NEWS

マーライオンがミニアルバム『マーライオンバンド』を配信リリース

MUSIC PR 2020.05.08 Written By 乾 和代

5月6日(水)に2年ぶりとなるセカンド・ミニアルバム『マーライオンバンド』を配信リリースしたシンガー・ソングライターのマーライオン。彼の誕生日である3月3日を皮切りに“ばらアイス(BAND ver.)”、“息抜きしようよ”、“キャベツの千切り”と3ヵ月連続で配信シングルのリリースをアナウンスしていたが、この3曲に今まで制作してきた楽曲をプラスし、満を持してミニアルバムとして完成させたのだ。

 

『マーライオンバンド』と名付けれた本作は、韓国のイラストレーターHizzeoniが手掛けたジャケットのイラストを見てもわかるように、演奏メンバーとして参加した面々が描かれている。ベースは米津玄師作のFoorin“パプリカ”で演奏したことでも知られる厚海義朗、トランペットは荒谷響、フルートは池田若菜、サックスには大谷能生をゲストに迎え、編曲・キーボード・ドラムは石川浩輝が担当。そして、エンジニアはトリプルタイムスタジオの岩田純也、マスタリングは日本を代表するアンビエントの巨匠Chihei hatakeyamaが参加している。

 

さて、そんな今回の配信リリースに先駆け、川本真琴、篠原良彰(ラッキーオールドサン)からは次のようなマーライオン愛あふれるメッセージが届けられた。

マーライオン君の音楽は、晴れてる日の午後だったり、夕方だったり、
夜は9時に寝る感じだと思う。
なんだか安心で天然な人柄が、
現代の闇社会、闇個人を
さっくりゴミ箱にぽいして永遠削除しくれるような気さえする。
マーライオンのマフラーはあったかいんだろう。
マーライオンの風呂温度はすこし高めの42度だろうか。

川本真琴

マーライオンはロマンチックな男だ。
彼にはこの街が、銀行強盗を共犯した恋人と、アフターファイブに逃げ込んだローカル・テーマパークのように映っているのかもしれない。
豪華なゲストプレイヤーの演奏で、更に色彩を深めた詩情が眩しい作品です。

 

ラッキーオールドサン
篠原良彰

今回のアルバムリリースに伴い、8日(金)19時より自身がラジオのパーソナリティを務める番組『マーライオンのにやにやRadio』にてエピソード100回記念Podcast版ボイスライナーノーツも公開される。こちらも併せて、5曲ながらも振れ幅の大きい楽曲たちを体感してみてはいかがだろうか。

作品情報

 

アーティスト:マーライオン
タイトル:『マーライオンバンド』
発売日:2020/05/06

1曲価格:¥250-(税抜)
フォーマット:ダウンロード配信 / ストリミーング配信

レーベル:NIYANIYA RECORDS

カタログNo.:NYNY-005

購入リンク:Apple musicSpotifyiTunes Store

 

収録曲

01. シャッターチャンスを君にあげるよ(ALBUM ver.)
02. ばらアイス(BAND ver.)
03. スロウムード(BAND ver.)
04. 息抜きしようよ
05. キャベツの千切り

WRITER

Recent Posts

INTERVIEW
Vol.2 民族楽器 ねじれが生んだ、今“ポップ”なサムピアノとは
REPORT
京都音楽博覧会 2020 in 拾得 オンライン ‟配心”ライブレポート
REVIEW
くるり – thaw
INTERVIEW
『?』から『Hotokeno』へ。オオルタイチ20周年の軌跡
REPORT
京都音楽博覧会 2019 in 梅小路公園 ライブレポート
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P6:『ギア -GEAR-』プロデューサー】小原啓渡
ART
REPORT
くるり『列島ウォ~リャ~Z』ツアーファイナル @磔磔 ライブレポート
INTERVIEW
私たちがアンテナをやる理由。【副編集長・フォトグラファー岡安編】
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P5:音響ケーブル職人】タケウチコウボウ / 竹内良太
INTERVIEW
『下鴨ボーイズドントクライ』篠田知典監督インタビュー 彼の作品に映し出される”リアル”を形づくるもの…
REPORT
『音楽ライター講座』特別トーク・イベントレポート レコーディング・エンジニア谷川充博が教えてくれた、…
COLUMN
【くるりメジャーデビュー20周年 特別企画】君は12枚を選べるか?くるりファン3人による くるりアル…
REPORT
京都音楽博覧会2018 in 梅小路公園 ライヴレポート
REVIEW
Laura Gibson – Empire Builder
REVIEW
The Velvet Rope – Janet Jackson

LATEST POSTS

COLUMN
【2021年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
CIFIKA – HANA

動き続けて、自分の在りかを射止めた第1章 動き続…

REVIEW
Homecomings – Herge

Homecomingsが5月12日にメジャーデビューアルバム『Moving Days』をリリースする…

COLUMN
書評企画『365日の書架』4月のテーマ:はなればなれになって

出会いと別れ、それぞれが人生につきものですが「はなればなれ」になるからこそ持っていたものの価値に気が…

INTERVIEW
もどかしくもシンプルを求めトガっていく。シャンモニカが語る『トゲトゲぽっぷ』

シャンモニカのライブを初めて観たのは2019年6月。吉祥寺シルバーエレファントで行われた、ANTEN…