EVENT

【開催延期】SLOW DAYS

4月11日(土)と12日(日)に開催が予定されていた『SLOW DAYS』は、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大に伴い、開催が延期されました。現状では2020年7月18日(土)と7月19日(日)での開催が予定されています。最新情報については下記をご確認ください。

 

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter
清水温泉

春真っ盛りの2020年4月11日(土)と4月12日(日)、服部緑地野外音楽堂にて開催される『SLOW DAYS』。大阪では2回目の開催となる今回は2日間をゆったりと使い、まさに花盛りという表現が似合うような旬の12組のパフォーマンスが予定されている。

 

ソウルやジャズのエッセンスを現代に伝導する田島貴男(ORIGINAL LOVE)を筆頭に、ゆったりと祝祭を彩るオルガンインストゥルメンタルバンドのYOUR SONG IS GOODや、アンニュイな旅情を纏うMONO NO AWAREがラインナップされる1日目。さらにスリーピースの無敵感が凝縮された羊文学や、ファンキーなグルーヴの申し子東郷清丸のパフォーマンスも楽しみ。瑞々しくも情感あふれるバンドサウンドを奏でるCody・Lee(李)を観ながら春の風を感じるのも気持ちが良さそうだ。

2日目は今や国内のみならず世界に飛び出すTempalay流サイケサウンドに揺られ、モダンR&Bの鬼才TENDREの卓越したマルチプレイに舌鼓をうち、ドミコが奏でるエレキ、リリック、ドラムのキレの3乗に圧倒される。DENIMSの明快なギターポップに興奮し、切実に「いま、ここ」を奏で続けるHomecomingsとROTH BART BARONのパフォーマンスはここでしか感じられない体験となること間違いなしだ。

至極の12組とともに服部緑地の風と緑を堪能できる贅沢な2日間。昨今の情勢を鑑みると無事に開催されてほしいと祈るばかりで、最新情報は各自Webサイトをチェックしてほしいところだが、まさに“SLOW DAYS”の名前の通りのんびり音楽に浸る、ゆったりとした週末を過ごしてみてはいかがだろうか。

日時

2020年7月18日(土)、7月19日(日)開催予定

OPEN 11:00 / START 11:30 CLOSE 18:30(予定)

会場

〒561-0873 大阪府豊中市服部緑地1-1

服部緑地野外音楽堂

出演

7月18日(土)

田島貴男(ORIGINAL LOVE)、YOUR SONG IS GOOD、MONO NO AWARE、羊文学、東郷清丸、Cody・Lee(李)

7月19日(日)

Tempalay、TENDRE、ドミコ、DENIMS、Homecomings、ROTH BART BARON

 

*出演者や日割り組み合わせが変更になる場合があります。

Webサイト

SLOW DAYS

主催

FM802

制作

ATFIELD inc. / 清水音泉

お問い合わせ

清水音泉

TEL:06-6357-3666(平日12:00~17:00)

MAIL:info@shimizuonsen.com

WRITER

RECENT POST

REVIEW
くだらない1日『どいつもこいつも』 – 新章を告げる、高値ダイスケの詩情とバンドの確かな…
REVIEW
downt『Underlight & Aftertime』- 紆余の中、やりきれない閉塞か…
REPORT
駆け抜けた一年の果てにとがると見た光 – 12カ月連続企画『GUITAR』Vol.12 ライブレポー…
REVIEW
とがる『この愛が終わったら、さようなら。』 -別れと向き合いながら、それでも共に生きていこうとする
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.7 BRITISH PAVILION OSAKA
REPORT
余暇の別府を満喫する、ユニバーサル観光×クリエイティブ -『おんせん都市型音楽祭 いい湯だな!』イベ…
INTERVIEW
建物を設計・デザインするように曲を作れたら – aldo van eyckインタビュー
INTERVIEW
この苦難の先にGREENJAMがたどり着いた「表現のプラットフォーム」10年目の現在地
INTERVIEW
新フェスティバル『ARIFUJI WEEKENDERS』が描く、自然に囲まれた気軽な週末体験
INTERVIEW
お互いをリスペクトし合いながら切磋琢磨する〈ungulates〉の在り方とは?オーナーKou Nak…
COLUMN
〈ungulates〉作品ガイド
REVIEW
くだらない1日『rebound』 – くだらない日々を迷い翔けるヒーローの肖像
REPORT
ボロフェスタ2022 Day2(11/4 KBS+METRO)- 変わらず全力が似合う21年目の第一…
REVIEW
downt『SAKANA e.p.』 – 今しかできないことを凝縮した鋭利なバンドサウン…
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.6 Gift
REVIEW
G’ndL『Crocodiles』 – 憂いも迷いも喜びもみんな夢の中
INTERVIEW
今のドイツを国外や他の世代に。『RISIKO』が描くカルチャーの肌触り
INTERVIEW
デモ音源にみる隠せないこだわり アーティストの原点に迫る試聴座談会 with HOLIDAY! RE…
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2021 Day6 – 2021.11.7
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2021 Day1 – 2021.10.29
INTERVIEW
Radioheadのファミリーに憧れて。OAS / Radiohead Nightが描くファンベース…
REPORT
Radiohead Night @ESAKA MUSE イベントレポート
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.5 SUNNY SUNDAY SMILE
REVIEW
NEHANN – New Metropolis
REVIEW
Deep Sea Diving Club – SUNSET CHEEKS feat. M…
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.4:SCHOOL IN LONDON
REVIEW
black midi – Cavalcade
REVIEW
nape’s – embrace foolish love
COLUMN
歌い継がれるエヴァーグリーン|テーマで読み解く現代の歌詞
REPORT
阿部仁知が見たナノボロフェスタ 2020
REVIEW
VANILLA.6 – VANILLA.6
SPOT
Irish pub Shamrock ‘N’ Roll Star
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.3:Potluck Lab.
INTERVIEW
FLAKE RECORDS
COLUMN
【Dig!Dug!Asia!】Vol.3 空中泥棒
INTERVIEW
メールインタビュー〜世界は今どうなっているんだろう?〜
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.2:mogran’BAR
INTERVIEW
Alffo Records
INTERVIEW
もっと広がりたい 再び歩み始めたSSWの現在地 ASAYAKE 01インタビュー
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.1:GROOVER
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.2
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.1
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 1日目
REPORT
black midi live in japan @CLUB METRO ライブレポート
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day3】河内REDS / トクマルシューゴ / 本日休演…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / vol.夜露死苦】And Summer Club / キイ…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day2】ギャーギャーズ / 2 / 踊ってばかりの国 /…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day1】眉村ちあき / fox capture plan…

LATEST POSTS

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…

INTERVIEW
2024年台湾音楽シーンを揺らす、ローカルフェスとその原動力―『浮現祭 Emerge Fest』主催者・老諾さんインタビュー

2024年2月24,25日の土日に、台中〈清水鰲峰山運動公園〉で音楽フェス『浮現祭 Emerge F…

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…