NEWS

ドイツの音楽マガジン『RISIKO』が第2号に向けたクラウドファンディングを実施!

ドイツのアンダーグラウンド / オルタナティヴな音楽シーンの「今」を紹介するベルリン拠点のインディペンデントマガジン『RISIKO(リジコ)』が、第2号「Issue 2 “KRAUTIE”」へ向けたクラウドファンディング「Support RISIKO magazine」を9月9日(木)まで実施中。

 

前回のクラウドファンディングを経て、2021年2月に創刊号をリリースした日英バイリンガルマガジンの『RISIKO』。関西では大阪のAlffo RecordsやFOREVER RECORDS、ANTENNAのWebショップmallでも取り扱い、日本とドイツの垣根を越え注目を集めた。

 

第2号のテーマは「クラウトロック」。国もスタイルも異なる“KRAUTIE”なアーティストたちをピックアップし、彼らの好きなものやプライベートにフォーカスして、ちょっと違う視点からクラウトロックを紐解く。そして、サブテーマは「コミュニケーション」。アーティスト同士、アーティスト × 読者、RISIKO × 読者間のコミュニケーションを記録する。クラウトロックを知っている人も知らない人も楽しめる、『RISIKO』にしかできないクラウトロック特集号だ。

集まった支援金は次号の制作費などへ回されるほか、支援者にはオリジナルトートバッグやTシャツ、ロングスリーブシャツなど支援金額ごとのリターンが用意されている。「RISIKO Issue 2 “KRAUTIE”」は10月にドイツ、11月に日本でリリース予定。参加ミュージシャンによる応援メッセージも必見だ。

 

創刊号「Issue 1 “WALL”」に続いてドイツ音楽の真髄クラウトに迫る『RISIKO』。音楽だけではなく、料理や動物、ショッピングなどさまざまな角度から描くドイツ文化に、ぜひこの機会に触れてみよう。

クラウドファンディング「Support RISIKO Issue 2 “KRAUTIE”」特設ページ

期間:〜9月9日(木)
https://www.kickstarter.com/projects/risikomagazine/support-risiko-issue-2-krautie

RISIKO magazine

クラウトロック、ノイエ・ドイチェ・ヴェレ、ハンブルガー・シューレ、 そして現在まで。ドイツのアンダーグラウンド / オルタナティヴな 音楽シーンの「今」を紹介するインディペンデントマガジン。

 

第2号「RISIKO Issue 2 “KRAUTIE”」参加ミュージシャン

Camera / Claudia Skoda / Damo Suzuki / Gruff Rhys (Super Furry Animals) / Hans-Joachim Roedelius (Cluster / Harmonia) / Harald Grosskopf / Kotsuguy (Kikagaku Moyo) / Marja Burchard (Embryo) / Michael Rother (NEU! / Kraftwerk / Harmonia) / Milzbrandt / Sei Still / Sonic Boom (Spacemen 3 / Spectrum / E.A.R) / Alessio Vitelli / Hiroshi Iguchi / Rosa Kammermeier / Yuri Osuka / Will Sweeney / Oska Wald / Wolfgang Müller

 

発行:年2回
判型:W182mm × H257mm
頁数:56ページ(TBA)
言語:日英バイリンガル

 

Instagram:https://www.instagram.com/risikomagazine/
Facebook:https://www.facebook.com/risikomagazine
Twitter:https://twitter.com/risikomagazine
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCyhhWTm2cTgWu7x0WzMY19w/videos

WRITER

RECENT POST

REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.5 SUNNY SUNDAY SMILE
REVIEW
NEHANN – New Metropolis
REVIEW
Deep Sea Diving Club – SUNSET CHEEKS feat. M…
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.4:SCHOOL IN LONDON
REVIEW
black midi – Cavalcade
REVIEW
nape’s – embrace foolish love
COLUMN
歌い継がれるエヴァーグリーン|テーマで読み解く現代の歌詞
REPORT
阿部仁知が見たナノボロフェスタ 2020
REVIEW
VANILLA.6 – VANILLA.6
SPOT
Irish pub Shamrock ‘N’ Roll Star
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.3:Potluck Lab.
COLUMN
【Dig!Dug!Asia!】Vol.3 空中泥棒
INTERVIEW
メールインタビュー〜世界は今どうなっているんだろう?〜
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.2:mogran’BAR
SPOT
FLAKE RECORDS
SPOT
Alffo Records
INTERVIEW
もっと広がりたい 再び歩み始めたSSWの現在地 ASAYAKE 01インタビュー
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.1:GROOVER
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.2
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.1
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 1日目
REPORT
black midi live in japan @CLUB METRO ライブレポート
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day3】河内REDS / トクマルシューゴ / 本日休演…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / vol.夜露死苦】And Summer Club / キイ…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day2】ギャーギャーズ / 2 / 踊ってばかりの国 /…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day1】眉村ちあき / fox capture plan…

LATEST POSTS

COLUMN
【2021年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【カルト映画研究会:第10回】ブリグズビー・ベアー(Brigsby Bear)

現在コロナ禍で全国の大学生はいわゆるキャンパスライフを謳歌できない状況である。自分が勤務する大学でも…

COLUMN
【2021年9月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.5 SUNNY SUNDAY SMILE

今回は〈京都CLUB METRO〉を拠点にこの秋に10周年を迎えるインディー / オルタナティブDJ…

COLUMN
MEET ONE’S LOOK 誰かの視点に出会う – 旅と文化をテーマにした本 –

ANTENNAが運営するmallのレーベルとして2020年12月に始動したWANDERLUST BO…