NEWS

ロボピッチャーが17年ぶりにアルバム『起死回生』をリリース。京都・東京でライブも開催

MUSIC 2023.04.21 Written By 乾 和代

体験型謎解きゲームの先駆けといえる『リアル脱出ゲーム』を運営する会社SCRAPの代表を務める加藤隆生。そして『リアル脱出ゲーム』のほぼすべての楽曲を手掛ける伊藤忠之を中心に京都で結成されたバンドがロボピッチャーだ。京都で今なお続く音楽フェス『ボロフェスタ』の創設メンバーでもある加藤だが、2010年この『ボロフェスタ』のステージ上にて、ロボピッチャーの活動休止を発表した。

 

そんな彼らがアルバム『起死回生』 を2023年4月12日にリリースした。1stアルバム『アリバイと40人の盗賊』(2006年)以来、実に17年ぶりとなる本作には『リアル脱出ゲーム』のエンディングとしてお馴染みの”限りある世界で”や、ついに音源化されたレア楽曲”つぎ見る雲が一番きれい”をはじめ全9曲が収録されている。

 

しかも、 CD限定でここでしか解けない謎解きもついてくるというのだ。音楽ファンにも謎解きファンにもうれしい1枚といえるだろう。

 

Apple Musicはこちら

このリリースを機に、京都〈磔磔〉と東京〈下北沢BASEMENT BAR〉にてレコ発ツアーの開催も決定している。CDについている謎以上に、謎のベールに包まれているロボピッチャーの今。彼らがどんな音を鳴らしてくれるのか、ぜひその目で確かめてほしい。

ロボピッチャーpresents『起死回生ツアー』京都公演

日時

2023年4月29日(土)
open 18:00 / start 19:00

会場

磔磔

料金

¥3,000 / 当日:¥3,500(+ 1drink) 配信:¥2,500

チケット

イープラス
ロボピッチャー・オフィシャルウェブサイト

ロボピッチャーpresents『起死回生ツアー』東京公演

日時

2023年5月21日(日)
open 12:00 / start 12:30

会場

下北沢 Basement Bar

料金

¥3,500 / 当日:¥4,000(+ 1drink)

チケット

イープラス
スクチケ(東京公演のみ)
ロボピッチャー・オフィシャルウェブサイト

起死回生

アーティスト:ロボピッチャー
仕様:CD、デジタル
リリース:2023年4月12日(水)

レーベル:SCRAP RECORDS

 

収録曲

01.限りある世界で

02.LoveSong

03.ファティコ

04.ロマンチック探偵

05.パンダーマン

06.今日僕手紙を全部焼いたよ

07.タングラム
08.Question Repeater

09.つぎ見る雲が一番きれい

 

※CD限定オリジナル謎解き付き!!

ロボピッチャー

写真左から森 崇(Drums / Chorus)、有田 さとこ(Bass / Chorus)、伊藤 忠之(Keyboards / Programming / Chorus)、加藤 隆生(Vocal / Guitar)京都で音楽活動をしていた加藤を中心に集まった4人からなるポップバンド。2002年1月に結成。2010年に活動休止を発表したが、その後2012年に復活。2021年には突如復活ライブを行い、2023年、ついに満を持して2006年以 来となる17年ぶりのアルバム『起死回生』リリース。
公式サイト:http://www.robopitcher.com/

 

■SCRAPとは?

2008年、株式会社SCRAP設立。遊園地やスタジアムを貸し切ってリアル脱出ゲームを作ったり、本やアプリ、TV番組にも謎をしか け、企業の謎解きプロモーション企画をお手伝いしているうちに、すっかり謎イベントの制作会社として世間に認知されてしまった京都 出身のフリーペーパー制作会社(しかもフリーペーパーは絶賛休刊中)。勢いに乗ってファンクラブ「少年探偵SCRAP団」も結成。テレビ局・レコード会社などともコラボレーションを行い、常に新しいエンター テインメントを生み出し続けている。
公式サイト→https://www.scrapmagazine.com/

 

■リアル脱出ゲームとは?

