EVENT

黒沼英之「HOPE」発売記念『i’m doing good, And you?』

MUSIC 2023.12.22 Written By 柴田 真希

シンガーソングライター黒沼英之が、約10年ぶりに音楽活動を再開することを発表。アルバム『YELLOW OCHER』以来となる新曲“HOPE”を配信リリースしたのは、ニュース記事で紹介した通りだ。

Apple Musicはこちら

そして活動再開を記念して、“HOPE”のカセットテープ(¥1,000)を数量限定でリリースするということで、本人に想いを語ってもらった。

黒沼英之

“配信リリースが当たり前になった今、手にとって持ち帰っていただけるものをということでカセットを作ることにしました。写真家の川島小鳥さんによるデジタルジャケットを、何か形あるプロダクトに残したいという考えもありました。カセットは溝口功将さんによるデザインで、雪のような白いカセットに、淡いピンクの「HOPE」という文字が光を透かすと美しく、曲に漂うはかなさのようなものを落とし込んでくれました。歌詞カードの文字組みも美しく、ぜひ読みながら、カセットならではの音色を楽しんでいただきたいです。”

カセットのB面には、配信されていないカラオケ音源が収録されているという。ボーカル無しの音源を「Instrumental」ではなく「KARAOKE」と表記したのはどうしてだろうか。

“​​宇多田ヒカルさんがCDでシングルを出していた頃、カップリングに必ず「Original  Karaoke」が収録されていました。当時からその書き方がすごく好きで、勝手ながらささやかなリスペクトを込めて「HOPE(KARAOKE)」としています(笑)。 ”

このカセットは、〈代官山蔦屋書店〉で12月22日(金)から1月7日(日)まで開催される特設フェアで販売される。そして特設フェアではカセットだけではなく、トートバッグ(¥1,800)とロングTシャツ(¥4,000)も販売する。「HOPE」の題字やフェアの「i’m doing good, And you?」というタイトル文字を書いたのは、活動再開に際しての新しいアーティスト写真を撮影した、kudos/sodukのデザイナーで写真家の工藤司。そしてkudos/sodukで多くのグラフィックデザインを手がける出口壮夫がトートバッグとロングTシャツを手掛けた。

“トートバッグは英語の「HOPE」と漢字の「希望」を掛け合わせたユニークなデザインで、目を引きます。きれいな薄いブルーも気に入っていて、カセットを入れて持ち帰るにも、馴染むトートになりました。ロングTシャツはネイビーに「HOPE」の文字刺繍。普段から自分でも着たいな〜という気持ちでシンプルに作っていただきました。”

さらに12月24日(日)、12月25日(月)限定で、目黒の生花店〈花すけ〉によるHOPE特別ブーケが販売されるという。

“目黒にある生花店〈花すけ〉さんは、お花はもちろん、店主の高橋健治郎さんに会いに行くだけで、ハッピーな気持ちになれる個人的パワースポットです。今回の活動復帰もとても喜んで下さって、何か僕にもできることを!という本当にありがたいお言葉から今回のブーケ企画が実現しました。ブーケの包装紙は、花すけのロゴなども手がけるTAKAIYAMA inc.の山野さんにデザインしていただきました。開催時期のクリスマス〜お正月の多幸感を素晴らしいグラフィックにして、このフェアを彩ってくださいました。” 

黒沼の活動再開を祝うように、それぞれの人たちが自分ができることを持ち寄って実現したこのフェア。会期中は集まった人たちの温かい気持ちでいっぱいとなるに違いない。クリスマス、そして年末年始。“HOPE”はフェアのタイトル『i’m doing good, And you?』のように、黒沼から久々に会うリスナーへの挨拶のようでありながら、久々に会う人が増えるこの季節にたくさん聴きたくなる曲だ。楽曲を聴いて笑顔になったなら、大切な人と誘い合わせて会場まで足を運びたい。

“10年前、『YELLOW OCHER』というアルバムの発売に合わせて代官山 蔦屋書店でインストアライブを行いました。当日はまさかの大雪で、僕自身も開始時間に辿り着けるか、かなりヒヤヒヤした記憶があります。誰もいなかったらどうしよう…という不安とは裏腹に多くの方に見にきていただき、みんなでよくたどり着いたね!という妙な一体感すら感じました(笑)

 

代官山 蔦屋書店でアートをはじめとする様々な企画をされている江川さんにご協力いただき、今回のフェアを開催させていただくことになりました。江川さんをはじめ、久しぶりに音楽活動を再開するにあたって、とにかく本当にお祭りのように、たくさんの周りの友人たちに協力していただきました。皆さんにも今年一年の色々なこと、大切な人たちのことを振り返りながら、年末年始の楽しいひと時のお供に、ぜひ代官山にお越しいただければと思います。僕もできるだけ店頭に足を運ぶ予定です! ”

黒沼英之「HOPE」発売記念『i'm doing good, And you?』

日時

2023年12月22日(金)~2024年1月7日(日)

営業時間:AM 9:00〜PM10:00

会場

代官山 蔦屋書店2号館1階 ブックフロア

主催・お問い合わせ先

代官山 蔦屋書店 03-3770-2525

黒沼英之

 

1989年1月18日生まれ。15歳の頃から作曲を始め、大学進学後より本格的に音楽活動を開始。都内を中心にライブ活動を行い、情感豊かなサウンドでリスナーを増やす。

 

2012年10月に『イン・ハー・ クローゼット』をリリースし、2012年11月に東京の〈WWW〉にて初ワンマンライブを開催。《SPEEDSTAR RECORDS》に移籍し、2013年6月に『instant fantasy』、2013年11月に「パラダイス」、2014年2月に『YELLOW ORCHER』等の作品をリリースした後、音楽活動を休止。

