスに聞いた、今年のおすすめ出演者
REPORT
【SXSW2018】日本のミュージシャンの世界への接近と、各国のショーケース
COLUMN
ki-ft×アンテナ共同ディスクレビュー企画『3×3 DISCS』
REVIEW
Man Of The Woods – Justin Timberlake
COLUMN
【2018年3月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年2月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
ライブハウス店長・ブッカーが振り返る、2017年ベストアクト
COLUMN
HOLIDAY! RECORDS / 植野秀章が選ぶ、2017年ベストディスク10
COLUMN
【2017年12月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【月一更新・まとめ】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
映画『MOTHER FUCKER』京都みなみ会館 特別先行上映レポート
COLUMN
【2017年10月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ③広島東洋カープ編-
INTERVIEW
【特別企画】ミュージシャン、好きな映画を語る – バレーボウイズ・本日休演・踊る!ディス…
REPORT
【SXSW2017】vol.0 まとめ
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ②音楽編-
REPORT
終わらない孤独な旅で見つけた、彼女の”光”とは?Laura Gibson ジ…
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ①初めてのひとり旅編-
REPORT
the coopeez 『キネマBANPAKU』 @ みなみ会館 2016.05.21
SPOT
朧八瑞雲堂
SPOT
吉靴房
SPOT
BOLTS HARDWARE STORE
REPORT
ナードマグネット – 怒りのデス・ワンマン@天王寺Fireloop 2015.12.20
INTERVIEW
CARD×椎木彩子の関係について:後編
INTERVIEW
CARD×椎木彩子の関係について【前編】
INTERVIEW
鈴木実貴子ズは何故ライブバー&鑪ら場を始めたのか?
REPORT
斑斑(skip skip ben ben) “台湾から来た二人” @公○食堂 2014.11.01
REPORT
スキマ産業vol.39 @ 木屋町UrBANGUILD ライブレポート
REPORT
the coopeez newbalance tour @京都MOJO ライブレポート

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

COLUMN
【2024年6月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

REVIEW
GOFISH『GOFISH』 – 独白と連動し、鮮明に躍動する風景

名古屋を拠点に活動するテライショウタのプロジェクト、GOFISHによる通算7枚目のアルバムにしてセル…

INTERVIEW
こぼれ落ちてゆくものに眼差しを向けるーリクオがこの世界で想像力を維持していくための『リアル』

コロナ禍以降に生まれ、ライブで磨き上げられた楽曲に込められた、音楽への愛、社会への違和感、一人の人間…

COLUMN
「すでにそこにある」不気味さ—立花光による空間展示『壁抜け』【見て跳ぶための芸術 Vol.1】

記事企画「見て跳ぶための芸術」は、京都で活動する批評家・森脇透青が、おもに関西を中心として、視覚的な…