EVENT

玉藻音楽祭

記憶に残る特別な1日を作ることに定評があるCow and Mouse制作の新たなサーキット風イベント『玉藻音楽祭(たまもおんがくさい)』が5月14日(日)に、香川県高松市の〈史跡高松城跡 玉藻公園 披雲閣〉全館を舞台に開催される。

 

会場は1917年に完成した伝統技術と洋風技術が見事に融合された構造で、国の重要文化財にも指定されている。元々松平家の別邸として建てられ、迎賓館としての役割も持っていたという豪華な館だ。

 

王舟や高井息吹、東郷清丸、トクマルシューゴ、浮や優河など全11組が決定しており、どのアーティストも会場の雰囲気を味方につけてこの日だけの表現をしてくれそうだ。さらに四国・中国地方周辺から魅力的なフードやスイーツ、雑貨等の出店も予定しているというので、一日たっぷり楽しみたい。

 

チケットは前売4,500円で発売中。特別な場所でゆっくりと音楽を堪能することを思うと、春が待ちきれない。遠くからでも、旅行の計画を立ててみてはいかがだろうか。

玉藻音楽祭

会場

史跡高松城跡 玉藻公園 披雲閣

〒760-0030 高松市玉藻町2番1号

日時

2023年5月14日(日)開場 11:00 / 開演 12:00 / 終演 20:00予定

出演

ゑでぃまぁこん
Eri Nagami
王舟
高井息吹
東郷清丸
トクマルシューゴ

Mattia Coletti
mmm with エマーソン北村
優河
惑星のかぞえかた

出店

FOOD&DRINK

ido cafe (香川 / 高松)
ヤンフー(香川 / 高松)
aalto coffee(徳島)
アジア食堂 歩屋(高知)
asipai(鳥取)

 

SWEETS

おかし工房botan(香川 / 観音寺)
Saori Sweets (高知)

 

ZAKKA

AFTER DINNER RECORDS (香川/綾川)
山ノ工房(愛媛)
アスメモ(広島)
チエミサラ (山口)

and more!!

チケット

cowandmouse489@gmail.com / 080-3136-2673

※件名に[玉藻音楽祭]と明記の上、ご来場全員のお名前(フルネーム)・ご来場全員のお電話番号・チケット枚数をご記入いただき、上記メールアドレスにお申し込み下さい。確認後、ご購入方法などを折り返しご返信致します。

Webサイト

https://www.cowandmouse.info/tamamomusicfes

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2023年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
少年キッズボウイ“最終兵器ディスコ” - 感情の昂りは、戦争ではなく踊るエネルギーに
REVIEW
周辺住民『祝福を見上げて』 – 自分の心模様を映してくれる、弾き語り作品集
COLUMN
【2023年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
井上杜和『日々浪漫(DAILY ROMANCE)』 – 古典手法を味方に現代の風俗を織り込んだ、自由…
REVIEW
鈴木青『始まりはいつもこんなポップス』 – 灰ではなく、炭になる燃え方を
COLUMN
【2023年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
一人きりでの宅録を突き詰めた先で開いた、オーケストラの彩り – 高知在住SSW・ハナカタマサキ『Sm…
COLUMN
【2022年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
照らされるんじゃない、輝くんだ – 加速する「BRIGHT PUNK」バンド MINAM…
COLUMN
【2022年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
50 pears『Wave Biograph』 – バンドは、小さな波が集合して生み出す大きな波
COLUMN
【2022年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
くぐり『形』 – 解放を志向し、現世を超越した存在となる
COLUMN
【2022年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
雨が降って虹が出るまで、ミュージカル映画のような23分間 – ソウルベイベーズ『Soulbabies…
COLUMN
【2022年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
肩書きを外した“人と人”の交流 ーー『逆光』須藤蓮監督が見つけた、地に足ついた宣伝の原理
REVIEW
かりんちょ落書き“海が満ちる” – 灯台の光のように、目的地を照らす歌
COLUMN
【2022年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
qoomol “You are so Claire” -『ミッド・サマー』に通じるアンビバレンスな芸…
COLUMN
【2022年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
みらんとLIGHTERSーー“猫”映画の公開記念イベント・ライブレポート
INTERVIEW
【第一回】音楽のラッピングーーグラフィックデザイナー・TYD™️(豊田由生)
INTERVIEW
京都の〈外〉から来て5年、確信とエラーで進む空間現代の現在地
INTERVIEW
アーティストが集まる理由ーー代表・番下さんに聞いた、bud musicが描くフラットな関係性
INTERVIEW
鈴木青が放つ、目の前の影を柔らげる光の歌
REVIEW
crap clap – ノスタルジー
COLUMN
今、どんな風が吹いている?|テーマで読み解く現代の歌詞
COLUMN
「あなたはブサイクだから」の呪い|魔法の言葉と呪いの言葉

LATEST POSTS

COLUMN
【2023年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

REVIEW
屋敷『仮眠』 – のんびりとした虚無感、幻想的だが後味の悪さもある、積層的なフォーク作品

屋敷のことをいぶし銀で長閑なフォークシンガーと捉えてしまうのは早計である。岩出拓十郎(本日休演 / …

REPORT
くるりの原点に戻れる場所〈拾得〉でみせたバンドとしての最新型

“音楽をする人のための遊園地”を目指し、店主の寺田国敏さん(愛称、テリーさん)が仲間と共に築100年…

REVIEW
少年キッズボウイ“最終兵器ディスコ” - 感情の昂りは、戦争ではなく踊るエネルギーに

知ってから数日、繰り返し聴いていたら全部歌えるようになってしまった。立て続けに音が重なってくるテンシ…

REVIEW
FALL ASLEEP#3 全曲レビュー

関西発のイベント・レーベル〈NEVER SLEEP〉から、2022年3月22日にコンピレーション・カ…