NEWS

Ring Ring Lonely Rollss、映画『手』主題歌の“スロウタイム”含む最新EP 『A 1000 Dreams』を9月にリリース、レコ発ワンマンライブも決定

MUSIC 2022.07.27 Written By 柴田 真希

埼玉、東京を拠点に活動するバンドRing Ring Lonely Rollssが、9月21日に新作EP『A 1000 Dreams』のリリースを発表した。

 

『A 1000 Dreams』は様々な形の「夢」を描いた5曲で構成される。7月27日先行配信の“スロウタイム”は、『ちょっと思い出しただけ』の松居大悟監督が手がけた最新作『手』の主題歌として書き下ろされた楽曲。映画の世界観を投影しながらも彼ららしさは健在。ミニアルバム全体を通してもスケール感を持たせた仕上がりとなっているとのこと。サポートミュージシャンに東京パピーズの阿部絵平(Dr)とハミー(Ba)が参加、レコーディング・ミックスは前作『うまれてきてよかった』(2021年)に引き続き、たいやきが手掛ける。

ロマンポルノ・ナウ『手』予告60秒:https://youtu.be/A_nbztHQLcY

そのスタイルを確固たるものにしながら、孤高とも言える道を歩んできたRing Ring Lonely Rollsは、今作のリリースパーティーとして10月27日に〈下北沢BASEMENTBAR〉でワンマンライブを開催。2016年から活動する中で初のワンマンとなり、フライヤーにはこれまでリリースされた作品のジャケットを彷彿とさせるモチーフも集合している。祝祭と名高い彼らのライブを、ここで一度体験しておきたい。

A 1000 Dreams

 

アーティスト:Ring Ring Lonely Rollss

仕様:CD / デジタル

リリース:2022年9月21日

価格:¥2,000(税込)

 

収録曲

1. スロウタイム(7月27日先行配信)
2. I’m an Artist
3. Do you copy?
4. ワルツ&ハンマー
5. A 1000 Dreams

予約はこちら

『A 1000 Dreams』リリースパーティー ONEMAN SHOW

日時

2022年10月27日(木)

会場

下北沢BASEMENTBAR
〒155-0032 東京都世田谷区代沢5丁目18-1

料金

前売 ¥2,400

チケット予約

https://ringringlonelyrollss.com/ticket/

Ring Ring Lonely Rollss(リンリンロンリーロールズ)

 

大坂元紀(Vo / Gt)森ともか(Cho / Pf / Gt)浦野けんじ(Gt)

夫婦と近所に住むギター好きの3人によるバンド。2016年にデビューアルバム『Chemical』をタワーレコードからリリースし、2018年には自主レーベル「LEMONPOLICE」から1st EP『IKEBANA PSYCHO』、2021年にフルアルバム『うまれてきてよかった』をリリース。70年代のロックンロール黄金期に影響を受けつつも、幅広い時代・ジャンルの音楽に影響を受けて自身のスタイルに取り入れる楽曲は周りのミュージシャンからの評判も高い。

 

Webサイト:https://ringringlonelyrollss.com/

Twitter:https://twitter.com/RR_L_R_ss

Instagram:https://www.instagram.com/ring.ring.lonely.rollss/

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2023年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
10年間変化し続けてきた、場所と音の特別な関係 – 街なか音楽祭『結いのおと-TEN-』…
REPORT
フェスでの出会いが、日常を豊かにする – 街なか音楽祭『結いのおと-TEN-』Day1-
REVIEW
元気がないときは、お腹いっぱい食べるしかない – かりんちょ落書き『レストラン』
COLUMN
【2023年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
街なか音楽祭『結いのおと』の継続で生まれた、地域と人の結節点 – 「結いプロジェクト」野…
COLUMN
【2023年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
少年キッズボウイ“最終兵器ディスコ” - 感情の昂りは、戦争ではなく踊るエネルギーに
REVIEW
周辺住民『祝福を見上げて』 – 自分の心模様を映してくれる、弾き語り作品集
COLUMN
【2023年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
井上杜和『日々浪漫(DAILY ROMANCE)』 – 古典手法を味方に現代の風俗を織り込んだ、自由…
REVIEW
鈴木青『始まりはいつもこんなポップス』 – 灰ではなく、炭になる燃え方を
COLUMN
【2023年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年12月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年11月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
一人きりでの宅録を突き詰めた先で開いた、オーケストラの彩り – 高知在住SSW・ハナカタマサキ『Sm…
COLUMN
【2022年10月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
COLUMN
【2022年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
照らされるんじゃない、輝くんだ – 加速する「BRIGHT PUNK」バンド MINAM…
COLUMN
【2022年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
50 pears『Wave Biograph』 – バンドは、小さな波が集合して生み出す大きな波
COLUMN
【2022年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
くぐり『形』 – 解放を志向し、現世を超越した存在となる
COLUMN
【2022年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
雨が降って虹が出るまで、ミュージカル映画のような23分間 – ソウルベイベーズ『Soulbabies…
COLUMN
【2022年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
肩書きを外した“人と人”の交流 ーー『逆光』須藤蓮監督が見つけた、地に足ついた宣伝の原理
REVIEW
かりんちょ落書き“海が満ちる” – 灯台の光のように、目的地を照らす歌
COLUMN
【2022年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
qoomol “You are so Claire” -『ミッド・サマー』に通じるアンビバレンスな芸…
COLUMN
【2022年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
みらんとLIGHTERSーー“猫”映画の公開記念イベント・ライブレポート
INTERVIEW
【第一回】音楽のラッピングーーグラフィックデザイナー・TYD™️(豊田由生)
INTERVIEW
京都の〈外〉から来て5年、確信とエラーで進む空間現代の現在地
INTERVIEW
アーティストが集まる理由ーー代表・番下さんに聞いた、bud musicが描くフラットな関係性
INTERVIEW
鈴木青が放つ、目の前の影を柔らげる光の歌
REVIEW
crap clap – ノスタルジー
COLUMN
今、どんな風が吹いている?|テーマで読み解く現代の歌詞
COLUMN
「あなたはブサイクだから」の呪い|魔法の言葉と呪いの言葉

LATEST POSTS

INTERVIEW
激しい音像で奏でる包み込むサウンドと蒼く優しい世界線 – とがるインタビュー

グランジィJ-POPプロジェクトと称する、東京を中心に活動するナカニシイモウのソロプロジェクト「とが…

INTERVIEW
「大阪を代表するバンドになりたい」ショーウエムラ(アフターアワーズ)が語る、地元に育てられたバンドマンとしての自負

アフターアワーズのライブを初めて観たのは2017年5月6日の『祝春一番』。〈服部緑地野外音楽堂〉の大…

REPORT
感情が技術を上回る日 – 『“ステエションズ ” 2nd Album “ST-2” Release Party』ライブレポート

5月17日に大阪・梅田のライブハウス〈シャングリラ〉で開催された『“ステエションズ ” 2nd Al…

REPORT
【SXSW2023】移りゆくアジアの重心と、裏庭に集う名もなき音楽ラバーたち

2年ぶりとなった昨年のSXSWに引き続き、今年も3月に2023年もオースティンでイベントを楽しむこと…

COLUMN
【2023年5月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…