INTERVIEW

よそ者がつなげた京都のシーン ‐ 折坂悠太と重奏 –

いろいろな場所で、多種多様な音楽が流れる京都の街。豊かな音楽文化を育む反面、どこか「いちげんさんお断り」の精神にも通じる、気心が知れた仲間内だけに閉じてしまうような風潮もある。そんなこの街で、独自の音楽性を磨き活躍してきたのが、ギタリストの山内弘太、鍵盤奏者のyatchi、ドラマーのsenoo ricky、コントラバス奏者の宮田あずみの4人。最初から一緒に音楽を奏でていたかのようにステージでは息の合う彼らだが、「重奏」というカタチで彼らの音を重ねたのは“よそ者” である折坂悠太だった。

MUSIC 2021.12.01 Written By 乾 和代

重奏メンバーの音の魅力

重奏を形づくるそれぞれが持つ音の魅力。個々の音を身近に感じているのは実際に音を奏でているメンバーだろう。そこで彼らの魅力を紐解くために、今回“他己紹介” という形式で、メンバーからメンバーへ、人柄とプレイスタイルについて紹介してもらった。それぞれの個性を感じる音源もセレクトしてもらったので、ぜひそちらもご一聴あれ!

宮田あずみ 〈From senoo ricky〉 

──

初めて出会ったのは?

ricky

2007年か2008年頃、元田中の〈cafe ZANPANO〉だったと記憶してます。

──

出会った時の第一印象は?

ricky

会った時は(〈cafe ZANPANO〉の)店員さんだったから音はわからないけど「キレイなお姉さんがいるな」と(笑)

──

一言でいうと、どんな人物?

ricky

ベースという他の楽器に比べ、縛りや制限が多い楽器を扱う人には珍しい、感情や情景をありありと表現できるタイプの人で、周りにあまりいないタイプ。アタックもドローンもリズムもメロディもハーモニーも、すべてちゃんと気持ちがいい塩梅のところで音を鳴らせる人。

音の個性を感じるオススメの音源

かりきりん『かりきりんライブ音源』(2021)

宮田あずみ Profile

「薄花葉っぱ」に10年間在籍、脱退後、戦後発行されていた児童詩集『きりん』に音を付けて演奏するデュオ「かりきりん」、バンド「Colloid」にてコントラバスを、ちょうどよい拍子ユニット「数えきれない」にてエレキベースを、そして2019年より、折坂悠太(重奏)でコントラバスを担当。最近は、ソロ活動として“浮自のはら”名義で、極たまに朗読活動のための作品も制作。

 

senoo ricky 〈From 山内弘太〉

──

初めて出会ったのは?

山内

いつだったか、ドラムは〈UrBANGUILD〉でゆーきゃんさんのバックで叩いているのを見たのが初めてだったような。(もぐらが一周するまでの佐藤さんがギターだったような)あるいはTurntable Filmsの〈磔磔〉ワンマン? でマンドリンを弾いていた時か。初めて話したのは、いつだったか覚えていない。重奏初リハの時に初めてまともに話した可能性があります。初めて認識したのはYouTube(アコースティックギター片手に歌ってる)でのビデオ。

──

出会った時の第一印象は?

山内

ライブの方は、この人ドラムも叩けるんだ〜大きな体で小さな音量のドラムだなぁと思ったような。滲むような音像だったのが素敵でした。マンドリンも弾けるんだ。あれ同一人物なのかな? などなどの印象です。ビデオの方は、この人ギターうんまーってなりました。

──

一言でいうと、どんな人物?

山内

台湾狂(現地の交通ライブカメラをチェックするほどに)。汗王(自ら命名)。例え王。笑いが遅れてやってくる。フィクサー。情報通。全員知り合い。

──

プレイスタイルについて教えてください。

山内

エモコーラス、溜め。フィクサー。名MC。ドラマティック。

音の個性を感じるオススメの音源

sistertail『enter』(2006)

 

山本精一&くいだおれ – 「ONG LINE」@全感覚祭2018

senoo ricky Profile

京都出身のシンガーソングライター、ドラマー。現在は無期限休止だがギター&ボーカルとしてsistertailとしても活動。ギター弾き語りでは、京都を中心に日本全国や台湾など海外でも演奏活動を行う。ドラマーとしてはLLama、YeYe、山本精一、七尾旅人、折坂悠太、川本真琴、ゆーきゃん、吉田省念、松ノ葉楽団など数々のミュージシャンの録音やライブに関わる関西屈指の感覚派ドラマー。

yatchi 〈From 宮田あずみ〉

──

初めて出会ったのは?

宮田

はっきりと正確には記憶してないのですが、恐らく〈UrBANGUILD〉であった“ピアノを弾く人五人総当たりライブ”みたいな企画だったかと。

──

出会った時の第一印象は?

