NEWS

CC81(シーシーエイティワン)、2ndアルバム『そして奔放』をデジタルリリース

MUSIC 2022.08.28 Written By 柴田 真希

横浜、都内を中心に活動するオルタナティブロックバンド・CC81が2ndアルバム『そして奔放』を8月24日(水)にリリースした。1stアルバム『Flash&Crush』(2020年)から約2年半ぶりとなる。CC81のリズム・音色・メロディ・言葉遊びにおける幅広さが堪能できるアルバムとなっており、Helsinki Lambda ClubやLaura day romance、Tempalay好きはチェックしておきたい。

 

タイトルには「自粛」の対義語として「奔放」という言葉をあてがい、これからの希望をモチーフにした作品という本作。前作に引き続きbisshi(ex.PAELLAS)がレコーディングエンジニアを務めている。ドリーミーな世界観を印象づけるジャケットは、自然の景色を独自の色で捉えるコナミ・サルポアの写真を起用している。

 

リードトラック“ファインな気分”は、力が抜けた奔放な歌詞にマッチする浮遊感のあるサウンドが心地よい1曲。一方で“Throw Away the Bad Parts”は裏拍に各パートが乗ってくるセンスが抜群の、控えめなダンスナンバー。そして“妖怪だ”は気の抜けたギターのリフレインが中毒性を生んでいるポップチューンとなっている。また“妖怪だ”はMVが公開されており、『33rd 東京学生映画祭』アニメーション部門でグランプリを獲得した若林萌がアニメーションを手掛けた。

そして奔放

 

アーティスト:CC81
発売:2022 年 8 月 24 日
フォーマット:デジタル

配信リンク:https://big-up.style/qQ3wQBZZtS

 

収録曲

1. ファインな気分
2. 恋の行方は
3. ねえ、ユートピア
4. Throw Away the Bad Parts
5. Night Type
6. 妖怪だ
7. 予定不調和 (feat.Q-ILL&寝る努力)

8. ピンク
9. さらり
10. ファインな気分?

CC81(シーシーエイティワン)

 

平出 けんすけ(Vo)青木 奎太(Gt)あゆちよす(Dr)奥村アキラ(Ba)

横浜・都内を中心に活動。 CC(Controlled Commodity)には「統制された商品」の意味があり、81 は 2018 年に結成したのと語呂がいいという理由から。 様々な音楽の要素を織り混ぜた、オルタナティヴでポップなバンド。

 

Webサイト:https://cc81.fensi.plus/a/blink/

Twitter:https://twitter.com/CC81_band

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2022年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
照らされるんじゃない、輝くんだ – 加速する「BRIGHT PUNK」バンド MINAM…
COLUMN
【2022年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
50 pears『Wave Biograph』 – バンドは、小さな波が集合して生み出す大きな波
COLUMN
【2022年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
くぐり『形』 – 解放を志向し、現世を超越した存在となる
COLUMN
【2022年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
雨が降って虹が出るまで、ミュージカル映画のような23分間 – ソウルベイベーズ『Soulbabies…
COLUMN
【2022年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
肩書きを外した“人と人”の交流 ーー『逆光』須藤蓮監督が見つけた、地に足ついた宣伝の原理
REVIEW
かりんちょ落書き“海が満ちる” – 灯台の光のように、目的地を照らす歌
COLUMN
【2022年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
qoomol “You are so Claire” -『ミッド・サマー』に通じるアンビバレンスな芸…
COLUMN
【2022年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
みらんとLIGHTERSーー“猫”映画の公開記念イベント・ライブレポート
INTERVIEW
【第一回】音楽のラッピングーーグラフィックデザイナー・TYD™️(豊田由生)
INTERVIEW
京都の〈外〉から来て5年、確信とエラーで進む空間現代の現在地
INTERVIEW
アーティストが集まる理由ーー代表・番下さんに聞いた、bud musicが描くフラットな関係性
INTERVIEW
鈴木青が放つ、目の前の影を柔らげる光の歌
REVIEW
crap clap – ノスタルジー
COLUMN
今、どんな風が吹いている?|テーマで読み解く現代の歌詞
COLUMN
「あなたはブサイクだから」の呪い|魔法の言葉と呪いの言葉

LATEST POSTS

INTERVIEW
偶発的な出会いを火種に。人と人をつなぎ、価値を創るまちづくりとは

2012年にオープンした〈京都水族館〉を皮切りに、急速に再整備が進んだ梅小路公園。拡張していく梅小路…

COLUMN
【2022年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

REVIEW
ズカイ『ちゃちな夢中をくぐるのさ』 – ネガティブなあまのじゃくが歌う「今日を生きて」

まず16曲入りという点がいい。キレイにまとめるよりも、言いたいことをすべて言うその姿勢は、ズカイの集…

REVIEW
帝国喫茶『帝国喫茶』 – 三者三様の作家性が融合した、帝国喫茶の青春

三者三様の作家性が融合した、帝国喫茶の青春 三者…

REVIEW
ヨットヘヴン『健康快樂』 – 今を楽しく生きようとする生活者の歌

安延沙希子(以下、さっちゃん)の歌は彼女にしか出せない味わいがある。声色はほんのりマット。メロディに…