EVENT

ARIFUJI WEEKENDERS 2024

MUSIC 2024.03.08 Written By 阿部 仁知

5月18日(土)に兵庫県三田市の〈有馬富士公園 休養ゾーン〉で、昨年の初開催に続いて2回目となる『ARIFUJI WEEKENDERS 2024』が開催される。

 

同じく兵庫県三田市の夏の名物野外フェス『ONE MUSIC CAMP』の主催チームによる、春の日帰りフェス『ARIFUJI WEEKENDERS』。筆者も昨年ボランティアスタッフとして参加したが、兵庫県最大級の都市公園の芝生で、ライブやさまざまなアクティビティ、光のインスタレーションを楽しむ思い思いの姿が印象的だった。例えば『FUJI ROCK FESTIVAL』のようなガッツリした遠出や『ONE MUSIC CAMP』のようなキャンプインとも違い、“週末にちょっと特別なフェス体験”と掲げる通りの「ちょっとしたお出かけ」の雰囲気が魅力的なフェスだ。音楽を遠くに聴きながら、公園に併設されている世界的な彫刻家の新宮晋氏による風で動く彫刻「風のミュージアム」で、憩いの時間を過ごすのもその一つだろう。

そういった雰囲気はラインナップにもよく現れている。現在のところ第二弾まで発表され、RIP SLYME、水曜日のカンパネラ、OKAMOTO’S、神聖かまってちゃん、 YOUR SONG IS GOOD、chelmico、梅田サイファー、荒谷翔大の出演が決定。『ONE MUSIC CAMP』はもう少しインディー寄りのコアなラインナップな印象があるが、『ARIFUJI WEEKENDERS』はさまざまな年齢層に開かれたよりポップでキャッチーな面々となっている。

 

昨年も出演した水曜日のカンパネラOKAMOTO’Sは、ロックキッズやインディー好きに関わらず幅広い層の参加者が楽しんでいる様子が見られたし、RIP SLYMEなんかは“楽園ベイベー”世代のお父さんお母さんと子どもたちが一緒になって楽しむ姿もすんなりイメージできるだろう。また、昨年の『ONE MUSIC CAMP』で急遽代打出演した神聖かまってちゃんも、あのひりつくようなパフォーマンスとも一味違う、ポップに開かれた持ち味を見せてくれるのではないだろうか。『ONE MUSIC CAMP』も第一弾アーティストが発表されたところだが、その違いを楽しむのも一興だろう。

さらに日本最大級の音楽フェス情報サイトFestival Lifeの編集長で、4月に『フェス旅: 日本全国音楽フェスガイド』の出版を控える津田昌太朗氏と、兵庫県出身で『ARIFUJI WEEKENDERS』の公式アンバサダーを務めるモデルの雪見みと氏の2人によるトークイベントも決定。そして、フェスティバルの余韻とともにキャンプで一夜を過ごすアフターパーティ『Twilight Camp』も開催されるそう。小学生以下無料なのも嬉しいところで、お子さんのフェスデビューにもうってつけな『ARIFUJI WEEKENDERS』。ぜひ春のお出かけの一つとして“週末にちょっと特別なフェス体験”を考えてみてはいかがだろうか。

 

最新の情報は下記でも随時更新されますのでそちらをご確認ください。

 

Webサイト:https://arifuji.com
X(旧Twitter):https://twitter.com/ArifujiW
Instagram:https://www.instagram.com/arifuji_weekenders/

ARIFUJI WEEKENDERS 2024

日程

2024年5月18日(土)
※雨天決行(荒天中止)

会場

有馬富士公園 休養ゾーン(兵庫県三田市尼寺968)
※JR新三田駅で下車 専用のバス停まで徒歩1分 無料往復バスで約10分

出演

RIP SLYME / 水曜日のカンパネラ / OKAMOTO’S / 神聖かまってちゃん / YOUR SONG IS GOOD / chelmico / 梅田サイファー / 荒谷翔大(band set)/ and more!

※3月8日現在

料金

入場券:¥8,800(税込)
学割入場券:¥7,300(税込)
オフィシャルグッズ付きホテルプラン¥:18,000(税込)

※小学生以下無料

 

〈アフターパーティTwilight Camp〉

入場券:¥2,500(税込)
オートキャンプ券:1組¥15,000(税込)
キャンプ券:1組¥10,000(税込)
手ぶら de キャンプ券:1組¥20,000(税込)
※小学生以下無料

