INTERVIEW

時代の変革が生んだ「愛」と「憂い」の音楽、ナードマグネット須田亮太が語る『透明になったあなたへ』

MUSIC 2019.06.18 Written By マーガレット 安井

「Weezerです」と開き直ったままだと、化石になってしまうと感じる

──

今回のアルバムで、オマージュ元からWeezerを外した理由って何ですか。

須田

「もう、いっぱいやったしな」と思っていて。『MISS YOU』の中で3,4曲分のWeezerネタをぶっこんだし、方々で散々「ジャパニーズ・ウィーザー」と言ってきた。それに先ほど話したように “アップサイドダウン” がまず出来たというのもあるので、ここらでWeezerを外して色んなことを試してもいいのかなと思ったんです。だから “バッド・レピュテイション(M04) ”のように2000年代ポップ・パンク大博覧会みたいな曲も出来たし、逆にThe Wellingtonsのカヴァー “Song For Zac & Kate(M10)” では今までよりも王道なパワー・ポップに寄せることができました。

──

今回のアルバムの収録曲は須田さんの中では全部、パワー・ポップというジャンルなんですよね。

須田

そうです。僕にとっては全部パワー・ポップという括りですね。

──

ポップ・パンク的な曲を入れて、意図的にパワー・ポップの範囲を広げようとしたんでしょうか?

須田

パワー・ポップは人によって解釈がバラバラ。それこそ70年代のRaspberriesやThe Knackみたいなバンドをパワー・ポップと言う人もいるし、Weezerのような90年代パワー・ポップを「パワー・ポップだ!」という人もいます。でも、例えばBowling for Soupなんかはポップ・パンクのシーンから出てきているけど、僕にとってはあれはパワー・ポップなんです。それにWeezerに関しても「100%パワー・ポップか?」と言われると、そうではないと思っていて。初期なんかはグランジの影響もあったし、パワー・ポップって言えるのは “Buddy Holly” や “Photograph” とかなのかなと思うんです。

 

そうなるとパワー・ポップの解釈の幅が凄く広がりますよね。今回のアルバムを聴いて「こんなん全然、パワー・ポップじゃないよ」と言う人もいるかもしれないですが、Weezerのオマージュだけをやり続けて「パワー・ポップです」と言うのも、パワー・ポップという音楽に対して失礼だと思うんです。ナードマグネットはパワー・ポップバンドを掲げる以上は全部やりたいし、僕はそれらの音楽が全部好きなんで。だから色々やって解釈の幅を広げてもいいのかなと。

──

僕はオマージュ元にWeezerを外したという話を聞いて「ナードマグネット=Weezer」というイメージを払拭させたいのかなと思っていました。

須田

相変わらず「Weezerのパクリみたいな、バンドやっています」とライブ中には言ってますけどね(笑)。ただこんなロックバンドに逆風が来ている時代に、こういうスタイルでやっている時点で保守的な音楽だと思うんです。だからジャンルの中で精一杯の冒険はしたくって。その結果が『透明になったあなたへ』だと思います。

 

パワー・ポップの解釈の中でいっぱい遊んでみて、歌詞の内容は現代にリンクさせる。そこでずっと「Weezerです」と開き直ったままだと、化石になってしまうと感じていて。だからWeezerを外したのも、化石にならないための試行錯誤の1つではあります。

──

ナードマグネットは進化し続けないといけない、ということですね。

須田

そうですね。もちろんこういうサウンドが好きだからやっているんですけど、2019年にバンドをやってるからには、それなりの理由を持たせてやりたい、とは思っています。

音楽だけに集中していける環境ならば、それがインディーズか、メジャーは問わない

──

アルバム以外のトピックスだと、ナードマグネットは2019年8月4日に大阪城野外音楽堂で『ULTRA SOULMATE 2019』という夏フェスを開催しますね。

須田

すっと前からレーベルと「いつかフェス形式で一発デカいことをやろう」と話をしてたんですよ。実は去年にも「フェスをやろう」という話は出たんですけど、僕はアルバム制作モードだったこともあり「アルバムをリリースするタイミングでやりたい」と言ったんです。それでアルバムがリリースしたので、今年やることになりました。

