NEWS

Bagus!が2ndシングル『同じ月を見ている/夏なんです(sweltering Dub Mix)』を7インチリリース

MUSIC 2021.02.08 Written By 峯 大貴

2014年に結成、和歌山出身のメンバーを中心とするバンドBagus!が3月14日(日)に2ndシングル『同じ月を見ている/夏なんです(sweltering Dub Mix)』を7インチレコードでリリースする。彼らの音楽性や魅力については昨年のミニアルバム『恋はうたかた』のレビューで紐解いたが、シティ・ポップをラヴァーズ・ロックのメソッドで解釈し、現代だからこそ恋しくなってしまうスウィート・ポップ・ミュージックとして打ち出していく取り組みはここでも引き続いている。

 

表題曲“同じ月を見ている”はエレピのフレーズと、ワウギターのフレーズが煌びやかにサウンドを彩っているが、単に陶酔的なひと時の甘さを描くのではなく、「上手くいかないこともたくさん出てくるでしょう だけど二人なら向き合っていけるはず」と、地に足のついた恋を描写している。それぞれの生活の中で想いの糸を切らさずに、会えない時間こそ大切に育む様にフォーカスを当てているのは、コロナ禍における恋人たちのようでもあり、彼らの1stシングル“チークタイム”で情熱的に惹かれ合った二人のおおよそ1年後の姿として聴いても楽しめるだろう。

 

一方“夏なんです(sweltering Dub Mix)”ははっぴいえんどのカバー。Folk DJことRuv Bytes(Neko Massive)によるダビーなアレンジ解釈が新鮮だ。フォーク・ロックをダブのメソッドでバンド演奏するというアプローチには、彼らの目指すポップ・ミュージックもじりじりと変化していることを示している。

 

7インチに先駆けて3月1日(月)にはサブスクリプションサービスでも配信される。ライブやイベントを思うように行えなくなる中で、昨年から着実にリリースを重ねる方向に突き進んでいる彼らの動向には、引き続き注目していきたい。

同じ月を見ている/夏なんです(sweltering Dub Mix)

 

 

アーティスト:Bagus!
仕様:7インチ、デジタル

レーベル:ハワイレーベル
発売:2020年3月14日(日)

価格:¥1,760(税込)

 

収録曲

 

1.同じ月を見ている
2.夏なんです(sweltering Dub Mix)

Bagus!

 

 

2014年、和歌山市出身の白川(Vo / Gt)と辻(Vo / Key)を中心に結成。 紆余曲折あり2018年より、Lovers Rockを演奏し始める。 コンセプトは「オトナになっても、小粋なロマンスを!」

2020年7月16日より1stミニアルバム『恋はうたかた』をデジタルリリース。

2020年8月8日に1st シングル『チークタイム』を7インチレコードとしてリリース。

100 by KSRに楽曲採用され、2020年10月2日『Nigth Out』をデジタルリリース。

加えて2020年5月よりコロナ禍における、ステイホームな宅録企画「Lovers From Home」をスタート。SoundCloud上にて2020年中に5曲を発表。

 

