EVENT

阿佐ロマとワナゴナの冬支度 京都編

Wanna-Gonnaと阿佐ヶ谷ロマンティクス。同世代であり、東京のライヴハウス・シーンを中心に切磋琢磨している2組が京都・名古屋・東京の3カ所で合同ツアーを開催する。京都公演は11月23日にバレーボウイズとギリシャラブを迎えてLive House nanoにて。この2組がnanoで一気に登場するのは、昨年のWanna-Gonnaの1stミニアルバム『In the Right Place』のリリースツアー以来の1年ぶりだ。

この1年の間に阿佐ヶ谷ロマンティクスは2ndフルアルバム『灯がともる頃には』をリリース。活動当初からのJ-POP meets 中南米のリズムやサウンドという視座は確かな血肉としてにじみ出てはいるものの、これまでの印象をふわりとけむに巻く、鮮やかなポップ・ラプソディ集であった。またリリース以降も本間玲(Ba)が正式加入し、ライヴではサポートを務めるふかいお兄さん(Gt)が楽曲を一度ぶっ壊して再構築にかかるようなファズの効いたギタープレイを炸裂させるこれまでにない光景をも見せつつある。そしてなにより有坂朋恵(Vo)の優しい歌声の成長も合わせて、まさに今成長曲線の道中。

 

一方Wanna-Gonnaもオルタナ・カントリーやアメリカンルーツに開眼した前作リリース以降のライヴを見る限りでは、歌を軸に置いたバンド・アンサンブルをさらに突き詰める方向を進んでいる。本ツアーからはニューシングルとなる2曲入りカセット『それから』を販売。表題曲はライヴでもすでに披露されており、“Green Green Grass”や“Three Miles”といった名曲群を引き継ぐ、雄大なミッドテンポの上で竹澤浩太郎(Vo / Gt)の純朴かつ血潮溢れる歌唱が映える美しいバラッドだ。

 

いつもこの2組のステージを見ていると、メンバーそれぞれのルーツから素っ頓狂なアイデアが飛び出して、笑い合いながら曲作りを行っているような光景が見えてくる。言うなれば瑞々しく今の時代を彩るフォーエバーヤングというか、微笑ましいチームビルディングのようなものを感じるのだ。Wanna-Gonnaは中学、阿佐ヶ谷ロマンティクスは大学のサークルで結成、そんな友達からバンドが形成されていったがゆえの雰囲気か。ただ、くすぶった若きモラトリアムなんて遠く夕焼けの彼方、日本のバンド・ミュージックの次なる夜明けをまもなく担うであろう音楽家集団2組と筆者は予見している。

 

京都はもちろん、関西全域の皆様、11月23日はnanoが音楽の鳴り響く“In the Right Place”(=正統な場所)ですよ!彼らの“それから”をしかと見届けるべし!

日時

2018年11月23日(金)

