EVENT

劇団三毛猫座朗読公演『くじらの昇る海底』

劇団三毛猫座が2021年3月27日(土)、 28日(日)に京都市の〈MEDIA SHOP gallery2〉にて、朗読公演『くじらの昇る海底』を上演する。

 

劇団三毛猫座は主宰のnecoを中心に京都市立芸術大学の学生が旗揚げし、2015年に活動を開始。現在の劇団員は全員女性で、演劇だけでなく、朗読劇、オペラ、ミュージカル、パフォーマンス作品も制作しながら京都を中心に活動中である。

 

なお本公演は文化庁の『令和2年度文化芸術活動の継続支援事業』の支援により製作された朗読劇である。出演は所属劇団員である、大塚啓、柴田奈緒、宮本結妃、もりたまゆこ(声の出演)のほか、客演として、つちはしゆう奈、久保田瑞樹が出演し、打楽器奏者の中山美輝が演奏で参加。脚本は劇団三毛猫座初起用の脚本家、金子ハルが担当する。

朗読公演『くじらの昇る海底』

 

『鯨骨生物群集』

深海において沈降した鯨の死骸を中心に形成される生物群集のこと。

 

死者へ、思いを寄せるとき。

私たちは私の理想を介さず、死者へ寄り添うことはできるのか。

死者を再生しようとする者。

死者に暴かれようとする者。

自らが死者であったかもしれない者。

彼女たちを、深海に沈む鯨は静かに俯瞰する。

自らのエゴイズムと真実の間で揺れる、3本のオムニバス朗読劇。

新たな脚本家を迎えての新作公演。

日時

2021年3月27日(土)13:00〜 / 17:00〜

2021年3月28日(日)13:00〜 / 17:00〜

 

※開演より、受付開始は1時間前、開場は15分前

※上演時間は約45分を予定

会場

MEDIA SHOP gallery2

演出

neco

脚本

金子ハル

出演

劇団三毛猫座

大塚啓

柴田奈緒

宮本結妃

もりたまゆこ(声の出演)

 

客演

つちはしゆう奈

関西を中心に、フリーランスの役者として活動。ミュージカル、演劇、コンサート、ライブに多数出演。

 

久保田瑞樹

京都市立芸術大学ビジュアルデザイン専攻を卒業。大学ではミュージカルサークルに所属し、キャストとして活動。現在所属している企画団体〈世界平和〉では役者として舞台や映像作品に出演。また物販を担当し、小道具やアクセサリーなどを制作している。

 

中山美輝 (打楽器演奏)

京都市立芸術大学音楽学部卒業。相愛大学音楽専攻科修了。フリーランスの打楽器奏者として、関西をはじめとするプロオーケストラ等に客演。『めをと でゅお』『 Magritt 』『たいこ組』『 ÜMM 』の各メンバー。

料金

一般 ¥1,500

学生 ¥1,000

 

チケット予約はこちら

 

お問い合わせ

mikeneco.info@gmail.com

WRITER

Recent Posts

INTERVIEW
批評誌『痙攣』が伝える「ないものを探す」という批評の在り方
REVIEW
Nagakumo – PLAN e.p.
SPOT
HOOK UP RECORDS
COLUMN
『永遠のなつやすみ』からの卒業 - バレーボウイズ解散によせて
REVIEW
EGO-WRAPPIN’ – 満ち汐のロマンス
REVIEW
ローザ・ルクセンブルグ – ぷりぷり
REVIEW
(夜と)SAMPO – 夜と散歩
REVIEW
羅針盤 – らご
REVIEW
竹村延和 – こどもと魔法
COLUMN
Dig!Dug!Asia! Vol.4 イ・ラン
SPOT
ライブバー ファンダンゴ
SPOT
扇町para-dice
SPOT
寺田町Fireloop
REVIEW
MASS OF THE FERMENTING DREGS – You / うたを歌えば
REVIEW
FALL ASLEEP – Various Artists
REVIEW
ニーハオ!!!! – FOUR!!!!
INTERVIEW
ネガティブが生んだポジティブなマインド – ゆ~すほすてるが語る僕らの音楽
REVIEW
大槻美奈 – BIRD
REVIEW
YMB-ラララ
REPORT
京音 -KYOTO- vol.13 ライブレポート
SPOT
鑪ら場
INTERVIEW
感情という名の歌。鈴木実貴子ズが歌う、あなたに向けられていない音楽
SPOT
□□□ん家(ダレカンチ)
INTERVIEW
こだわりと他者性を遊泳するバンド - ペペッターズ『KUCD』リリースインタビュー
REPORT
ネクスト・ステージに向かうための集大成 Easycome初のワンマンライブでみせた圧倒的なホーム感
INTERVIEW
更なる深みを目指してーザ・リラクシンズ『morning call from THE RELAXINʼ…
INTERVIEW
忖度されたハッピーエンドより変わらぬ絶望。葉山久瑠実が出す空白の結論
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 2日目
REVIEW
ベルマインツ – 透明の花ep
REPORT
集大成という名のスタートライン-ナードマグネット主催フェス『ULTRA SOULMATE 2019』…
INTERVIEW
僕のEasycomeから、僕らのEasycomeへ – 無理をせず、楽しみ作った最新アル…
INTERVIEW
永遠の夏休みの終わりと始まり – バレーボウイズが語る自身の成長と自主企画『ブルーハワイ…
INTERVIEW
時代の変革が生んだ「愛」と「憂い」の音楽、ナードマグネット須田亮太が語る『透明になったあなたへ』
INTERVIEW
your choiceコーナー仕掛け人に聴く、今だからこそ出来る面白いこと~タワーレコード梅田大阪マ…
REPORT
マーガレット安井が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
やるなら、より面白い方へ。おとぼけビ~バ~が語る、いままでの私たちと、そこから始まるシーズン2。
REVIEW
花柄ランタン『まっくらくらね、とってもきれいね。』
REVIEW
ペペッターズ『materia=material』
INTERVIEW
捻くれたポップネスと気の抜けたマッドネスが生み出した珠玉のポップソング。YMBが語る、僕らの音楽。
INTERVIEW
挫折と葛藤の中で生まれた、愛と開き直りの音楽 - Superfriends塩原×ナードマグネット須田…
REVIEW
Homecomings – WHALE LIVING
REPORT
【マーガレット安井の見たボロフェスタ2018 / Day1】ナードマグネット / King gnu …
INTERVIEW
私たちがバンドを続ける理由。シゼンカイノオキテが語る、15年間と今について。
REVIEW
Easycome – お天気でした
REVIEW
相米慎二 – 台風クラブ
COLUMN
脚本の妙から先へと向かう傑作 今こそ『カメラを止めるな!』を観なければならない理由
REVIEW
CAMERA TALK – FLIPPER’S GUITAR
REVIEW
Guppy – Charly Bliss
REVIEW
Down To Earth Soundtrack (SNOOP DOGG「Gin and juice…

LATEST POSTS

INTERVIEW
シンガーソングライターという自覚の芽生え – ぎがもえかインタビュー

1997年生まれのシンガーソングライター、ぎがもえか。東京を中心にライブ活動を行い、筆者も下北沢のm…

COLUMN
【2021年4月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

COLUMN
【2021年4月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

COLUMN
書評企画『365日の書架』3月のテーマ:ここじゃない場所に生まれて

3月のテーマ:ここじゃない場所に生まれて 3月の…

REVIEW
たけとんぼ – 春はまだか / 旅の前

2015年の結成、平松稜大(Gt / Vo)ときむらさとし(Dr / Vo)による東京を拠点とするフ…