NEWS

空間現代、新興カセット・レーベル〈ULYSSA〉より新作カセット作品『After』をリリース。東京と京都でワンマンライブの開催も決定

MUSIC 2022.09.07 Written By 柴田 真希

空間現代がインディアナ州ブルーミントンとメキシコを拠点とする新興カセット・レーベル〈ULYSSA〉より新作カセット作品『After』を発売。2019年の『Palm』以来の新作となっている。Bandcampにてカセットの予約販売のほか、各種配信も開始。昨年より録音していた演奏を再構築した楽曲とのこと。

 

また、年内に発表を予定している〈HEADZ〉の新レーベル〈Leftbrain〉からの新作アルバムのプレ・リリース・ライブとして、単独公演を10/22(土)〈京都アバンギルド〉、10/25(火)〈渋谷WWW〉にて連続開催する。自らの拠点〈外〉以外では初となる京都での単独公演、そして東京では2019年の『Palm』レコ発以来となる単独公演となる。

 

空間現代は、詩人・吉増剛造と〈外〉で行ったパフォーマンスのドキュメンタリーである七里圭監督最新作『背 吉増剛造×空間現代』の公開も控えている。

After

 

アーティスト: 空間現代
仕様:カセット / デジタル
レーベル:[ULYSSA]

試聴・購入:https://ulyssa.bandcamp.com/album/after
Spotifyはこちら / Apple Musicはこちら

 

収録曲

1. Super Lights
2. Odd Answer
3. Invader in Cafe
4. Old Society
5. Unknown Habits
6. Friction Kills Letter

空間現代 Solo Performance『Pre/After』

10月22日(土)開場 19:00 / 開演 19:30 京都 UrBANGUILD
予約 http://urbanguild.net/event/20221022_kuukangendai_preafter/

 

10月25日(火)開場 19:00 / 開演 20:00 渋谷 WWW
予約 https://forms.gle/LwFjSyTDmPVpBgxU6

空間現代

 

2006年、野口順哉(Gt / Vo)、古谷野慶輔(Ba)、山田英晶(Dr)の3人によって結成。2016年9月、活動の場東京から京都へ移し、自身の制作および公演の拠点としてライブハウス〈外〉を左京区・錦林車庫前に開業。2021年、最新EP『Tentei』を発表。先鋭的なアーティスト達とのジャンルを超えた作品制作も積極的に行う。2019年度、京都市芸術文化特別奨励者。
Webサイト:https://kukangendai.com/

WRITER

RECENT POST

COLUMN
【2022年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
照らされるんじゃない、輝くんだ – 加速する「BRIGHT PUNK」バンド MINAM…
COLUMN
【2022年8月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
50 pears『Wave Biograph』 – バンドは、小さな波が集合して生み出す大きな波
COLUMN
【2022年7月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
くぐり『形』 – 解放を志向し、現世を超越した存在となる
COLUMN
【2022年6月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
雨が降って虹が出るまで、ミュージカル映画のような23分間 – ソウルベイベーズ『Soulbabies…
COLUMN
【2022年5月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
INTERVIEW
肩書きを外した“人と人”の交流 ーー『逆光』須藤蓮監督が見つけた、地に足ついた宣伝の原理
REVIEW
かりんちょ落書き“海が満ちる” – 灯台の光のように、目的地を照らす歌
COLUMN
【2022年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REVIEW
qoomol “You are so Claire” -『ミッド・サマー』に通じるアンビバレンスな芸…
COLUMN
【2022年3月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト
REPORT
みらんとLIGHTERSーー“猫”映画の公開記念イベント・ライブレポート
INTERVIEW
【第一回】音楽のラッピングーーグラフィックデザイナー・TYD™️(豊田由生)
INTERVIEW
京都の〈外〉から来て5年、確信とエラーで進む空間現代の現在地
INTERVIEW
アーティストが集まる理由ーー代表・番下さんに聞いた、bud musicが描くフラットな関係性
INTERVIEW
鈴木青が放つ、目の前の影を柔らげる光の歌
REVIEW
crap clap – ノスタルジー
COLUMN
今、どんな風が吹いている?|テーマで読み解く現代の歌詞
COLUMN
「あなたはブサイクだから」の呪い|魔法の言葉と呪いの言葉

LATEST POSTS

INTERVIEW
偶発的な出会いを火種に。人と人をつなぎ、価値を創るまちづくりとは

2012年にオープンした〈京都水族館〉を皮切りに、急速に再整備が進んだ梅小路公園。拡張していく梅小路…

COLUMN
【2022年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

REVIEW
ズカイ『ちゃちな夢中をくぐるのさ』 – ネガティブなあまのじゃくが歌う「今日を生きて」

まず16曲入りという点がいい。キレイにまとめるよりも、言いたいことをすべて言うその姿勢は、ズカイの集…

REVIEW
帝国喫茶『帝国喫茶』 – 三者三様の作家性が融合した、帝国喫茶の青春

三者三様の作家性が融合した、帝国喫茶の青春 三者…

REVIEW
ヨットヘヴン『健康快樂』 – 今を楽しく生きようとする生活者の歌

安延沙希子(以下、さっちゃん)の歌は彼女にしか出せない味わいがある。声色はほんのりマット。メロディに…