open 17:30 / start 18:00

会場

Live House nano

料金

[adv] ¥2300+1ドリンク

出演

Wanna-Gonna / 阿佐ヶ谷ロマンティクス / バレーボウイズ / ギリシャラブ

You May Also Like

WRITER

Recent Posts

REVIEW
かさねぎリストバンド – 踊れる
COLUMN
従来のイメージを跳ね返す、日本のフォークの変革 - 『#JAPANESE NEWEST FOLK』前…
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2020
COLUMN
編集部員が選ぶ2020年ベスト記事
COLUMN
〈NEWFOLK〉作品ガイド
INTERVIEW
音楽のすそ野を広げる、影の歌の送り手 - 〈NEWFOLK〉主宰 須藤朋寿インタビュー
INTERVIEW
自分の言葉を持つ人の歌が、心に入ってくる - 浮(BUOY) インタビュー
REVIEW
クララズ – 台風18号
INTERVIEW
“2023”で次の扉を開いた3人のハイライト – ベルマインツ インタビュー
REVIEW
岡林信康 – 岡林信康アルバム第二集 見るまえに跳べ
REVIEW
田中ヤコブ – おさきにどうぞ
REVIEW
上田正樹と有山淳司 – ぼちぼちいこか
REVIEW
ザ・ディランⅡ – きのうの思い出に別れをつげるんだもの
REVIEW
Bagus! – 恋はうたかた
REVIEW
ベルマインツ – ハイライトシーン
REVIEW
ヤユヨ – ヤユヨ
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(後編)– 天川村から新たな船出『IN,I’M PRAY SUN』
REVIEW
小野雄大 – 素粒子たち
INTERVIEW
覚悟が決まった第二章 – Easycome『レイドバック』インタビュー
INTERVIEW
生きている日が歌になる – ダイバーキリン『その美しさに涙が出る』インタビュー
REVIEW
のろしレコード – のろし
REVIEW
松井文 – ひっこし
REVIEW
gnkosaiBAND – 吸いきれない
REVIEW
イハラカンタロウ – C
REVIEW
折坂悠太 – トーチ
REVIEW
西洋彦 – fragments
REVIEW
クララズ – アメリカン
REVIEW
阿佐ヶ谷ロマンティクス – 独り言
REVIEW
平賀さち枝とホームカミングス – かがやき / New Song
REVIEW
TATEANAS-縄文人に相談だ/君と土偶と海岸で
REVIEW
ズカイ – 毎日が長すぎて
INTERVIEW
30代になった酩酊シンガーてらがRibet townsと鳴らす家族の歌
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2019-『ナイトサークル』リリースインタビュー
INTERVIEW
年鑑 石指拓朗 2018
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 3日目
INTERVIEW
キタが語る、オルタナティヴ・バンドthanの正史ー2ndアルバム『LINES』リリース・インタビュー
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 2日目
REPORT
峯大貴が見たボロフェスタ2019 1日目
INTERVIEW
はちゃめちゃなエンタテインメントがやりたいーチャンポンタウン“Giant step”リリース・インタ…
INTERVIEW
3人で歌の本質を確かめる場所―のろしレコード(松井文、夜久一、折坂悠太)『OOPTH』リリース・イン…
INTERVIEW
清水煩悩との雑談(前編)-新MV“まほう”・“リリィ”を公開&クラウドファンディング始動
REVIEW
アフターアワーズ – ヘラヘラep / ガタガタep
REVIEW
河内宙夢&イマジナリーフレンズ – 河内宙夢&イマジナリーフレンズ
INTERVIEW
休日に音楽を続ける人たちのドキュメント-松ノ葉楽団3rdアルバム『Holiday』リリースインタビュ…
INTERVIEW
日常に散らばった、ささやかな幸せを愛でるー大石晴子 1st EP『賛美』インタビュー
REVIEW
THE HillAndon – 意図はない
REPORT
リクオ『Gradation World』スペシャル・ライヴat 代々木・Zher the ZOO レ…
REVIEW
Ribet towns – メリーゴーランド / CRUSH / みまちがい
REPORT
峯大貴が見た祝春一番2019
INTERVIEW
今また初期衝動に戻ってきた – リクオ『Gradation World』リリースインタビュー–
REVIEW
HoSoVoSo – 春を待つ2人
REPORT
峯大貴が見た第2回うたのゆくえ
INTERVIEW
ここから踏み出す、ギリシャラブの“イントロダクション” – 2nd Album『悪夢へようこそ!』リ…
INTERVIEW
その時見たもの、感じたことを記録していく – ダイバーキリン『忘れてしまうようなこと』リリースインタ…
REVIEW
チャンポンタウン – ごきげんよう
REVIEW
宵待 – NAGAME
SPOT
cafe,bar & music アトリ
REVIEW
てら – 歌葬
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day3】ULTRA CUB / Gateballers /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day2】Homecomings / Moccobond /…
REPORT
【峯大貴の見たボロフェスタ2018 / Day1】ベランダ / Crispy Camera Club…
INTERVIEW
KONCOS:古川太一 × ボロフェスタ主催 / Livehouse nano店長:土龍対談 - 音…
REVIEW
ローホー – ASIA MEDIA
REVIEW
影野若葉 – 涙の謝肉祭
REVIEW
Pale Fruit – 世田谷エトセトラ
REVIEW
原田知世 – music & me
REVIEW
Traveller – Chris Stapleton

LATEST POSTS

COLUMN
【2021年1月】今、大阪のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「大阪のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シーンを追…

INTERVIEW
肩書にこだわらない異色の大工、建築集団「々」の野崎将太はあなたの中に眠る「おもしろい!」を掘り起こす。

人が集まる場所には文化が生まれる。特集『文化の床(とこ)』の企画「#最高の集い方」では、今の時代にど…

COLUMN
書評企画『365日の書架』1月のテーマ:時間が経つのも忘れて

1月のテーマ:時間が経つのも忘れて 1月のテーマ…

COLUMN
【2021年1月】今、京都のライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」「かっこいいバンドはいるの?」「今」の京都の音楽シー…

REVIEW
かさねぎリストバンド – 踊れる

揺らぐ定義、移ろう概念。作曲家、サウンドデザイナーとして活動する主宰・増田義基を中心とする、かさねぎ…