Twitter : https://twitter.com/team_bagus

Instagram : https://www.instagram.com/teambagus6/ 

WRITER

Recent Posts

REVIEW
ショーウエムラ – 大阪の犬
INTERVIEW
2020年をポジティブに転化するために - 中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)が語る新作『ハビタブ…
REVIEW
かさねぎリストバンド – 踊れる
COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前…
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020
COLUMN
編集部員が選ぶ2020年ベスト記事
COLUMN
〈NEWFOLK〉作品ガイド
INTERVIEW
音楽のすそ野を広げる、影の歌の送り手 - 〈NEWFOLK〉主宰 須藤朋寿インタビュー
INTERVIEW
自分の言葉を持つ人の歌が、心に入ってくる - 浮(BUOY) インタビュー
REVIEW
クララズ – 台風18号
INTERVIEW
“2023”で次の扉を開いた3人のハイライト – ベルマインツ インタビュー
REVIEW
岡林信康 – 岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
REVIEW
田中ヤコブ – おさきにどうぞ
REVIEW
上田正樹と有山淳司 – ぼちぼちいこか
REVIEW
ザ・ディランⅡ – きのうの思い出に別れをつげるんだもの
REVIEW
Bagus! – 恋はうたかた
REVIEW
ベルマインツ – ハイライトシーン
REVIEW
ヤユヨ – ヤユヨ
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(後編)– 天川村から新たな船出『IN,I’M PRAY SUN』
REVIEW
小野雄大 – 素粒子たち
INTERVIEW
覚悟が決まった第二章 – Easycome『レイドバック』インタビュー
INTERVIEW
生きている日が歌になる – ダイバーキリン『その美しさに涙が出る』インタビュー
REVIEW
のろしレコード – のろし
REVIEW
松井文 – ひっこし
REVIEW
gnkosaiBAND – 吸いきれない
REVIEW
イハラカンタロウ – C
REVIEW
折坂悠太 – トーチ
REVIEW
西洋彦 – fragments
REVIEW
クララズ – アメリカン
REVIEW
阿佐ヶ谷ロマンティクス – 独り言
REVIEW
平賀さち枝とホームカミングス – かがやき / New Song
REVIEW
TATEANAS-縄文人に相談だ/君と土偶と海岸で
REVIEW
ズカイ – 毎日が長すぎて
INTERVIEW
30代になった酩酊シンガーてらがRibet townsと鳴らす家族の歌
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2019-『ナイトサークル』リリースインタビュー
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2018
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目
INTERVIEW
キタが語る、オルタナティヴ・バンドthanの正史ー2ndアルバム『LINES』リリース・インタビュー
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
はちゃめちゃなエンタテインメントがやりたいーチャンポンタウン“Giant step”リリース・インタ…
INTERVIEW
3人で歌の本質を確かめる場所―のろしレコード(松井文、夜久一、折坂悠太)『OOPTH』リリース・イン…
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(前編)-新MV“まほう”・“リリィ”を公開&クラウドファンディング始動
REVIEW
アフターアワーズ – ヘラヘラep / ガタガタep
REVIEW
河内宙夢&イマジナリーフレンズ – 河内宙夢&イマジナリーフレンズ
INTERVIEW
休日に音楽を続ける人たちのドキュメント-松ノ葉楽団3rdアルバム『Holiday』リリースインタビュ…
INTERVIEW
日常に散らばった、ささやかな幸せを愛でるー大石晴子 1st EP『賛美』インタビュー
REVIEW
THE HillAndon – 意図はない
REPORT
リクオ『Gradation World』スペシャル・ライヴat 代々木・Zher the ZOO レ…
REVIEW
Ribet towns – メリーゴーランド / CRUSH / みまちがい
REPORT
峯大貴が見た祝春一番2019
INTERVIEW
今また初期衝動に戻ってきた – リクオ『Gradation World』リリースインタビュー–
REVIEW
HoSoVoSo – 春を待つ2人
REPORT
峯大貴が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
ここから踏み出す、ギリシャラブの“イントロダクション” – 2nd Album『悪夢へようこそ!』リ…
INTERVIEW
その時見たもの、感じたことを記録していく – ダイバーキリン『忘れてしまうようなこと』リリースインタ…
REVIEW
チャンポンタウン – ごきげんよう
REVIEW
宵待 – NAGAME
SPOT
cafe,bar & music アトリ
REVIEW
てら – 歌葬
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day3】ULTRA CUB / Gateballers /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day2】Homecomings / Moccobond /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day1】ベランダ / Crispy Camera Club…
INTERVIEW
KONCOS:古川太一 × ボロフェスタ主催 / Livehouse nano店長:土龍対談 - 音…
REVIEW
ローホー – ASIA MEDIA
REVIEW
影野若葉 – 涙の謝肉祭
REVIEW
Pale Fruit – 世田谷エトセトラ
REVIEW
原田知世 – music & me
REVIEW
Traveller – Chris Stapleton

LATEST POSTS

COLUMN
【2021年2月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

REVIEW
Nagakumo – PLAN e.p.

ある日、TwitterにHOLIDAY! RECORDSの植野秀章氏からのDMが。「これはYouTu…

REVIEW
ショーウエムラ – 大阪の犬

大阪のスリーピースバンド、アフターアワーズのショーウエムラ(Vo / Ba)によるソロ・アルバムが2…

COLUMN
【2021年2月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

COLUMN
【カルト映画研究会:第8回】オンリー・ゴッド(Only God Forgives)

それはなぜか?なぜならそれらの暴力には「正当性」という免罪符が与えられているからである。『ドライヴ』…