NEWS

mogsanが野呂佳代をボーカルに迎えた”さよならサマー”を配信限定でリリース

MUSIC 2019.07.15 Written By 峯 大貴

東京は杉並区永福町を拠点とする4人組ポップバンドmogsanが、タレントの野呂佳代をメインボーカルに迎えた楽曲“さよならサマー”を7月15日(月)に配信限定でリリースした。

mogsanが描き出そうとしているポップ・ミュージックのスタンスは徐々に変化を遂げている。2017年の1stアルバム『月と健康』は民謡、レゲエ、ボサノヴァなども取り入れたオーガニックなサウンドでありながら、山内健司(Vo / Gt)による“鍋”や“縄文時代”といったポップ・ソングのテーマとしては斜め上を行く日本語表現が、日常をやさしく描き出していたのが特徴的だった。特に表題曲“月と健康”の「からだにいいものたべて 元気でいてね」の歌詞は、私の疲れた心を何度穏やかにしてくれたことだろうか。続く昨年のEP『Summer Noodle』ではハワイアンやサーフ・ミュージックも抱擁し、“Natsuniwa”では大々的にブラス・セクションも導入。テーマは夏に絞りながらも、山内がボーカルを取らないインストゥルメンタルが6曲中2曲含まれていたり、坂本圭介(Dr / Per)のグルーヴにはアフロ・キューバンの要素も感じさせるような、サウンドや演奏形態が格段に拡張した作品となった。

そこから1年ぶりの新曲が野呂佳代をゲストボーカルに迎えたこのコラボレーションだ。野呂佳代がパーソナリティーをつとめる<ON8+1月曜日>(bayfm)にmogsanが数度ゲスト出演しており、オリジナル楽曲“月曜の夜は”(未リリース)を提供し、番組内でコラボ演奏するなど共演を重ねてきた。そんな中で満を持してのリリースとなった“さよならサマー”は『Summer Noodle』で描いた夏のテーマを引き継ぎながら、さらにキャッチーさに磨きをかけたラグジュアリーな仕上がり。しかし山内が描く詞に登場する、商店街、川崎ナンバー、箱根湯沢、焼きそば食べたい、といったワードは豪華絢爛のリゾートというより日常が少しだけ浮き足立つような、ある夏の日を演出している。そんな身近さ、人懐っこさが野呂佳代のタレントとしてのキャラクターともマッチしているのも魅力だ。

 

また演奏はmogsan4人だけではなく、8人ものゲスト・ミュージシャンを迎えている。いーはとーゔから森飛鳥(Gt / Cho)、簗島瞬(Key)。超常現象や折坂悠太(合奏)、South Penguinなど様々な演奏に参加している打楽器奏者 宮坂遼太郎(Per)や、シンガーソングライターの大石晴子(Cho)など現在東京のライヴハウスを中心に活動している顔ぶれだ。最近では先月ぎがえもかがリリースした『メイクアップ』に神永明博(Ba)が演奏、山内がプロデュースとして参加するなど、徐々に4人組ポップバンドの範疇に収まらない活動となりつつあるmogsan。まるでティン・パン・アレーのようにプロデュース・チームとして周りのファミリーを巻き込みながら、独自のポップスを追求している彼らによる渾身のサマーチューンをお楽しみください。

<ON8+1月曜日>(bayfm)収録風景
作品名

さよならサマー

アーティスト

mogsanと野呂佳代

価格・配信情報

250円(配信限定)

iTunes
Apple Music
Spotify 
Amazon Music

クレジット

作詞・作曲:山内 健司

 

Vo:野呂佳代
Cho:山内健司/森飛鳥/大石晴子/豊田康一郎
Gt:山田和平/森飛鳥
Key:簗島瞬
アルトサックス:Rin
トランペット:mayuko
トロンボーン:vict
Ba:神永明博
Dr / Per:坂本圭介
Per:宮坂遼太郎

 

Art Direction:山田和平
Design:宇野ゆかり
Illustration:ery
Movie&Animation:髙橋生也

Recording:big turtle STUDIOS
Mix&Masteting:yasu2000

 

