NEWS

THE TREESが新曲“海がきこえる”を配信リリース。SaToAを迎えて自主企画も開催

MUSIC 2023.01.20 Written By 柴田 真希

2021年にデビューアルバム『Reading Flowers』をリリースし話題を呼んだ、インディーポップバンド・THE TREESが約1年半振りの新曲“海がきこえる”を2月1日(水)に配信リリースする。

 

本楽曲は前アルバムから引き続き、菅原慎一(SAMOEDO)がプロデュースを手掛けた。煌びやかなギターサウンドが伸びやかな有馬嵩将(Vo / Gt)の歌に寄り添い、懐かしさと好きな人への想いを閉じ込めたような温かい1曲となっている。

 

また自主企画『Younger Than Yesterday vol.2』を〈下北沢BASEMENTBAR〉で2月19日(日)に開催することも決定。スリーピースバンド・SaToAを迎え休日の昼を彩る。予約はバンドのメールアドレスにて受付中。

有馬嵩将(THE TREES)コメント

 

環境が少しずつ変わっていくたびに、自分だけ置いていかれているような寂しさを感じる日々が続く中でも、巡り合った人々への愛情を忘れないようにこの曲を書きました。
1stアルバムのリリースの頃から力を貸してくれているNOTTのみんなの協力でまた作品を皆様のもとにお届けできます。NOTTのみんな本当にありがとう。
ほんの少しだけでいいから旅にでる勇気を皆様と共有できれば一歩踏み出せるはず。この曲を聴いて皆様の中にある「海」が煌めきだす力になれたら嬉しいです。

海がきこえる

 

アーティスト:THE TREES
仕様:デジタル
レーベル:NOTT
リリース:2023年2月1日(水)
配信リンク:https://FRIENDSHIP.lnk.to/Umigakikoeru

Younger Than Yesterday vol.2

日時

2023年2月19日(日)開場 12:00 / 開演 12:30

会場

下北沢BASEMANTBAR

〒155-0032 東京都世田谷区代沢5丁目18−1

料金

前売 ¥2,000 / 当日 ¥2,400(+1drink)

出演

THE TREES / SaToA

チケット予約

b_t_tree@yahoo.co.jp

上記メールアドレスに「お名前」「枚数」をお送りください。

THE TREES

 

有馬 嵩将(Vo / Gt)、荏原 優太郎(Gt / Cho)、山本 諒(Dr)からなる、千葉県出身のメンバーを中心に結成したギターポップ・バンド。日本語での歌詞を大切にした暖かみのある楽曲を鳴らし、2017年にCD+ZINE作品『Olive EP』を自主リリース。写真家、勝呂 亮伍と共作したCD+ZINE作品『KIDS EP』、『Breakfast Club』を2年連続でリリースするなどリリース形態に拘り作品リリースを続ける。2019年には〈下北沢BASEMENTBAR〉にて初の自主企画『Younger Than Yesterday』を開催し、大成功を収めた。2021年6月23日、元シャムキャッツの菅原慎一をプロデューサーに迎えたデビューアルバム『Reading Flowers』をリリース。そして2023年2月1日には新曲“海がきこえる”を配信リリースする。

 

Twitter:https://twitter.com/the_trees_band

Instagram:https://www.instagram.com/band_the_trees/

WRITER

RECENT POST

REVIEW
鈴木青『始まりはいつもこんなポップス』 – 灰ではなく、炭になる燃え方を
COLUMN
【2023年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
一人きりでの宅録を突き詰めた先で開いた、オーケストラの彩り – 高知在住SSW・ハナカタマサキ『Sm…
COLUMN
【2022年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
照らされるんじゃない、輝くんだ – 加速する「BRIGHT PUNK」バンド MINAM…
COLUMN
【2022年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
50 pears『Wave Biograph』 – バンドは、小さな波が集合して生み出す大きな波
COLUMN
【2022年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
くぐり『形』 – 解放を志向し、現世を超越した存在となる
COLUMN
【2022年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
雨が降って虹が出るまで、ミュージカル映画のような23分間 – ソウルベイベーズ『Soulbabies…
COLUMN
【2022年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
肩書きを外した“人と人”の交流 ーー『逆光』須藤蓮監督が見つけた、地に足ついた宣伝の原理
REVIEW
かりんちょ落書き“海が満ちる” – 灯台の光のように、目的地を照らす歌
COLUMN
【2022年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
qoomol “You are so Claire” -『ミッド・サマー』に通じるアンビバレンスな芸…
COLUMN
【2022年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
みらんとLIGHTERSーー“猫”映画の公開記念イベント・ライブレポート
INTERVIEW
【第一回】音楽のラッピングーーグラフィックデザイナー・TYD™️(豊田由生)
INTERVIEW
京都の〈外〉から来て5年、確信とエラーで進む空間現代の現在地
INTERVIEW
アーティストが集まる理由ーー代表・番下さんに聞いた、bud musicが描くフラットな関係性
INTERVIEW
鈴木青が放つ、目の前の影を柔らげる光の歌
REVIEW
crap clap – ノスタルジー
COLUMN
今、どんな風が吹いている?|テーマで読み解く現代の歌詞
COLUMN
「あなたはブサイクだから」の呪い|魔法の言葉と呪いの言葉

LATEST POSTS

INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2022-世田谷ほっつき歩き編

シンガーソングライター石指拓朗の一年の活動を総括するインタビュー『年鑑 石指拓朗』。2018年に開始…

REVIEW
鈴木青『始まりはいつもこんなポップス』 – 灰ではなく、炭になる燃え方を

等身大の歌詞と力強い歌で聴いた人の背中を押す、東京を拠点に活動するシンガーソングライターの鈴木青。2…

COLUMN
【2023年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【2023年1月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

COLUMN
ANTENNA Writer’s Voice #6

ANTENNAライター陣の近頃おもしろかったもの・ことを週替わりでざっくばらんに紹介する、『ANTE…