──

その話を聞くと、レーベル側としては「ナードマグネットなら野音を埋めそう」という思いもあるのかなと感じるのですが。

須田

いや、完全にチャレンジですね。正直埋まるかどうかは今もわからないですけど、用意しないと頑張れないんで(笑)。でも10年以上やっているし、その積み重ねを形として残したいと感じていて、そうなると「野音くらいインパクトがないとな」と。まあ今回の野音だけでなく、毎回チャレンジの連続ですけどね。ワンマンの規模も前回キャパ500人のバナナホールを埋めるだけで大変だったのに、今回はBIGCAT(収容人数:850人)ですからね。毎回「ヒーヒー」言いながらやっています。

──

傍目からみると順調に売れっ子の階段を上がっているように思うのですが、そうではないということでしょうか?そう言えば、須田さんは今も会社員としても働いていますよね。

須田

そうです。今はメンバー全員、仕事を持ちながら音楽活動をやっています。もちろん音楽だけで食べていけるのが一番良いんですが、音楽一本で収入が得られるのは相当な規模の話なので。ただ僕らに関しては、このスタイルを続けれるだけ続けた方が面白いと思うんです。だって有給取って、ミュージックステーション出るとかすごく面白いじゃないですか(笑)。

──

確かに(笑)。「音楽だけで食べていけるなら一番良い」と言われましたが、それはメジャーを目指すということでしょうか?

須田

音楽に集中できる環境が得られることが一番の選択肢であって、インディーズか、メジャーは問わないですね。最近はメジャーにいっても景気の悪い話が多いですよねそういうのを見てると、やれるだけ今のスタイルでやれた方が良いのかなと思うんです。よくライヴのMCで仕事の話をメッチャしますが、一見ミュージシャンになる夢を壊しているようで、むしろ僕らのやり方の方が夢があるかもと思っています。

──

入れ替わり、立ち代わり激しい音楽業界で、仕事を続けて地に足をつけながらバンド活動を行う。そしてリスナーからの支持も得る。これって今までにないサクセス・ストーリーだと感じます。

須田

僕らはすでに13年目に突入しましたが「あー、次はこういうスタイルが流行るのか」という入れ替わり、立ち代わりを傍目で観てきたんで。だからこそ今の自分たちのやり方が出来ると思いますね。

──

上京しようと思ったことはないですか?

須田

「仕事やめて東京行くか?」と言われたら、絶対ないですね。メンバー全員、関西で仕事を持っているし、ペースも慣れてきたので。このスタイルでやるのが、今は最適だと感じています。実際、僕は仕事を辞めたことで精神的な部分がグラグラして、無職の半年間はメチャクチャしんどかったですし。そこから転職して、今は恵まれた環境で働けているので、運が良いと思います。

──

なかなかないですよね、「大型フェス出演決まったので、有給使わせてください」で快く送り出してくれる会社は。

須田

本当にそこは奇跡だと思いますね(笑)。今でも「この仕事、よく見つけたな」と感じています。だからこそ、職場にも感謝しているし、この環境で限界が来るまで頑張ろうと思います。

作品情報

 

 

アーティスト:ナードマグネット
タイトル:透明になったあなたへ
レーベル:THISTIME Records
発売日:2019年06月12日
価格:2,500円(税込)
品番:TTPC-0011

 

収録曲

 

01. Intro
02. アップサイドダウン
03. FREAKS & GEEKS
04. バッド・レピュテイション
05. 透明になろう
06. I’m Not Gonna Teach Your Boyfriend How To Dance With You (COVER)
07. 虹の秘密
08. テキサス・シンデレラ
09. 家出少女と屋上
10. Song For Zac & Kate(日本語カバー)
11. COMET
12. THE GREAT ESCAPE
13. HANNAH / You Are My Sunshine

