NEWS

岡村詩野を講師に迎えて行う『ライティング・ワークショップ(音楽編)』を2020年2月に開講。全2回、少人数の講座で「文章表現」を磨く。

MUSIC 2020.01.08 Written By 堤 大樹

ライティング・ワークショップ(音楽編)の概要

2018年の夏、2019年の春に行ってきた『音楽ライター講座 in 京都』が、『ライティング・ワークショップ(音楽編)』に名称を変更し、より実践的な学び舎として2020年2月に開講。引き続き講師には岡村詩野を迎え、「文章表現」に向き合う全2回の講座を実施します。

 

『音楽ライター講座 in 京都』シリーズは、「音楽のディティールを正確に捉え、またそれを言語化するための素養を身につけること」を目的に2018年夏に第一期を開催。「この音楽、なんかいいんだけどうまく説明できない」というあなたの好きや感性を分析し、より多くの人に伝えるためのノウハウを学んできました。

 

『ライティング・ワークショップ(音楽編)』では、『音楽ライター講座 in 京都』で大切にしてきた音楽知識のインプットを尊重しながらも、より「書く・表現する」といった行為にフォーカスして講座を行います。事前に設けられた課題に対して文章を書き、また少人数の講座ならではの丁寧なフィードバックを得ることでそれぞれの文章表現を磨きます。

 

2018年夏に行った音楽ライター講座 in 京都【初級編】のレポートはこちら

ライティング・ワークショップ(音楽編)の特徴

1. 書くこと、表現をすることに特化した全2回の集中講座

今まで全5回で行ってきた『音楽ライター講座 in 京都』とは違い、全2回での実施となります。2020年2月は自らの文章に向き合う時間として集中してみてはいかがでしょうか。

2. 定員5名の少人数制度

一人ひとりが書いてきた原稿に対して十分な時間をかけてフィードバックを行うために、定員5名の少人数の講座として実施します。

3. 完成した原稿はANTENNAへ掲載

2回目の講義での課題原稿をアンテナへ掲載する予定です。これからライターとしてやっていきたい、実績を増やしたいという方は奮ってご参加ください。

4. Slackを用いたオンラインコミュニティへの参加

講座からのお知らせはSlackというツールを通じて行います。お知らせを受けるだけでなく、原稿の相談や情報交換をすることも可能。また気の合うメンバーを探すオンラインコミュニティとしても自由に使用いただけます。

講師紹介

音楽評論家。『TURN』(turntokyo.com)編集長。

京都精華大学ポピュラーカルチャー学部非常勤講師。FM京都(α-STATION)『Imaginary Line』(日曜21時)パーソナリティ。

『ミュージック・マガジン』『AERA.dot』『朝日新聞』『OTOTOY』『VOGUE NIPPON』など多数のメディアで執筆中。

音楽ライター講座は東京(オトトイの学校)で定期的に開催中。東京での次回開催は2月22日、23日。

講座の詳細

講座名

ライティング・ワークショップ(音楽編)

2020年冬期講座

日時

第1回:02/14(金)19:30-22:00
第2回:02/28(金)19:30-22:00

会場

CON-TENNA

 

〒604-8261

京都府京都市中京区油小路通御池下る式阿弥町130番地

SHIKIAMI CONCON No.2

講師

岡村 詩野

内容

第一回:2/14(金)

 

テーマ:音楽ライティングにおける文章表現の向上

課題:「2020年、私は今年このアーティストに期待する」(1000文字)

 

1限(19:30〜20:15)

講義+演習:伝えるための表現力

2限(20:20〜20:55)

講義+リスニング:音楽の歴史と出会う①
3限(21:00〜22:00)

演習:課題テキスト論評会

 

第二回:2/28(金)

 

テーマ:音楽ライティングにおけるリサーチと解析の必要性

課題原稿:「今年のSXSW出演バンド、私ならこれを観る」(1000文字)

 

1限(19:30〜20:15)

講義+演習:リサーチにおける対象の相対化
2限(20:20〜20:55)

講義+リスニング:音楽の歴史と出会う②
3限(21:00〜22:00)

演習:課題テキスト論評会

募集人数

5名

 

※応募人数が定員を超える場合は、これまでに書いた原稿や作品を参考に参加の可否を判断させていただく可能性がありますことご理解・ご了承いただけますと幸いです。

※上記連絡は、1/31(金)にご連絡差し上げます。

※キャンセルの場合は、早めに上記旨ご連絡いただきますようお願いいたします。

料金

全2回:¥4,000

 

※料金は第一回参加時に現金にてお支払いいただきます。

申し込み

下部の申込みフォーム、もしくはこちらより以下ご記入の上ご連絡ください。

 

入力必須項目

 

件名:ライティング・ワークショップ(音楽編)参加申し込み

本文:

お名前

電話番号

メールアドレス

これまでに書いた原稿・作品(ファイルの添付も可能です)

