NEWS

高知の音楽家・ハナカタマサキが、ニューアルバム『Small Melodies』を10月12日にリリース。アルバムアートワークとティザー映像を公開

MUSIC 2022.09.16 Written By 柴田 真希

音楽家のハナカタマサキが、ニューアルバム『Small Melodies』を10月12日に発売する。“future”や“Circus”といったシングル曲を始めとして、高知の自宅スタジオで3年半の制作期間を経て完成した全12曲が収録されている。牧歌的で色とりどりのハナカタワールドが堪能できる、何年経っても色あせないだろう1枚だ。

 

 

 

YouTubeではティザー映像が公開された。また、10月5日までオンラインストア・PENTACOASTSHOPでの予約購入者を対象に、アルバム未収録曲“My Memories”収録のCD-Rが付属するという。アートワークもハナカタ本人が手掛けているというから、ブックレットも含めて堪能したい。

Small Melodies

 

アーティスト:ハナカタマサキ
発売:2022年10月12日
フォーマット:CD
価格:¥3,300
レーベル:PENTACOAST

 

収録曲

1. Sky
2. .future
3. ヒューマノイド
4. SmalMelody
5. すずめ交響曲
6. 予報
7. Zoetrope
8. Relief
9. Circus
10. 車窓
11. HolyOwl
12. 光のなか

 

特設サイトはこちら
予約はこちら

ハナカタマサキ

 

作詞・作曲、ほぼ全ての楽器の演奏、プログラミングから録音、アートワーク、アニメーション制作までを一人で行い、 独自のポップミュージックをつくり出す音楽家 / アニメーター。 玩具などを使用したミニマルから、エレクトロニカ、フォーク、フルオーケストレーションまで多彩なサウンドを纏った楽曲を制作している。

 

Webサイト:https://masakihanakata.com/
Twitter:https://twitter.com/MasakiHanakata

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2022年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
照らされるんじゃない、輝くんだ – 加速する「BRIGHT PUNK」バンド MINAM…
COLUMN
【2022年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
50 pears『Wave Biograph』 – バンドは、小さな波が集合して生み出す大きな波
COLUMN
【2022年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
くぐり『形』 – 解放を志向し、現世を超越した存在となる
COLUMN
【2022年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
雨が降って虹が出るまで、ミュージカル映画のような23分間 – ソウルベイベーズ『Soulbabies…
COLUMN
【2022年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
肩書きを外した“人と人”の交流 ーー『逆光』須藤蓮監督が見つけた、地に足ついた宣伝の原理
REVIEW
かりんちょ落書き“海が満ちる” – 灯台の光のように、目的地を照らす歌
COLUMN
【2022年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
qoomol “You are so Claire” -『ミッド・サマー』に通じるアンビバレンスな芸…
COLUMN
【2022年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
みらんとLIGHTERSーー“猫”映画の公開記念イベント・ライブレポート
INTERVIEW
【第一回】音楽のラッピングーーグラフィックデザイナー・TYD™️(豊田由生)
INTERVIEW
京都の〈外〉から来て5年、確信とエラーで進む空間現代の現在地
INTERVIEW
アーティストが集まる理由ーー代表・番下さんに聞いた、bud musicが描くフラットな関係性
INTERVIEW
鈴木青が放つ、目の前の影を柔らげる光の歌
REVIEW
crap clap – ノスタルジー
COLUMN
今、どんな風が吹いている?|テーマで読み解く現代の歌詞
COLUMN
「あなたはブサイクだから」の呪い|魔法の言葉と呪いの言葉

LATEST POSTS

INTERVIEW
偶発的な出会いを火種に。人と人をつなぎ、価値を創るまちづくりとは

2012年にオープンした〈京都水族館〉を皮切りに、急速に再整備が進んだ梅小路公園。拡張していく梅小路…

COLUMN
【2022年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

REVIEW
ズカイ『ちゃちな夢中をくぐるのさ』 – ネガティブなあまのじゃくが歌う「今日を生きて」

まず16曲入りという点がいい。キレイにまとめるよりも、言いたいことをすべて言うその姿勢は、ズカイの集…

REVIEW
帝国喫茶『帝国喫茶』 – 三者三様の作家性が融合した、帝国喫茶の青春

三者三様の作家性が融合した、帝国喫茶の青春 三者…

REVIEW
ヨットヘヴン『健康快樂』 – 今を楽しく生きようとする生活者の歌

安延沙希子(以下、さっちゃん)の歌は彼女にしか出せない味わいがある。声色はほんのりマット。メロディに…