ライヴ情報

 

 

ナードマグネット presents「ULTRA SOULMATE 2019」
日時:8月4日(日) open 11:30 / start 12:30

場所:大阪城野外音楽堂

出演:ナードマグネット / フレンズ / teto / cinema staff / 愛はズボーン / 夜の本気ダンス / DENIMS and more
料金:前売り ¥4,500 / 当日 ¥5,000(ドリンク代別)

チケット:一般発売中

イープラス

ぴあ(Pコード:143-523) 
ローチケ(Lコード:55740)

CNプレイガイド

セブンチケット

GREENS!チケット

お問合せ:GREENS 06-6882-1224(平日11:00~19:00)

 

ナードマグネット公式ホームページ

https://nerd-magnet.com/

WRITER

RECENT POST

REVIEW
大槻美奈『LAND』-愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』
INTERVIEW
今はまだ夢の途中 – AIRCRAFTが語る『MY FLIGHT』までの轍
COLUMN
編集部員が選ぶ2023年ベスト記事
REVIEW
Qoodow『水槽から』 – 「複雑さ」すらも味にする、やりたいを貫くオルタナティヴな作…
REVIEW
The Slumbers『黄金のまどろみ』 – 先人たちのエッセンスを今へと引き継ぐ、昭…
COLUMN
サステナブルな理想を追い求めるバンド – (夜と)SAMPOが会社員でありながらバンドを…
REPORT
ボロフェスタ2023 Day2(11/4)- タコツボを壊して坩堝へ。ボロフェスタが創造するカオス
REPORT
ボロフェスタ2023 Day1(11/3) – 蓄積で形成される狂気と奇跡の音楽祭
INTERVIEW
物語が生み出すブッキング – 夜の本気ダンス×『ボロフェスタ』主宰・土龍が語る音楽フェス…
INTERVIEW
自発性とカオスが育む祭 – 22年続く音楽フェス『ボロフェスタ』の独自性とは?
REVIEW
てら『太陽は昼寝』 – 人間の内面を描く、陽だまりのような初バンド編成アルバム
REPORT
ナノボロ2023 Day2(8/27)‐ コロナからの呪縛から解放され、あるべき姿に戻ったナノボロ…
REVIEW
鈴木実貴子ズ『ファッキンミュージック』- 自分ではなく、好きになってくれたあなたに向けられた音楽
REVIEW
オートコード『京都』 – “東京”に対する敬愛が生んだ25年目のオマージュ
INTERVIEW
Nagakumoがポップスを作る理由 – 実験精神を貫き、大衆性にこだわった最新作『JU…
INTERVIEW
町のみんなと共生しながら独自性を紡ぐ。支配人なきシアター、元町映画館が考える固定観念の崩し方
INTERVIEW
つながりと問題のなかで灯を守り続ける – シネ・ヌーヴォの2023年
INTERVIEW
壁を壊して、枠組みを広げる映画館 – あなたの身近なテーマパーク〈塚口サンサン劇場〉とは…
REVIEW
ここで生きてるず“彗星ミサイル” – 愚直ながらも、手法を変えて人生を肯定し続けるバンド…
REPORT
坩堝ではなく、共生する園苑(そのその) – 『KOBE SONO SONO’23』ライブ…
INTERVIEW
僕らがフリージアンになるまで – リスペクトと遠回りの末に生まれたバンドの軌跡
REVIEW
パンクを手放し、自己をさらけ出すことで手にした 成長の証 – ムノーノモーゼス『ハイパー…
REPORT
感情が技術を上回る日 – 『“ステエションズ ” 2nd Album “ST-2” Re…
REVIEW
oOo『New Jeans』- 陰と陽が織りなすイノセントなセカイ
REVIEW
ステエションズ『ST‐2』 - 千変万化でありながら、それを感じさせない強靭なポップネス
REVIEW
揺らぎ『Here I Stand』- 型にはまらない姿勢を貫く、どこにも属さない揺らぎの一作目
REVIEW
くつした『コズミックディスク』 - 変わらずに歌い続けた空想の世界
REVIEW