2004年に発表された「クリムゾンルーム」というネットの無料ゲームを発端に、爆発的に盛り上がった「脱出ゲーム」。そのフォーマット をそのままに現実 世界に移し替えた大胆な遊びが「リアル脱出ゲーム」。マンションの1室や廃校、廃病院、そして東京ドームや六本 木ヒルズなど、様々な場所で開催されている。07年に初開催して以降、現在までで1090万人以上を動員している。日本のみならず上 海、台湾、シンガポールやサンフランシスコなど全世界で参加者を興奮の渦に巻き込み、男女問わずあらゆる世代を取り込む、今大 注目の体験型エンターテインメントである。
※「リアル脱出ゲーム」は株式会社SCRAPの登録商標です。

公式サイト→https://realdgame.jp/ 

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2023年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
くるりの原点に戻れる場所〈拾得〉でみせたバンドとしての最新型
COLUMN
【2023年3月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
3年越し、初の磔磔のワンマンでCuBerryが開いた未来への扉
COLUMN
【2023年1月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年12月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年11月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
ボロフェスタ2022 Day1(11/3)-帰ってきた、ライブハウスと地続きの“日常”
REPORT
京都音楽博覧会2022 in 梅小路公園 ライブレポート
COLUMN
【2022年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
人と人をつなぎ価値を創る。『京都音楽博覧会』を起点に拡がる、足立毅が目指すまちづくりとは
COLUMN
【2022年9月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
乾和代の見たナノボロ2022 day1
COLUMN
【2022年8月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年7月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年3月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
「くるりの25回転」のライブ感を配信でも届けたい!~エンジニア谷川充博の音づくりの舞台裏~
COLUMN
【2022年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
カタチを変えて巡り合う、CuBerryと音楽のルーツたち
INTERVIEW
よそ者がつなげた京都のシーン ‐ 折坂悠太と重奏 –
REPORT
乾和代が見たボロフェスタ2021 Day5– 2021.11.6
REPORT
京都音楽博覧会2021 at 立命館大学 オンラインライブレポート
REVIEW
くるり – 天才の愛
INTERVIEW
街並みを守っているのは誰?今知りたい、景観のはなし
INTERVIEW
Vol.2 民族楽器 ねじれが生んだ、今“ポップ”なサムピアノとは
REPORT
京都音楽博覧会 2020 in 拾得 オンライン ‟配心”ライブレポート
REVIEW
くるり – thaw
INTERVIEW
『?』から『Hotokeno』へ。オオルタイチ20周年の軌跡
REPORT
京都音楽博覧会 2019 in 梅小路公園 ライブレポート
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P6:『ギア -GEAR-』プロデューサー】小原啓渡
ART
REPORT
くるり『列島ウォ~リャ~Z』ツアーファイナル @磔磔 ライブレポート
INTERVIEW
私たちがアンテナをやる理由。【副編集長・フォトグラファー岡安編】
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P5:音響ケーブル職人】タケウチコウボウ / 竹内良太
INTERVIEW
『下鴨ボーイズドントクライ』篠田知典監督インタビュー 彼の作品に映し出される”リアル”を形づくるもの…
REPORT
『音楽ライター講座』特別トーク・イベントレポート レコーディング・エンジニア谷川充博が教えてくれた、…
COLUMN
【くるりメジャーデビュー20周年 特別企画】君は12枚を選べるか?くるりファン3人による くるりアル…
REPORT
京都音楽博覧会2018 in 梅小路公園 ライヴレポート
REVIEW
Laura Gibson – Empire Builder
REVIEW
The Velvet Rope – Janet Jackson

LATEST POSTS

INTERVIEW
「大阪を代表するバンドになりたい」ショーウエムラ(アフターアワーズ)が語る、地元に育てられたバンドマンとしての自負

アフターアワーズのライブを初めて観たのは2017年5月6日の『祝春一番』。〈服部緑地野外音楽堂〉の大…

REPORT
【SXSW2023】移りゆくアジアの重心と、裏庭に集う名もなき音楽ラバーたち

2年ぶりとなった昨年のSXSWに引き続き、今年も3月に2023年もオースティンでイベントを楽しむこと…

COLUMN
【2023年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
oOo『New Jeans』- 陰と陽が織りなすイノセントなセカイ

2022年4月に結成した、大阪を拠点に活動する4人組バンドoOo(オー)。結成1年余りではあるが、2…

COLUMN
【2023年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…