宮田

まず構えが。ピアノに向かった時の姿勢(精神的なやつじゃなくて、や、結局その表れなんでしょうけれど定かではないので)が、本当に独特で、畳一畳分くらいある半紙に書道するような、マグロを解体するような、本当に凄い気迫の構え。そこから、もの凄く繊細で丁寧な音が紡がれて。柔らかくて優しいけど、ふわふわしておらず芯のある実直な音だなぁと思いました。

──

一言でいうと、どんな人物?

宮田

おじいちゃんと三歳児のミックス。日本酒。無骨なようでロマンティスト。不器用を凌駕する丁寧さ。無駄なことはしないけど、余白ありきの寛容さ広大。芯がものすご強い。ぶれない。

──

プレイスタイルについて教えてください。

宮田

情感や景色が押しつけがましくなく、淡々と美しく広がっていく。広がっていくのだけど自由奔放・縦横無尽というのともまた違っているというか、ピアノは何かと網羅してしまいがちだったりもできますが、余念のないシンプルさで必要最小限の美しい響きを優しく丁寧にしかしゆるぎなく紡いでいくなぁと、いつもうっとりしています。ソロのライブを観てると、短編オムニバス映画のようなそれ自体が一つの映画のような、感覚になることが多いです。(yatchiさんの想定した物語とは別で勝手に)シンセはピアノよりもストイックな役割をもってる感じがします。総じてロマンティックなんだけど甘ったるくないストイックさが根底にあって、ぶれない世界観をつくっている、のか?な?

音の個性を感じるオススメの音源


yatchi『metto Piano』(2015)


ムーズムズ『Flashing Magic』(2015)

yatchi Profile

神戸市生まれ、京都市在住。2005年頃からムーズムズの鍵盤を担当。2015年に、初のソロピアノアルバム『metto piano』を、2018年に、セカンドピアノソロアルバム『第3区間ピアノ』を発表。2019年より、折坂悠太(重奏)でピアノを担当。他にも、吉田省念バンド、Turntable Filmsをはじめ京都界隈を中心にサポートも務める。

山内弘太 〈From yatchi〉 

──

初めて出会ったのは?

yatchi

うろ覚えですが、201年1月頃に〈京都GROWLY〉で、確かメシアと人人のレコ発イベントで、彼はquaeruというバンドで、僕はムーズムズというバンドで出演させていただいた時だったと思います。

──

出会った時の第一印象は?

yatchi

ライブ後に、少し挨拶程度交わしたそうなのですが、ハッキリとは覚えておらず、ただ、なんとなく好青年な方だったなと……。

──

出会った時の第一印象は?

yatchi

ライブ後に、少し挨拶程度交わしたそうなのですが、ハッキリとは覚えておらず、ただ、なんとなく好青年な方だったなと……。

──

一言でいうと、どんな人物?

未知との遭遇。まだ分からないという事です。あと、ジェントル。

──

プレイスタイルについて教えてください。

彼の音に出会った時から衝撃でした。ギターであらゆる音色を出すもんですから。何をどうしてこの音が鳴ってるかとか分かりません。それに、当時、僕には感覚的になかったドローン的な音での長尺ライブとか。ハート、精神が強くないとなかなかできない気がしています。即興であらゆる人たちと、いつでもどこでも演奏できる柔らかさと瞬発性があると思います。ただ、当初は割と弘太君といえばこの感じの音の雰囲気を持ってるなと言えたのですが、勝手な主観で、最近は特に今までのプレイスタイルに縛られる事なくもっと多様な、というか、逆にスタンダードな音や弾き方も進めているような気がしています。それも、元に強いプレイスタイルがあってこそで、より幅広いスタイルで山内弘太節が炸裂していくと思います。

音の個性を感じるオススメの音源

山内弘太『submerge』(2020)


咖喱山水『Sound Meals vol​.​1』(2020)

山内弘太 Profile

京都市上京区、堀川団地在住。ギタリスト。即興演奏、映像、ダンスとの共演など国内外問わずあらゆる場で活動。2017年、銭湯で録音したソロギターの音源“In the Sento”をhoge tapesよりカセットリリース。ユニットquaeruのメンバー。サポートギタリストとしても活動。咖喱山水とのプロジェクト”Sound Meals”や、堀川会議室での音楽イベント主催にも携わる。

