NEWS

インストバンドNRQ、通算5作目のアルバム『こもん』が完成

MUSIC 2022.04.16 Written By 柴田 真希

東京を拠点とするインストゥルメンタル・バンド NRQの通算5枚目となるニューアルバム『こもん』が、5月25日にSweet Dreams Pressからリリースされる。

 

今回のリリースは、前作『RETRONYM(レトロニム)』から4年。牧野(Gt.)が 「コロナ禍においてリアリティのある制作方法をとりたかった」と語る通り、10曲中5曲はオンラインでのデータのやりとりによるリモート録音、もう5曲は1日だけレコーディング・スタジオを借りてベーシック録音された。

 

加えて、10曲中7曲はメンバー自身がミックスを担当。過去のどのアルバムとも異なる手触りをもち、今もなお新鮮な興奮とときめき、そしてスリルを感じさせる作品となっている。 CDには山口こすもの写真を収録した、グラフィック・デザイナー加瀬透による24ページのフルカラー・ブックレットが付属する。

 

NRQは今年で結成から15周年を迎える。異なるレーベルから出したり新しいゲストを迎えたりしたりながら、日々変わる時代に呼応して生まれる音楽を同時代に聴くことができる我々は幸福だろう。

こもん

 

アーティスト:NRQ
発売日:2022年5月25日
収録曲数:10曲
仕様:CD(ジュエル・ケース+24ページ・フルカラー・ブックレット)/ デジタル
マスタリング:宇波 拓
定価:2,400円+税(CD) / 1,200円(デジタル)

Spotifyはこちら / Apple Musicはこちら

詳細はこちら

ライブ情報

Mai Mishio with Goodfellas 7ep Single Release LIVE

会場:〈代官山 晴れたら空に豆まいて〉

日時:6月8日(水)OPEN:18:00 / START:19:00

出演:Mai Mishio With Goodfellas / NRQ

料金:前売り ¥3,500 / 当日 ¥4,000 ※ドリンク代別

 

『もう革命しかないもんね』

会場:〈国立 地球屋〉

日時:7月3日(日)OPEN・START:18:00

出演:ニューグリフィンズ/ 微炭酸 / NRQ

料金:¥2,000  ※ドリンク代別

 

Tales

会場:〈小岩 BUSHBASH〉

日時:7月9日(土)OPEN:18:00

出演:空間現代 / オシリペンペンズ / NRQ / DJ:松永良平

料金:前売り ¥3,000 / 当日 ¥3,500 ※ドリンク代別

NRQ(ニュー・レジデンシャル・クォーターズ)

 

正式グループ名に「新興住宅地」を意味する「New Residential Quarters」を冠し、略して「NRQ」を称する4人組インストゥルメンタル・バンド。2007年に吉田悠樹(二胡)と牧野琢磨(ギター)のデュオとして活動をスタートし、その後、コントラバスの服部将典、ドラムス、サックス他に中尾勘二を加えて現在に至る。これまでに『Old Ghost Town』(swi, 2010)、『のーまんずらんど』(My Best!, 2012)、『ワズ ヒア』(P-Vine, 2015)、『RETRONYM(レトロニム)』(P-Vine, 2018)の4枚のアルバムをリリース。

 

HP

 

WRITER

RECENT POST

INTERVIEW
照らされるんじゃない、輝くんだ – 加速する「BRIGHT PUNK」バンド MINAM…
COLUMN
【2022年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
50 pears『Wave Biograph』 – バンドは、小さな波が集合して生み出す大きな波
COLUMN
【2022年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
くぐり『形』 – 解放を志向し、現世を超越した存在となる
COLUMN
【2022年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
雨が降って虹が出るまで、ミュージカル映画のような23分間 – ソウルベイベーズ『Soulbabies…
COLUMN
【2022年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
肩書きを外した“人と人”の交流 ーー『逆光』須藤蓮監督が見つけた、地に足ついた宣伝の原理
REVIEW
かりんちょ落書き“海が満ちる” – 灯台の光のように、目的地を照らす歌
COLUMN
【2022年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
qoomol “You are so Claire” -『ミッド・サマー』に通じるアンビバレンスな芸…
COLUMN
【2022年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
みらんとLIGHTERSーー“猫”映画の公開記念イベント・ライブレポート
INTERVIEW
【第一回】音楽のラッピングーーグラフィックデザイナー・TYD™️(豊田由生)
INTERVIEW
京都の〈外〉から来て5年、確信とエラーで進む空間現代の現在地
INTERVIEW
アーティストが集まる理由ーー代表・番下さんに聞いた、bud musicが描くフラットな関係性
INTERVIEW
鈴木青が放つ、目の前の影を柔らげる光の歌
REVIEW
crap clap – ノスタルジー
COLUMN
今、どんな風が吹いている?|テーマで読み解く現代の歌詞
COLUMN
「あなたはブサイクだから」の呪い|魔法の言葉と呪いの言葉

LATEST POSTS

REVIEW
帝国喫茶『帝国喫茶』 – 三者三様の作家性が融合した、帝国喫茶の青春

三者三様の作家性が融合した、帝国喫茶の青春 三者…

REVIEW
ヨットヘヴン『健康快樂』 – 今を楽しく生きようとする生活者の歌

安延沙希子(以下、さっちゃん)の歌は彼女にしか出せない味わいがある。声色はほんのりマット。メロディに…

INTERVIEW
照らされるんじゃない、輝くんだ – 加速する「BRIGHT PUNK」バンド MINAMIS。1stフルアルバム『FUTURES』インタビュー

ELLEGARDENが16年振りの新曲をリリースして世間を騒がせていた2022年9月、エルレ全盛期に…

COLUMN
【2022年9月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
糞八『らくご』 – 後ろ向きな私に寄り添う、あるがままを認める音楽

「人生このままでいいのかな……」昔はそんなことを思いもしなかった。なんだかんだ、若いころは楽しく友達…