 

2023年11月活動再開を発表、約10年ぶりとなるシングル“HOPE”をリリース。

 

Webサイト:https://kuronumahideyuki.jp/

X(旧Twitter):https://twitter.com/hi_kuronuma

Instagram:https://www.instagram.com/kuronuma_hideyuki/

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2024年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味
COLUMN
【2024年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2024年1月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
omeme tenten『Now & Then / ブラックホールなう』 – …
COLUMN
【2023年12月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年11月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
和製ストロークスから前人未到の新機軸「シティロック」へ進化した、Kamisadoインタビュー
REPORT
あそびは学び! 14回目の開催・みんなであそぶフェス 『ONE MUSIC CAMP』2日目レポート
REPORT
大自然の中で音楽とコミュニケーションを! 14回目の開催・みんなであそぶフェス 『ONE MUSIC…
INTERVIEW
【前編】わんぱくカルチャー・コレクティブ集団・少年キッズボウイとは?1stアルバムリリース記念で全員…
INTERVIEW
【後編】わんぱくカルチャー・コレクティブ集団・少年キッズボウイとは?1stアルバムリリース記念で全員…
COLUMN
【2023年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年10月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年9月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
既踏峰『ぼくら / 青い影』- 天使に連れて行かれた先のサイケデリア
REVIEW
ハナカタマサキ『時計のひとりごと』 – ホームビデオのように思い出を刻む、ハナカタ流・愛…
REVIEW
THE 抱きしめるズ『最強のふたり / しんぎんおーるおぶみー』 – 友達を想って、友達…
COLUMN
【2023年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年8月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
映画が「作る人」をもう一踏ん張りさせてくれる -〈日田リベルテ〉原さんが映画館をやる理由
COLUMN
【2023年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
これはもはやバンドではない! 新時代のわんぱくカルチャー・コレクティブ集団 少年キッズボウイの元へ全…
COLUMN
【2023年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
10年間変化し続けてきた、場所と音の特別な関係 – 街なか音楽祭『結いのおと-TEN-』…
REPORT
フェスでの出会いが、日常を豊かにする – 街なか音楽祭『結いのおと-TEN-』Day1-
REVIEW
元気がないときは、お腹いっぱい食べるしかない – かりんちょ落書き『レストラン』
COLUMN
【2023年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
街なか音楽祭『結いのおと』の継続で生まれた、地域と人の結節点 – 「結いプロジェクト」野…
COLUMN
【2023年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
少年キッズボウイ“最終兵器ディスコ” - 感情の昂りは、戦争ではなく踊るエネルギーに
REVIEW
周辺住民『祝福を見上げて』 – 自分の心模様を映してくれる、弾き語り作品集
COLUMN
【2023年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
井上杜和『日々浪漫(DAILY ROMANCE)』 – 古典手法を味方に現代の風俗を織り込んだ、自由…
REVIEW
鈴木青『始まりはいつもこんなポップス』 – 灰ではなく、炭になる燃え方を
COLUMN
【2023年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
一人きりでの宅録を突き詰めた先で開いた、オーケストラの彩り – 高知在住SSW・ハナカタマサキ『Sm…
COLUMN
【2022年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
照らされるんじゃない、輝くんだ – 加速する「BRIGHT PUNK」バンド MINAM…
COLUMN
【2022年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
50 pears『Wave Biograph』 – バンドは、小さな波が集合して生み出す大きな波
COLUMN
【2022年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
くぐり『形』 – 解放を志向し、現世を超越した存在となる
COLUMN
【2022年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
雨が降って虹が出るまで、ミュージカル映画のような23分間 – ソウルベイベーズ『Soulbabies…
COLUMN
【2022年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
肩書きを外した“人と人”の交流 ーー『逆光』須藤蓮監督が見つけた、地に足ついた宣伝の原理
REVIEW
かりんちょ落書き“海が満ちる” – 灯台の光のように、目的地を照らす歌
COLUMN
【2022年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
qoomol “You are so Claire” -『ミッド・サマー』に通じるアンビバレンスな芸…
COLUMN
【2022年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
みらんとLIGHTERSーー“猫”映画の公開記念イベント・ライブレポート
INTERVIEW
【第一回】音楽のラッピングーーグラフィックデザイナー・TYD™️(豊田由生)
INTERVIEW
京都の〈外〉から来て5年、確信とエラーで進む空間現代の現在地
INTERVIEW
アーティストが集まる理由ーー代表・番下さんに聞いた、bud musicが描くフラットな関係性
INTERVIEW
鈴木青が放つ、目の前の影を柔らげる光の歌
REVIEW
crap clap – ノスタルジー
COLUMN
今、どんな風が吹いている?|テーマで読み解く現代の歌詞
COLUMN
「あなたはブサイクだから」の呪い|魔法の言葉と呪いの言葉

LATEST POSTS

REVIEW
THE HAMIDA SHE’S『純情讃歌』 – 京都の新星が放つ、荒々しい性春とドラマチックな物語

初期のサンボマスターや銀杏BOYZのような、思春期の煮詰めた妄想と潔癖な姿勢を感じさせる音楽。それを…

REPORT
Homecomingsのターニングポイントで実現した、くるりとの特別な一日

彼、彼女らが京都左京区の大学の部室でバンドをはじめた2012年頃、かつて京都北区の大学で結成した彼ら…

COLUMN
【2024年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味

「元気で、よかった」シンガーソングライター・黒沼英之が音楽活動を再開すると知って、初めに思ったことだ…