NEWS

Homecomingsが完全受注生産のスペシャル・ボックスセット『STAIRS』をオフィシャルサイト限定で発売!

MUSIC DESIGN BOOKS PR 2020.08.07 Written By 阿部 仁知

Homecomingsが初のボックスセット『STAIRS』を発売。オフィシャル・サイト限定での完全受注生産で、受注受付期間は2020年9月25日23:59まで、発送時期は10〜11月頃の予定。

 

自粛期間中、畳野彩加(Gt / Vo)の弾き語りライブ配信やファンからの質問に答える配信を、毎週行っていたHomecomings。その中で福富優樹(Gt)は、「待っているだけで毎日が少し楽しくなるような、なにか形のあるものを届けることはできないか」と考えるようになったという。そんな想いが詰まったボックスセットは、まるでセットの内容を考えている4人の顔が浮かぶようなワクワクがたくさん詰まった内容となっている。

 

外装のボックスは京都の貼箱専門店〈BOX&NEEDLE〉特製で、イラストはHomecomingsのアートワークを手掛け福富原作の漫画『CONFUSED!』の作画もつとめたサヌキナオヤが担当している。その中に入っているのは、まずダウンロードコード付きのポストカード。こちらは2019年4月に〈東京キネマ倶楽部〉にて行われたストリングス隊を迎えた8人編成のライブ音源が収録されている。そしてそのライブ音源から“Blue Hour”とDaniel Johnston(ダニエル・ジョンストン)のカバー“Living Life”を収録した7インチアナログ盤も同梱。

さらに、結成から現在までを振り返ったメンバー4人による座談会などを収録した大ボリュームのSPECIAL ZINE『Homecomings 2012-2019』に、ボックスのメインビジュアルをあしらったオリジナルトートバッグ、2種類から選べるTシャツと盛り沢山な内容。それに加えて、このボックスセット限定のライブDVD『Live Recording at Tokyo Kinema Club 2019.4.20 and Tokyo Liquid Room 2019.12.22』に、A3ポスター、メンバーがそれぞれ自宅で制作を行った楽曲を8曲収録したサントラCD-R『LETTERS』も封入と、豪華絢爛なセットとなっている。

 

例年にない不安も相まって暑さもより一層身を灼くような今年の夏だが、秋に望みを持ち越しながら、Homecomingsとともに乗り切っていこうではないか。発表に併せて公開された『STAIRS』特設サイトには、各アイテムの詳細や福富によるコラムも掲載しているので、こちらもぜひチェックしよう。

『STAIRS』特設サイト: http://homecomings.jp/stairs/
『STAIRS』受注受付:http://shop.secondroyal.com/?mode=grp&gid=2430245&sort=n

『STAIRS』

 

 

アーティスト:Homecomings
仕様:完全受注生産ボックスセット
受注受付期間:〜 2020年9月25日(金)23:59
発送:10〜11月頃を予定
価格:¥15,000(税抜き、DAISY T-SHIRTS 2020)

   ¥15,500(税抜き、COMFORT COLORS DAISY T-SHIRTS)

 

内容

・POSTCARD with DOWNLOAD
・7inch ANALOG

・SPECIAL ZINE
・TOTE-BAG
・T-SHIRTS
・LIVE DVD *BOX SET ONLY
・A3 POSTER *BOX SET ONLY
・CD-R 『LETTERS』 *BOX SET ONLY

WRITER

RECENT POST

REVIEW
くだらない1日『どいつもこいつも』 – 新章を告げる、高値ダイスケの詩情とバンドの確かな…
REVIEW
downt『Underlight & Aftertime』- 紆余の中、やりきれない閉塞か…
REPORT
駆け抜けた一年の果てにとがると見た光 – 12カ月連続企画『GUITAR』Vol.12 ライブレポー…
REVIEW
とがる『この愛が終わったら、さようなら。』 -別れと向き合いながら、それでも共に生きていこうとする
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.7 BRITISH PAVILION OSAKA
REPORT
余暇の別府を満喫する、ユニバーサル観光×クリエイティブ -『おんせん都市型音楽祭 いい湯だな!』イベ…
INTERVIEW
建物を設計・デザインするように曲を作れたら – aldo van eyckインタビュー
INTERVIEW
この苦難の先にGREENJAMがたどり着いた「表現のプラットフォーム」10年目の現在地
INTERVIEW
新フェスティバル『ARIFUJI WEEKENDERS』が描く、自然に囲まれた気軽な週末体験
INTERVIEW
お互いをリスペクトし合いながら切磋琢磨する〈ungulates〉の在り方とは?オーナーKou Nak…
COLUMN
〈ungulates〉作品ガイド
REVIEW
くだらない1日『rebound』 – くだらない日々を迷い翔けるヒーローの肖像
REPORT
ボロフェスタ2022 Day2(11/4 KBS+METRO)- 変わらず全力が似合う21年目の第一…
REVIEW
downt『SAKANA e.p.』 – 今しかできないことを凝縮した鋭利なバンドサウン…
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.6 Gift
REVIEW
G’ndL『Crocodiles』 – 憂いも迷いも喜びもみんな夢の中
INTERVIEW
今のドイツを国外や他の世代に。『RISIKO』が描くカルチャーの肌触り
INTERVIEW
デモ音源にみる隠せないこだわり アーティストの原点に迫る試聴座談会 with HOLIDAY! RE…
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2021 Day6 – 2021.11.7
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2021 Day1 – 2021.10.29
INTERVIEW
Radioheadのファミリーに憧れて。OAS / Radiohead Nightが描くファンベース…
REPORT
Radiohead Night @ESAKA MUSE イベントレポート
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.5 SUNNY SUNDAY SMILE
REVIEW
NEHANN – New Metropolis
REVIEW
Deep Sea Diving Club – SUNSET CHEEKS feat. M…
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.4:SCHOOL IN LONDON
REVIEW
black midi – Cavalcade
REVIEW
nape’s – embrace foolish love
COLUMN
歌い継がれるエヴァーグリーン|テーマで読み解く現代の歌詞
REPORT
阿部仁知が見たナノボロフェスタ 2020
REVIEW
VANILLA.6 – VANILLA.6
SPOT
Irish pub Shamrock ‘N’ Roll Star
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.3:Potluck Lab.
INTERVIEW
FLAKE RECORDS
COLUMN
【Dig!Dug!Asia!】Vol.3 空中泥棒
INTERVIEW
メールインタビュー〜世界は今どうなっているんだろう?〜
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.2:mogran’BAR
INTERVIEW
Alffo Records
INTERVIEW
もっと広がりたい 再び歩み始めたSSWの現在地 ASAYAKE 01インタビュー
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.1:GROOVER
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.2
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.1
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 1日目
REPORT
black midi live in japan @CLUB METRO ライブレポート
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day3】河内REDS / トクマルシューゴ / 本日休演…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / vol.夜露死苦】And Summer Club / キイ…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day2】ギャーギャーズ / 2 / 踊ってばかりの国 /…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day1】眉村ちあき / fox capture plan…

LATEST POSTS

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…

INTERVIEW
2024年台湾音楽シーンを揺らす、ローカルフェスとその原動力―『浮現祭 Emerge Fest』主催者・老諾さんインタビュー

2024年2月24,25日の土日に、台中〈清水鰲峰山運動公園〉で音楽フェス『浮現祭 Emerge F…

COLUMN
【2024年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…