NEWS

「岡村詩野 音楽ライター講座」は5月23日より初のオンライン講座を開講

MUSIC PR 2020.05.18 Written By 乾 和代

アンテナ主催の京都音楽ライター講座の講師としてもおなじみ、音楽評論家の岡村詩野。東京では音楽への造詣を深めライティングを通じて「表現」の方法を学ぶ「音楽ライター講座」をOTOTOYの主催で定期的に開講している。

 

5月23日(土)よりはじまる「音楽ライター講座」(全5回)は、現在の情勢に配慮し、Zoomを使用した初のオンライン講座として実施されることとなった。今回のカリキュラムは、「なぜ東京は音楽の町になりえたのか」をテーマに、音楽ライティングの基礎から応用までをじっくりと学びながら、実際に原稿を執筆する実践的なものだ。最終回となる7月18日(土)には、宇川直宏(DOMMUNE)のゲスト登壇が決定。2010年に、世界的評価を誇る日本初のライヴ・ストリーミング・スタジオ「DOMMUNE」を立ち上げ、最近では渋谷PARCO9階に「SUPER DOMMUNE」をオープンさせたことでも話題の宇川を招いて、岡村による公開インタビューも行われる。

 

ライティングの経験者から、音楽を聴いた時に感じる思いを言葉にしたいという初心者まで、音楽を軸に深く学ぶことができ、毎回好評を博しているこの講座。今までは東京だからと断念していた人も、今回はオンライン講座だから心配はいらない。パソコンとネット環境さえあれば、受講が可能だ。できないことばかりに目が向きがちな世の中ではあるが、今だからできることもある。この機会にぜひ、音楽を言葉で表現することに、じっくりと向き合ってみてはいかがだろうか。

岡村詩野音楽ライター講座最終回、ゲスト講師の宇川直宏(DOMMUNE)が東京の音楽を語るトーク部分を限定公開

「なぜ東京は音楽の町になりえたのか」をテーマに、現在ZOOMを使用したオンライン講座として開催中の『岡村詩野音楽ライター講座 5月期』。7月18日(土)に開催される5月期の最終回には、宇川直宏(DOMMUNE)がゲスト講師として登壇するが、宇川氏が登壇するトーク部分に参加できる枠の申し込み受付が開始された。

 

この枠に申し込むことで、『岡村詩野音楽ライター講座 5月期』を受講していなくてもZoomを使ったオンラインでの宇川氏岡村氏のトーク・セッションを聴くことが可能となる。現在のコロナ禍でますます注目を集めるライヴ・ストリーミングの先駆者とも言える宇川氏のトークを直接聴くことができる貴重な機会となっている。

 

この機会に、ぜひ参加してみてはいかがだろうか。

岡村詩野

東京生まれ京都育ちの音楽評論家。京都精華大学ポピュラーカルチャー学部非常勤講師。FM京都(α-STATION)『Imaginary Line』(日曜21時)パーソナリティ。『ミュージック・マガジン』『朝日新聞』『VOGUE NIPPON』『AERA.dot』『YAHOO!』『OTOTOY』など多数のメディアで執筆中。2017年、ウェブ・メディア『TURN』をスタート。Helga Press名義でイベント企画をしている他、2016年には京都の若手音楽家を集めたコンピレーションCDもリリース。音楽ライター講座を東京(オトトイの学校)で定期的に、京都でも不定期に開催。

宇川直宏

1968年香川県生まれ。映像、グラフィックデザイン、VJ、文筆、キュレーションなど多岐にわたって活動。2010年3月に立ち上げたライブストリーミングチャンネル「DOMMUNE」は、宇川自身がキュレーションを手がけ、多種多彩なトーク、国内外のDJのプレイ、ライブなどを月曜日から木曜日まで、毎日平均5時間にわたり配信。2015年には「高松メディアアート祭」のゼネラル・ディレクターおよびキュレーター、「アルスエレクトロニカ」のサウンドアート部門審査員も務めた。

岡村詩野音楽ライター講座 2020年5月期

日時

2020年5月23日 (土) 13:00〜16:00
2020年6月06日 (土) 13:00〜16:00
2020年6月20日 (土) 13:00〜16:00
2020年7月04日 (土) 13:00〜16:00

2020年7月18日 (土) 13:00〜16:00(宇川直宏 ゲスト登壇※)

※宇川氏の登壇は、13:00~14:30を予定。

受講料

事前申し込み

全日程通し ¥22,000(税込)

単回      ¥4,500(税込)

 

当日申し込み

全日程通し ¥23,000(税込)
単回      ¥4,800(税込)

 

最終回受講料

全編参加(事前申し込み) ¥4,500円(税込)
トーク部分参加      ¥2,000円(税込)

お申し込み

岡村詩野音楽ライター講座 <2020年5月期> 特設ページ

Webサイト

OTOTOY https://ototoy.jp/

WRITER

RECENT POST

REPORT
京都音楽博覧会2021 at 立命館大学 オンラインライブレポート
REVIEW
くるり – 天才の愛
INTERVIEW
街並みを守っているのは誰?今知りたい、景観のはなし
INTERVIEW
Vol.2 民族楽器 ねじれが生んだ、今“ポップ”なサムピアノとは
REPORT
京都音楽博覧会 2020 in 拾得 オンライン ‟配心”ライブレポート
REVIEW
くるり – thaw
INTERVIEW
『?』から『Hotokeno』へ。オオルタイチ20周年の軌跡
REPORT
京都音楽博覧会 2019 in 梅小路公園 ライブレポート
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P6:『ギア -GEAR-』プロデューサー】小原啓渡
ART
REPORT
くるり『列島ウォ~リャ~Z』ツアーファイナル @磔磔 ライブレポート
INTERVIEW
私たちがアンテナをやる理由。【副編集長・フォトグラファー岡安編】
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P5:音響ケーブル職人】タケウチコウボウ / 竹内良太
INTERVIEW
『下鴨ボーイズドントクライ』篠田知典監督インタビュー 彼の作品に映し出される”リアル”を形づくるもの…
REPORT
『音楽ライター講座』特別トーク・イベントレポート レコーディング・エンジニア谷川充博が教えてくれた、…
COLUMN
【くるりメジャーデビュー20周年 特別企画】君は12枚を選べるか?くるりファン3人による くるりアル…
REPORT
京都音楽博覧会2018 in 梅小路公園 ライヴレポート
REVIEW
Laura Gibson – Empire Builder
REVIEW
The Velvet Rope – Janet Jackson

LATEST POSTS

REPORT
京都音楽博覧会2021 at 立命館大学 オンラインライブレポート

緑の芝生が広がる梅小路公園をステージに、2007年からはじまったくるり主催の京都音楽博覧会(以下、音…

COLUMN
【2021年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【2021年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
折坂悠太 – 心理

月の初めにお届けする、編集部によるクロスレビュー。今月の作品は折坂悠太3枚目のアルバム『心理』です。…

REVIEW
ズカイ – たくさん願い溢れて

大阪の5人組バンド・ズカイについて、筆者は前作ミニアルバム『毎日が長すぎて』のレビューで「ニヒルなピ…