NEWS

京都を拠点とするバンド・空間現代とグラフィックデザイナー・三重野龍によるコラボレーション公演の第2弾 『汽』が開催決定

MUSIC 2022.11.27 Written By 柴田 真希

〈ロームシアター京都〉にて12月9日から12月11 日の3日間、スタジオ兼ライブハウスである〈外〉を左京区に構えるバンド・空間現代と文字を軸にしたデザインが特徴のグラフィックデザイナー・三重野龍のコラボレーション公演、第2弾が開催される。

 

2020年に開催された前作『ZOU』は、空間現代の1時間ある楽曲“象”に三重野が描きおろしたグラフィックを VJ で重ねる形で実施され、入場規制となるほどの好評を博した。

Photo by Toshiaki Nakatani
Photo by Toshiaki Nakatani
Photo by Toshiaki Nakatani
Photo by Toshiaki Nakatani

第 2 弾となる本作は、互いに協動し、一から創作する完全新作だという。バンドの生演奏に三重野のタイポグラフィがスクリーン投影され交錯するスタイルを継続しつつ、舞台装置などあらゆる要素をさらに融合させ、身体性を高めた新たな舞台芸術作品を立ち上げる。

 

今回の開催に際して、第1弾の記録映像も 11月15日(火)から12月11日(日)までの期間限定で配信されるとのこと。ロームシアター京都の公式YouTubeチャンネルで前回の映像をチェックしつつ、今回の公演に足を運んでみてはいかがだろうか。

日時

2022年12月9日(金)start 19:00
2022年12月10日(土)start 19:00
2022年 12月11 日(日) start 15:00

会場

ロームシアター京都 ノースホール

出演

音楽:空間現代  グラフィック:三重野龍
グラフィックサポート:中田拓馬 / 音響:西川文章
照明:藤原康弘 / 舞台監督:大鹿展明、杉浦訓大

主催

合同会社空間現代

共催

ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都芸術センター(公益財団法人京都市芸術文化協会)、京都市 文化庁「ARTS for the future! 2」補助対象事業

チケット

全席自由
一般 前売 ¥3,500 / 当日 ¥4,000
学生 前売 ¥2, 500 / 当日¥ 3,000 

※入場時、要学生証提示 ※未就学児入場不可
ロームシアター京都オンラインチケット
ロームシアター京都チケットカウンター 窓口・電話 075-746-3201 ※10:00~19:00、年中無休
合同会社空間現代

空間現代

 

2006年、野口順哉(Gt / Vo)、古谷野慶輔(Ba)、山田英晶(Dr)の3人によって結成。2016年9月、活動の場東京から京都へ移し、自身の制作および公演の拠点としてライブハウス〈外〉を左京区・錦林車庫前に開業。2021年、最新EP『Tentei』を発表。先鋭的なアーティスト達とのジャンルを超えた作品制作も積極的に行う。2019年度、京都市芸術文化特別奨励者。
Webサイト:https://kukangendai.com/

三重野龍

 

1988年兵庫県生まれ。2011年京都精華大学グラフィックデザインコース卒業。大学卒業後、京都にてフリーのグラフィックデザイナーとして活動開始。

美術や舞台作品の広報物デザインを中心に、ロゴやグッズなど、文字を軸にしたグラフィック制作を実践。主な展示に個展<GRAPHIC WEST8: 三重野龍 大全 2011-2019 「屁理屈」>@京都dddギャラリー、2019年。

Instagram

WRITER

RECENT POST

REVIEW
鈴木青『始まりはいつもこんなポップス』 – 灰ではなく、炭になる燃え方を
COLUMN
【2023年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
一人きりでの宅録を突き詰めた先で開いた、オーケストラの彩り – 高知在住SSW・ハナカタマサキ『Sm…
COLUMN
【2022年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
照らされるんじゃない、輝くんだ – 加速する「BRIGHT PUNK」バンド MINAM…
COLUMN
【2022年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
50 pears『Wave Biograph』 – バンドは、小さな波が集合して生み出す大きな波
COLUMN
【2022年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
くぐり『形』 – 解放を志向し、現世を超越した存在となる
COLUMN
【2022年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
雨が降って虹が出るまで、ミュージカル映画のような23分間 – ソウルベイベーズ『Soulbabies…
COLUMN
【2022年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
肩書きを外した“人と人”の交流 ーー『逆光』須藤蓮監督が見つけた、地に足ついた宣伝の原理
REVIEW
かりんちょ落書き“海が満ちる” – 灯台の光のように、目的地を照らす歌
COLUMN
【2022年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
qoomol “You are so Claire” -『ミッド・サマー』に通じるアンビバレンスな芸…
COLUMN
【2022年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
みらんとLIGHTERSーー“猫”映画の公開記念イベント・ライブレポート
INTERVIEW
【第一回】音楽のラッピングーーグラフィックデザイナー・TYD™️(豊田由生)
INTERVIEW
京都の〈外〉から来て5年、確信とエラーで進む空間現代の現在地
INTERVIEW
アーティストが集まる理由ーー代表・番下さんに聞いた、bud musicが描くフラットな関係性
INTERVIEW
鈴木青が放つ、目の前の影を柔らげる光の歌
REVIEW
crap clap – ノスタルジー
COLUMN
今、どんな風が吹いている?|テーマで読み解く現代の歌詞
COLUMN
「あなたはブサイクだから」の呪い|魔法の言葉と呪いの言葉

LATEST POSTS

INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2022-世田谷ほっつき歩き編

シンガーソングライター石指拓朗の一年の活動を総括するインタビュー『年鑑 石指拓朗』。2018年に開始…

REVIEW
鈴木青『始まりはいつもこんなポップス』 – 灰ではなく、炭になる燃え方を

等身大の歌詞と力強い歌で聴いた人の背中を押す、東京を拠点に活動するシンガーソングライターの鈴木青。2…

COLUMN
【2023年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【2023年1月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

COLUMN
ANTENNA Writer’s Voice #6

ANTENNAライター陣の近頃おもしろかったもの・ことを週替わりでざっくばらんに紹介する、『ANTE…