購入

チケット:チケットぴあ / e / ローチケ
オフィシャルグッズ付きホテルプラン:Peatix
アフターパーティTwilight Camp:Peatix

主催・企画・制作

株式会社ONE

後援

兵庫県 / 三田市 / 三田市商工会 / (公財)兵庫県園芸・公園協会

WRITER

RECENT POST

REVIEW
くだらない1日『どいつもこいつも』 – 新章を告げる、高値ダイスケの詩情とバンドの確かな…
REVIEW
downt『Underlight & Aftertime』- 紆余の中、やりきれない閉塞か…
REPORT
駆け抜けた一年の果てにとがると見た光 – 12カ月連続企画『GUITAR』Vol.12 ライブレポー…
REVIEW
とがる『この愛が終わったら、さようなら。』 -別れと向き合いながら、それでも共に生きていこうとする
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.7 BRITISH PAVILION OSAKA
REPORT
余暇の別府を満喫する、ユニバーサル観光×クリエイティブ -『おんせん都市型音楽祭 いい湯だな!』イベ…
INTERVIEW
建物を設計・デザインするように曲を作れたら – aldo van eyckインタビュー
INTERVIEW
この苦難の先にGREENJAMがたどり着いた「表現のプラットフォーム」10年目の現在地
INTERVIEW
新フェスティバル『ARIFUJI WEEKENDERS』が描く、自然に囲まれた気軽な週末体験
INTERVIEW
お互いをリスペクトし合いながら切磋琢磨する〈ungulates〉の在り方とは?オーナーKou Nak…
COLUMN
〈ungulates〉作品ガイド
REVIEW
くだらない1日『rebound』 – くだらない日々を迷い翔けるヒーローの肖像
REPORT
ボロフェスタ2022 Day2(11/4 KBS+METRO)- 変わらず全力が似合う21年目の第一…
REVIEW
downt『SAKANA e.p.』 – 今しかできないことを凝縮した鋭利なバンドサウン…
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.6 Gift
REVIEW
G’ndL『Crocodiles』 – 憂いも迷いも喜びもみんな夢の中
INTERVIEW
今のドイツを国外や他の世代に。『RISIKO』が描くカルチャーの肌触り
INTERVIEW
デモ音源にみる隠せないこだわり アーティストの原点に迫る試聴座談会 with HOLIDAY! RE…
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2021 Day6 – 2021.11.7
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2021 Day1 – 2021.10.29
INTERVIEW
Radioheadのファミリーに憧れて。OAS / Radiohead Nightが描くファンベース…
REPORT
Radiohead Night @ESAKA MUSE イベントレポート
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.5 SUNNY SUNDAY SMILE
REVIEW
NEHANN – New Metropolis
REVIEW
Deep Sea Diving Club – SUNSET CHEEKS feat. M…
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.4:SCHOOL IN LONDON
REVIEW
black midi – Cavalcade
REVIEW
nape’s – embrace foolish love
COLUMN
歌い継がれるエヴァーグリーン|テーマで読み解く現代の歌詞
REPORT
阿部仁知が見たナノボロフェスタ 2020
REVIEW
VANILLA.6 – VANILLA.6
SPOT
Irish pub Shamrock ‘N’ Roll Star
REPORT
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.3:Potluck Lab.
INTERVIEW
FLAKE RECORDS
COLUMN
【Dig!Dug!Asia!】Vol.3 空中泥棒
INTERVIEW
メールインタビュー〜世界は今どうなっているんだろう?〜
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.2:mogran’BAR
INTERVIEW
Alffo Records
INTERVIEW
もっと広がりたい 再び歩み始めたSSWの現在地 ASAYAKE 01インタビュー
INTERVIEW
【もっと身近なクラブカルチャー】vol.1:GROOVER
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.2
COLUMN
お歳暮企画 | アンテナとつくる2019年の5曲 Part.1
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
阿部仁知が見たボロフェスタ2019 1日目
REPORT
black midi live in japan @CLUB METRO ライブレポート
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day3】河内REDS / トクマルシューゴ / 本日休演…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / vol.夜露死苦】And Summer Club / キイ…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day2】ギャーギャーズ / 2 / 踊ってばかりの国 /…
REPORT
【阿部仁知の見たボロフェスタ2018 / Day1】眉村ちあき / fox capture plan…

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年4月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

COLUMN
【2024年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
「キテレツで王様になる」SuperBack『Pwave』のキュートなダンディズムに震撼せよ

2017年に結成、京都に現れた異形の二人組ニューウェーブ・ダンスバンドSuperBack。1st ア…

REPORT
台湾インディーバンド3組に聞く、オリジナリティの育み方『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(後編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。本稿では…

REPORT
観音廟の真向かいで最先端のジャズを。音楽と台中の生活が肩を寄せ合う『浮現祭 Emerge Fest 2024』レポート(前編)

2019年から台湾・台中市で開催され、今年5回目を迎えた『浮現祭 Emerge Fest』。イベント…