台風クラブ『アルバム第二集』 - 逃避から対峙へ、孤独と絶望を抱えながらも前進するロックンロール
INTERVIEW
経験の蓄積から生まれた理想郷 ー ASR RECORDS 野津知宏の半生と〈D×Q〉のこれから
REPORT
ボロフェスタ2022 Day3(11/5)-積み重ねが具現化した、“生き様”という名のライブ
REVIEW
ベルマインツ『風を頼りに』- 成長を形に変える、新しい起点としての1枚
REVIEW
ズカイ『ちゃちな夢中をくぐるのさ』 – ネガティブなあまのじゃくが歌う「今日を生きて」
REVIEW
帝国喫茶『帝国喫茶』 – 三者三様の作家性が融合した、帝国喫茶の青春
REVIEW
糞八『らくご』 – 後ろ向きな私に寄り添う、あるがままを認める音楽
REPORT
マーガレット安井の見たナノボロ2022 day2
INTERVIEW
おとぼけビ〜バ〜 × 奥羽自慢 - 日本酒の固定観念を崩す男が生み出した純米大吟醸『おとぼけビ〜バ〜…
INTERVIEW
僕の音楽から誰かのための音楽へ – YMBが語る最新作『Tender』とバンドとしての成…
INTERVIEW
失意の底から「最高の人生にしようぜ」と言えるまで – ナードマグネット須田亮太インタビュー
REVIEW
Noranekoguts『wander packs』シリーズ – 向き合うことで拡張していく音楽
REVIEW
真舟とわ『ルルルのその先』 – 曖昧の先にある、誰かとのつながり
REVIEW
ナードマグネット/Subway Daydream『Re:ACTION』 – 青春と青春が交わった交差…
REVIEW
AIRCRAFT『MAGNOLIA』 – 何者でもなれる可能性を体現した、青春の音楽
REVIEW
Nagakumo – EXPO
REVIEW
水平線 – stove
INTERVIEW
(夜と)SAMPOの生き様。理想と挫折から生まれた『はだかの世界』
INTERVIEW
自然体と無意識が生み出した、表出する音楽 – 猫戦インタビュー
REVIEW
藤山拓 – girl
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2021Day4 – 2021.11.5
INTERVIEW
地球から2ミリ浮いてる人たちが語る、点を見つめ直してできた私たちの形
REVIEW
西村中毒バンド – ハローイッツミー
INTERVIEW
移民ラッパー Moment Joon の愚直な肖像 – 絶望でも言葉の力を信じ続ける理由
INTERVIEW
「逃れられない」をいかに楽しむか – 京都ドーナッツクラブ野村雅夫が考える翻訳
COLUMN
“水星”が更新される日~ニュータウンの音楽~|テーマで読み解く現代の歌詞
INTERVIEW
批評誌『痙攣』が伝える「ないものを探す」という批評の在り方
REVIEW
Nagakumo – PLAN e.p.
INTERVIEW
HOOK UP RECORDS
COLUMN
『永遠のなつやすみ』からの卒業 - バレーボウイズ解散によせて
REVIEW
EGO-WRAPPIN’ – 満ち汐のロマンス
REVIEW
ローザ・ルクセンブルグ – ぷりぷり
REVIEW
(夜と)SAMPO – 夜と散歩
REVIEW
羅針盤 – らご
REVIEW
竹村延和 – こどもと魔法
COLUMN
Dig!Dug!Asia! Vol.4 イ・ラン
INTERVIEW
Live Bar FANDANGO
INTERVIEW
扇町para-dice
INTERVIEW
寺田町Fireloop
REVIEW
MASS OF THE FERMENTING DREGS – You / うたを歌えば
REVIEW
FALL ASLEEP 全曲レビュー
REVIEW
ニーハオ!!!! – FOUR!!!!
INTERVIEW
ネガティブが生んだポジティブなマインド – ゆ~すほすてるが語る僕らの音楽
REVIEW
大槻美奈 – BIRD
REVIEW
YMB-ラララ
REPORT
京音 -KYOTO- vol.13 ライブレポート
INTERVIEW
感情という名の歌。鈴木実貴子ズが歌う、あなたに向けられていない音楽
INTERVIEW
