EVENT

【オンライン】笹倉慎介×又吉直樹『- FIELDS – 音楽と異分野による創造の場』

MUSIC 2022.06.21 Written By 柴田 真希

シンガーソングライターの笹倉慎介が「音楽を通じて異分野と交流する場」として開催するイベント『FIELDS』。又吉直樹をゲストに迎えて5月に開催した『FIELDS session01 テーマ:音楽と文学』の模様が、6月24日(金)よりStreaming+にて配信される。

 

『FIELDS』は、文学/科学/史学/哲学/美学といった、音楽と互いに密接な関わりを持つ分野で活躍する作家を招き、この試みでしかできない音楽を発表する企画。初回となるsession01のゲストは又吉直樹。共に41歳、音楽家と芸人としてそれぞれ別のフィールドを歩いて来た二人の共通項である「文学」をテーマに、ライブ&トークが行われた。

 

当日は2部構成。第1部では、又吉直樹が選んだ小説2作(芥川龍之介「蜜柑」/田山花袋「蒲団」)をテーマに笹倉慎介が制作した楽曲のお披露目と、又吉直樹による朗読、またその文学についてのトークなどが行われた。第2部は千葉広樹(Ba)とsenoo ricky(Dr)を迎え、3年振りとなるバンドセットにてライブを披露。文学と音楽を通して笹倉と又吉が交流する渦に巻き込まれ、贅沢な時間を堪能することができる。

“創作、その原点は思考の前にやってくる得体の知れないものとの遭遇にあります。それは音楽自身の時もあれば、異分野からの感動や 違和感、衝動に多くがあります。不意に感じた無作為な遭遇から、作為的な無限が生まれる。これは音楽という分野に限ったことではないはずです。”(特設サイトより)

- FIELDS - 音楽と異分野による創造の場

日時

6月24日(金)18:00〜6月30日(木)23:59

会場

オンライン

料金

2,000円(税込)

出演

笹倉慎介 (バンドセット:Ba 千葉広樹 / Dr. senoo ricky)/又吉直樹

チケット

Streaming+

受付期間:~2022年6月30日(木)22:00

特設サイト

https://www.sasakurashinsuke.com/fields

笹倉 慎介

シンガーソングライター、文筆家 、OLD DAYS TAILOR。

Twitter / note

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2022年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
雨が降って虹が出るまで、ミュージカル映画のような23分間 – ソウルベイベーズ『Soulbabies…
COLUMN
【2022年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
肩書きを外した“人と人”の交流 ーー『逆光』須藤蓮監督が見つけた、地に足ついた宣伝の原理
REVIEW
かりんちょ落書き“海が満ちる” – 灯台の光のように、目的地を照らす歌
COLUMN
【2022年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
qoomol “You are so Claire” -『ミッド・サマー』に通じるアンビバレンスな芸…
COLUMN
【2022年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
みらんとLIGHTERSーー“猫”映画の公開記念イベント・ライブレポート
INTERVIEW
【第一回】音楽のラッピングーーグラフィックデザイナー・TYD™️(豊田由生)
INTERVIEW
京都の〈外〉から来て5年、確信とエラーで進む空間現代の現在地
INTERVIEW
アーティストが集まる理由ーー代表・番下さんに聞いた、bud musicが描くフラットな関係性
INTERVIEW
鈴木青が放つ、目の前の影を柔らげる光の歌
REVIEW
crap clap – ノスタルジー
COLUMN
今、どんな風が吹いている?|テーマで読み解く現代の歌詞
COLUMN
「あなたはブサイクだから」の呪い|魔法の言葉と呪いの言葉

LATEST POSTS

COLUMN
【2022年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

INTERVIEW
対等な協力者たちが歴史をつむぐ。 ーー京都国際ダンスワークショップフェスティバルと京都芸術センターが行き着いたイベントを続けるための最適解

組織が何かを続けていくために必要なものはなんなのか。改めてそんなことをダンサー / 振付家の野村香子…

INTERVIEW
失意の底から「最高の人生にしようぜ」と言えるまで – ナードマグネット須田亮太インタビュー

『アイム・スティル・ヒア』を最初に聴いた時に、筆者が真っ先に思ったキーワードは「失意からの再生」であ…

INTERVIEW
音楽のアーキビスト、金野篤が体現する「売りたいモノは自分で作る」という生き方

外資系レコード店のバイヤーからキャリアをスタートし、インディーズ系流通会社を経て、2006年にディス…

COLUMN
【2022年6月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…