produced by mogsan&Go-Hi.records

WRITER

RECENT POST

REVIEW
ズカイ – たくさん願い溢れて
INTERVIEW
みらんと話した日ー兵庫在住シンガー・ソングライターによる互いの気持ちを尊重する歌を探る
INTERVIEW
つくるひとが二人、はみ出す創作を語る-井戸健人×畠山健嗣 対談
REVIEW
秘密のミーニーズ – down in the valley
REVIEW
ラッキーオールドサン – うすらい
COLUMN
ご当地ソングからはみ出る方言詞|テーマで読み解く現代の歌詞
REVIEW
ベルマインツ – MOUNTAIN
INTERVIEW
もどかしくもシンプルを求めトガっていく。シャンモニカが語る『トゲトゲぽっぷ』
INTERVIEW
シンガーソングライターという自覚の芽生え – ぎがもえかインタビュー
REVIEW
たけとんぼ – 春はまだか / 旅の前
REVIEW
いちやなぎ – album
REVIEW
ショーウエムラ – 大阪の犬
INTERVIEW
2020年をポジティブに転化するために - 中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)が語る新作『ハビタブ…
REVIEW
かさねぎリストバンド – 踊れる
COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前…
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020
COLUMN
編集部員が選ぶ2020年ベスト記事
COLUMN
〈NEWFOLK〉作品ガイド
INTERVIEW
音楽のすそ野を広げる、影の歌の送り手 - 〈NEWFOLK〉主宰 須藤朋寿インタビュー
INTERVIEW
自分の言葉を持つ人の歌が、心に入ってくる - 浮(BUOY) インタビュー
REVIEW
クララズ – 台風18号
INTERVIEW
“2023”で次の扉を開いた3人のハイライト – ベルマインツ インタビュー
REVIEW
岡林信康 – 岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
REVIEW
田中ヤコブ – おさきにどうぞ
REVIEW
上田正樹と有山淳司 – ぼちぼちいこか
REVIEW
ザ・ディランⅡ – きのうの思い出に別れをつげるんだもの
REVIEW
Bagus! – 恋はうたかた
REVIEW
ベルマインツ – ハイライトシーン
REVIEW
ヤユヨ – ヤユヨ
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(後編)– 天川村から新たな船出『IN,I’M PRAY SUN』
REVIEW
小野雄大 – 素粒子たち
INTERVIEW
覚悟が決まった第二章 – Easycome『レイドバック』インタビュー
INTERVIEW
生きている日が歌になる – ダイバーキリン『その美しさに涙が出る』インタビュー
REVIEW
のろしレコード – のろし
REVIEW
松井文 – ひっこし
REVIEW
gnkosaiBAND – 吸いきれない
REVIEW
イハラカンタロウ – C
REVIEW
折坂悠太 – トーチ
REVIEW
西洋彦 – fragments
REVIEW
クララズ – アメリカン
REVIEW
阿佐ヶ谷ロマンティクス – 独り言
REVIEW
平賀さち枝とホームカミングス – かがやき / New Song
REVIEW
TATEANAS-縄文人に相談だ/君と土偶と海岸で
REVIEW
ズカイ – 毎日が長すぎて
INTERVIEW
30代になった酩酊シンガーてらがRibet townsと鳴らす家族の歌
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2019-『ナイトサークル』リリースインタビュー
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2018
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目
INTERVIEW
キタが語る、オルタナティヴ・バンドthanの正史ー2ndアルバム『LINES』リリース・インタビュー
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
はちゃめちゃなエンタテインメントがやりたいーチャンポンタウン“Giant step”リリース・インタ…
INTERVIEW
3人で歌の本質を確かめる場所―のろしレコード(松井文、夜久一、折坂悠太)『OOPTH』リリース・イン…
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(前編)-新MV“まほう”・“リリィ”を公開&クラウドファンディング始動
REVIEW
アフターアワーズ – ヘラヘラep / ガタガタep
REVIEW
河内宙夢&イマジナリーフレンズ – 河内宙夢&イマジナリーフレンズ
INTERVIEW
休日に音楽を続ける人たちのドキュメント-松ノ葉楽団3rdアルバム『Holiday』リリースインタビュ…
INTERVIEW
日常に散らばった、ささやかな幸せを愛でるー大石晴子 1st EP『賛美』インタビュー
REVIEW
THE HillAndon – 意図はない
REPORT
リクオ『Gradation World』スペシャル・ライヴat 代々木・Zher the ZOO レ…
REVIEW
Ribet towns – メリーゴーランド / CRUSH / みまちがい
REPORT
峯大貴が見た祝春一番2019
INTERVIEW
今また初期衝動に戻ってきた – リクオ『Gradation World』リリースインタビュー–
REVIEW
HoSoVoSo – 春を待つ2人
REPORT
峯大貴が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
ここから踏み出す、ギリシャラブの“イントロダクション” – 2nd Album『悪夢へようこそ!』リ…
INTERVIEW
その時見たもの、感じたことを記録していく – ダイバーキリン『忘れてしまうようなこと』リリースインタ…
REVIEW
チャンポンタウン – ごきげんよう
REVIEW
宵待 – NAGAME
SPOT
cafe,bar & music アトリ
REVIEW
てら – 歌葬
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day3】ULTRA CUB / Gateballers /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day2】Homecomings / Moccobond /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day1】ベランダ / Crispy Camera Club…
INTERVIEW
KONCOS:古川太一 × ボロフェスタ主催 / Livehouse nano店長:土龍対談 - 音…
REVIEW
ローホー – ASIA MEDIA
REVIEW
影野若葉 – 涙の謝肉祭
REVIEW
Pale Fruit – 世田谷エトセトラ
REVIEW
原田知世 – music & me
REVIEW
Traveller – Chris Stapleton

LATEST POSTS

COLUMN
【2021年10月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
折坂悠太 – 心理

月の初めにお届けする、編集部によるクロスレビュー。今月の作品は折坂悠太3枚目のアルバム『心理』です。…

REVIEW
ズカイ – たくさん願い溢れて

大阪の5人組バンド・ズカイについて、筆者は前作ミニアルバム『毎日が長すぎて』のレビューで「ニヒルなピ…

INTERVIEW
鈴木青が放つ、目の前の影を柔らげる光の歌

平成生まれのシンガーソングライター・鈴木青(すずきじょう)。2018年から年に1作のペースで作品を作…

COLUMN
【2021年9月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…