主催

アンテナ

お申込みはこちら

WRITER

RECENT POST

COLUMN
未来は僕らの手の中(か?)|テーマで読み解く現代の歌詞
INTERVIEW
“エゴ”だけじゃ形にならない。『フリースタイルな僧侶たち』初代・三代目の編集…
COLUMN
書評企画『365日の書架』4月のテーマ:はなればなれになって
COLUMN
書評企画『365日の書架』3月のテーマ:ここじゃない場所に生まれて
COLUMN
書評企画『365日の書架』1月のテーマ:時間が経つのも忘れて
INTERVIEW
バランスのいい選択肢が無い!!多様な価値観の都市で育った〈汽水空港〉店主・モリテツヤさんが人生の選択…
COLUMN
書評企画『365日の書架』12月のテーマ:もっと読むのが好きになる
COLUMN
【東日本編】ライブハウス・クラブでの思い出のエピソード
COLUMN
【西日本編】ライブハウス・クラブでの思い出のエピソード
COLUMN
【Dig! Dug! Asia!】Vol.1:Stars and Rabbit
INTERVIEW
自分たちで責任を取り続けられる企業であるために。FREITAGの創業者Markus Freitag来…
INTERVIEW
台湾インディーシーンの最前線を走り続けるSKIP SKIP BEN BENこと林以樂、初の本名名義と…
COLUMN
【2019年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年09月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年08月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
制作もライブも自然体で。京都のシンガーソングライターいちやなぎインタビュー
COLUMN
【2019年07月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年06月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年05月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年04月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年03月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年02月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2019年01月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年12月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年11月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年10月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年9月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
Homecomings – Songbirds
INTERVIEW
ボロフェスタ主催のひとり飯田仁一郎に聞く、ナノボロフェスタでトークイベントを行う理由
SPOT
出町座
INTERVIEW
【モーモールルギャバン / ゲイリー・ビッチェ】好きで好きでたまらない!スーパーノアは俺に語らせて!…
INTERVIEW
【くるり / ファンファン】好きで好きでたまらない!スーパーノアは俺に語らせて!3rd mini a…
COLUMN
【2018年7月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年6月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
Siamese Dream – The Smashing Pumpkins
REVIEW
MISS YOU – ナードマグネット
COLUMN
【2018年5月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
「自分たちが面白いことが一番面白い」この二年間の活動の変化を、踊る!ディスコ室町Vo.ミキクワカドに…
COLUMN
【2018年4月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
【SXSW2018】国別に見る、良かったアーティストまとめ
REPORT
【SXSW2018】世界のミュージックフリークスに聞いた、今年のおすすめ出演者
REPORT
【SXSW2018】日本のミュージシャンの世界への接近と、各国のショーケース
COLUMN
ki-ft×アンテナ共同ディスクレビュー企画『3×3 DISCS』
REVIEW
Man Of The Woods – Justin Timberlake
COLUMN
【2018年3月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2018年2月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
ライブハウス店長・ブッカーが振り返る、2017年ベストアクト
COLUMN
HOLIDAY! RECORDS / 植野秀章が選ぶ、2017年ベストディスク10
COLUMN
【2017年12月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【月一更新・まとめ】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
映画『MOTHER FUCKER』京都みなみ会館 特別先行上映レポート
COLUMN
【2017年10月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ③広島東洋カープ編-
INTERVIEW
【特別企画】ミュージシャン、好きな映画を語る – バレーボウイズ・本日休演・踊る!ディス…
REPORT
【SXSW2017】vol.0 まとめ
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ②音楽編-
REPORT
終わらない孤独な旅で見つけた、彼女の”光”とは?Laura Gibson ジ…
COLUMN
俺の人生、三種の神器 -堤大樹 ①初めてのひとり旅編-
REPORT
the coopeez 『キネマBANPAKU』 @ みなみ会館 2016.05.21
SPOT
朧八瑞雲堂
SPOT
吉靴房
SPOT
BOLTS HARDWARE STORE
REPORT
ナードマグネット – 怒りのデス・ワンマン@天王寺Fireloop 2015.12.20
INTERVIEW
CARD×椎木彩子の関係について:後編
INTERVIEW
CARD×椎木彩子の関係について【前編】
INTERVIEW
鈴木実貴子ズは何故ライブバー&鑪ら場を始めたのか?
REPORT
斑斑(skip skip ben ben) “台湾から来た二人” @公○食堂 2014.11.01
REPORT
スキマ産業vol.39 @ 木屋町UrBANGUILD ライブレポート
REPORT
the coopeez newbalance tour @京都MOJO ライブレポート

LATEST POSTS

REVIEW
STUTS & 松たか子 with 3exes – Presence

編集部による月1合評レビュー。今月のお題目は、フジテレビ系(関西テレビ制作)で放送された坂元裕二・脚…

COLUMN
たなからルーツ Shelf_02 - ナルコレプシン 坂田直樹 –

第2回目は、福岡を拠点に活動するナルコレプシン坂田直樹の棚を探ります。 …

INTERVIEW
つくるひとが二人、はみ出す創作を語る-井戸健人×畠山健嗣 対談

バンド・スーパーノアを2004年より率いながら、2011年のイツキライカ名義から始動したソロ活動も今…

REVIEW
NEHANN – New Metropolis

僕らは未だ「2020年」の渦中にいる。「2年振り」に望みを託す(あるいは託せなくなった)数々の大型イ…

COLUMN
【2021年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…