□□□ん家(ダレカンチ)
INTERVIEW
こだわりと他者性を遊泳するバンド - ペペッターズ『KUCD』リリースインタビュー
REPORT
ネクスト・ステージに向かうための集大成 Easycome初のワンマンライブでみせた圧倒的なホーム感
INTERVIEW
更なる深みを目指してーザ・リラクシンズ『morning call from THE RELAXINʼ…
INTERVIEW
忖度されたハッピーエンドより変わらぬ絶望。葉山久瑠実が出す空白の結論
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 3日目
REPORT
マーガレット安井が見たボロフェスタ2019 2日目
REVIEW
ベルマインツ – 透明の花ep
REPORT
集大成という名のスタートライン-ナードマグネット主催フェス『ULTRA SOULMATE 2019』…
INTERVIEW
僕のEasycomeから、僕らのEasycomeへ – 無理をせず、楽しみ作った最新アル…
INTERVIEW
永遠の夏休みの終わりと始まり – バレーボウイズが語る自身の成長と自主企画『ブルーハワイ…
INTERVIEW
your choiceコーナー仕掛け人に聴く、今だからこそ出来る面白いこと~タワーレコード梅田大阪マ…
REPORT
マーガレット安井が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
やるなら、より面白い方へ。おとぼけビ~バ~が語る、いままでの私たちと、そこから始まるシーズン2。
REVIEW
花柄ランタン『まっくらくらね、とってもきれいね。』
REVIEW
ペペッターズ『materia=material』
INTERVIEW
捻くれたポップネスと気の抜けたマッドネスが生み出した珠玉のポップソング。YMBが語る、僕らの音楽。
INTERVIEW
挫折と葛藤の中で生まれた、愛と開き直りの音楽 - Superfriends塩原×ナードマグネット須田…
REVIEW
Homecomings – WHALE LIVING
REPORT
【マーガレット安井の見たボロフェスタ2018 / Day1】ナードマグネット / King gnu …
INTERVIEW
私たちがバンドを続ける理由。シゼンカイノオキテが語る、15年間と今について。
REVIEW
Easycome – お天気でした
REVIEW
相米慎二 – 台風クラブ
COLUMN
脚本の妙から先へと向かう傑作 今こそ『カメラを止めるな!』を観なければならない理由
REVIEW
CAMERA TALK – FLIPPER’S GUITAR
REVIEW
Guppy – Charly Bliss
REVIEW
Down To Earth Soundtrack (SNOOP DOGG「Gin and juice…

LATEST POSTS

COLUMN
【2024年2月】今、東京のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「東京のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」京都、大阪の音楽シーンを追っ…

INTERVIEW
ただ笑顔でいてほしい。黒沼英之が休止中の10年間で再認識した、作った曲を発表することの意味

「元気で、よかった」シンガーソングライター・黒沼英之が音楽活動を再開すると知って、初めに思ったことだ…

COLUMN
【2024年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

INTERVIEW
Ribet townsは12人組プロジェクトチーム!? 現代社会を楽しく生き抜く処世術を歌う、新作に至った意識の変化

つくづくRibet townsはタフなバンドだと思う。2016年に京都で活動開始した当初から、12人…

REVIEW
大槻美奈『LAND』-愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』

愛で自身の問いに終止符を打つ、集大成としての『LAND』 …