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2024年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2024年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2024年3月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
Homecomingsのターニングポイントで実現した、くるりとの特別な一日
COLUMN
【2024年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2024年1月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
Summer Whales “Burden” – 新しい兆しを感じる、スローバラード
COLUMN
【2023年12月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
HOT UP MUSIC 2023 ニューカマーPICK UP
REPORT
2日目の『京都音博』に感じた“らしさ”の理由 -『京都音楽博覧会2023』ライブレポートDay2
REPORT
邂逅の先に芽吹いた、 新しい景色-『京都音楽博覧会2023』ライブレポートDay1
REPORT
ボロフェスタ2023 Day3(11/5)- 違う景色を“DO IT YOURSELF”で描く。それ…
COLUMN
【2023年11月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
この先もCHAINSとしてバンドを続ける決意の1枚 ー『decades on』インタビュー&全曲解説
COLUMN
【2023年9月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
ナノボロ2023 Day1(8/26)‐ 4年振りに体感した熱量、これが『ナノボロ』
INTERVIEW
“捨てる”は、あの場所にかえる動機になる? 集う人と『森、道、市場』をつなぐ…
COLUMN
【2023年8月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
ターニングポイントは『るろうに剣心』。映画のまち京都で、時代劇のつくり手と奮闘する映画祭のはなし
COLUMN
【2023年7月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
自由な即興と枠組みの楽曲。三者三様の即興アーティストが矛盾を昇華させるバンドkottをはじめた理由と…
COLUMN
【2023年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
くるりの原点に戻れる場所〈拾得〉でみせたバンドとしての最新型
COLUMN
【2023年3月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2023年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
3年越し、初の磔磔のワンマンでCuBerryが開いた未来への扉
COLUMN
【2023年1月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年12月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年11月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
ボロフェスタ2022 Day1(11/3)-帰ってきた、ライブハウスと地続きの“日常”
REPORT
京都音楽博覧会2022 in 梅小路公園 ライブレポート
COLUMN
【2022年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
人と人をつなぎ価値を創る。『京都音楽博覧会』を起点に拡がる、足立毅が目指すまちづくりとは
COLUMN
【2022年9月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
乾和代の見たナノボロ2022 day1
COLUMN
【2022年8月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年7月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年3月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
「くるりの25回転」のライブ感を配信でも届けたい!~エンジニア谷川充博の音づくりの舞台裏~
COLUMN
【2022年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
カタチを変えて巡り合う、CuBerryと音楽のルーツたち
REPORT
乾和代が見たボロフェスタ2021 Day5– 2021.11.6
REPORT
京都音楽博覧会2021 at 立命館大学 オンラインライブレポート
REVIEW
くるり – 天才の愛
INTERVIEW
街並みを守っているのは誰?今知りたい、景観のはなし
INTERVIEW
Vol.2 民族楽器 ねじれが生んだ、今“ポップ”なサムピアノとは
REPORT
京都音楽博覧会 2020 in 拾得 オンライン ‟配心”ライブレポート
REVIEW
くるり – thaw
INTERVIEW
『?』から『Hotokeno』へ。オオルタイチ20周年の軌跡
REPORT
京都音楽博覧会 2019 in 梅小路公園 ライブレポート
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P6:『ギア -GEAR-』プロデューサー】小原啓渡
ART
REPORT
くるり『列島ウォ~リャ~Z』ツアーファイナル @磔磔 ライブレポート
INTERVIEW
私たちがアンテナをやる理由。【副編集長・フォトグラファー岡安編】
INTERVIEW
【実は知らないお仕事図鑑 P5:音響ケーブル職人】タケウチコウボウ / 竹内良太
INTERVIEW
『下鴨ボーイズドントクライ』篠田知典監督インタビュー 彼の作品に映し出される”リアル”を形づくるもの…
REPORT
『音楽ライター講座』特別トーク・イベントレポート レコーディング・エンジニア谷川充博が教えてくれた、…
COLUMN
【くるりメジャーデビュー20周年 特別企画】君は12枚を選べるか?くるりファン3人による くるりアル…
REPORT
京都音楽博覧会2018 in 梅小路公園 ライヴレポート
REVIEW
Laura Gibson – Empire Builder
REVIEW
The Velvet Rope – Janet Jackson

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REPORT
Like A Fool Recordsが放つ鋭く、深く突き刺さる、東京インディーズ四つ巴。Kidder / Forbearリリースパーティー『Lesson No.1』

東京都世田谷区、新代田にあるレコードショップ兼立ち飲み居酒屋、インディーレーベル《Like A Fo…

COLUMN
【2024年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

REVIEW
aieum『sangatsu』―絶えず姿形を変え動き続ける、その音の正体は果たして

沖縄出身の4人組バンド、aieumが初となるEP『sangatsu』を2024年3月20日にリリース…

INTERVIEW
新たな名曲がベランダを繋ぎとめた。 新作『Spirit』に至る6年間の紆余曲折を辿る

京都で結成されたバンド、ベランダが3rdアルバム『Spirit』を2024年4月17日にリリースした…